Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】クラウドで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのクラウドの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのクラウドの評価は?

クラウドはスピード感こそあるため慣れが必要なものの、ダッシュ速度や空中での移動能力に優れているためスマブラを始めたばかりの初心者の方にもおすすめ出来る性能をしています。技も剣を使った技がほとんどでリーチも長く、単純な殴り合いにもリーチ差で殴り勝てる事も多く他ファイターと比べればダメージレースで苦労する事も少ないでしょう。

また、クラウドには専用の「リミット」というメーターがあり、このメーターが溜まり切ると運動性能が上がる他、さらに威力を増した特殊必殺技を繰り出す事も出来ます。基礎性能だけでなくワンチャンスを取れる性能まで兼ね備えているため、上手くクラウド側のペースに持ち込めれば相手に何もさせずにゴリゴリ攻め切る立ち回りも出来てしまいます。

ただしクラウドは復帰が弱いのが弱点となっています。リミットが溜まっていないクラウドの復帰力はクロムと同程度で、復帰阻止の強いしずえのようなファイターには簡単に復帰を詰まされてしまいます。不利な状況になってしまう前に、攻め買るのがクラウドの理想的な勝ち方であると言えるでしょう。

ワンチャンスが狙える剣ファイターをお探しであればクラウドがおすすめです。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(キック→コンビネーションキック→サイドスイング)

近距離でキックからコンボに繋げて行ける弱攻撃技。クラウドが地上で出せる技の中では最も発生が早いので、近距離で素早く暴れたい時になかなか便利な技です。

前空中攻撃などを相手にシールドされてしまった場合、相手よりも先に弱攻撃を出して近距離の怪しい展開を誤魔化したい時に使っていきましょう。3発まで出せるので、相手にシールドを貼られていると判断出来たようであれば、早めに技を解いて回避で逃げるなどの次の行動に移って行く柔軟性も必要になります。

横強攻撃(サイドスラッシュ)

横方向に素早く剣を振り抜く技。リーチはそこまで長い訳ではありませんが、崖際での押しつけ行動がかなり強いので主にリスクの少なめな撃墜手段として狙って行きたいところ。

基本的にはサイドスラッシュをおもむろに狙って行くよりも、後ろ空中攻撃をシールドさせた後隙をカバーするように押し付けてみたり、透かし着地から相手が動くのを読んで狙いにいったりなど様々な使い方があります。相手にシールドをされても最大反撃を貰いにくいため、試行回数を重ねて崖外に追い出して展開有利を維持していきましょう。

また、ダッシュブレーキから出せれば滑りながら横強攻撃が出せ、さらに立ち回りに汎用性が加わります。これについては別ページで詳しく解説をしていきます。

上強攻撃(トップスラッシュ)

上方向に向けて剣を振り上げるように攻撃。上強攻撃であるため上から攻めてくる相手への迎撃として機能するのはもちろんの事、地上の前後にいる相手も巻き込む事が出来るので非常に使い勝手が良いです。

主に浮かした相手やジャンプから攻め込んでくる場合の迎撃として使ったり、相手と密着した時のリターン狙いの暴れとしてトップスラッシュを狙いに行きます。

ヒット後は低%帯であればもう一度上強攻撃を振ってみたり、ある程度ダメージが溜まっていれば上空中攻撃に繋げたりとコンボの起点にもなるので、狙える場面では強気に振って行きましょう。

下強攻撃(スライディング)

スライディングして相手の足元をすくう技で、ロックマンの下強攻撃と効果はほとんど同じ。滑る速度が結構早くリーチも長いので奇襲をかけたい時に便利な技です。主に相手がクラウド相手に地上でステップを踏んで読み合っているところに、スライディングをして立ち回りを崩していきます。

ヒット後は上方向に打ち上げられるため、上空中攻撃などで追撃に行けるチャンスとなります。仮にシールドをされても相手の後ろ側に回り込めるため、相手がクラウド目がけて猛ダッシュしたのが見えたらスライディングをするのもアリです。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(バーティカルブレード)

ダッシュ状態から剣を相手に押し付けるように攻撃。本当て部分の持続が長く、地上から相手に差し込んでいきたい時にかなり使い勝手が良い技となっています。主に相手の着地に合わせて狙いに行ったり、相手がダッシュで近付いてくるのを読んで先出しでバーティカルブレードを置いてリターンを稼ぐ使い方をしていきたいところ。

おもむろにガンダッシュから狙うよりも、ステップを刻めば相手に読まれにくくなります。下方向にも攻撃判定があるため、崖に掴まりっぱなしの相手にも刺さるので時折狙いに行きましょう。

横スマッシュ攻撃(トリプルバスター)

横方向に3連続で斬りつけるスマッシュ攻撃技。吹っ飛ばし力がとんでもなく強いため、崖に追い詰めた70%付近の相手に上手く噛み合わせて早期撃墜が出来れば理想的な展開となります。

基本的にはリーチの長さと多段ヒット技の特徴を活かして、置き技として使っていくと比較的当てやすい技となっています。相手がクラウドの目の前に技を出してけん制してくる事が多い場合や、相手の回り込み回避を読んで引きステップなどから狙って行くのがおすすめです。

上スマッシュ攻撃(アッパースイング)

下から剣をすくい上げるように攻撃。攻撃範囲がかなり広く、前方や上方向だけでなく後ろ後方にも及びます。主に撃墜手段として相手が上から攻め込んで来た場合に強気に振って行きましょう。

相手が地上戦を嫌ってジャンプ主体の立ち回りに切り替えた時がアッパースイングを打ち込むチャンス。剣を使った攻撃であるためリーチも長く信頼して振っていける頼もしい技です。

下スマッシュ攻撃(ダブルスラスト)

前側を斬りつけてから振り向いて後ろ側を斬りつける技。前側を当てても相手は吹っ飛ばず、そのまま後ろ側の攻撃判定に繋がるような技の仕様となっています。そのため、ダブルスラストを最大限に活かしていくのであれば、主にクラウドが崖を背負わされてしまった時に強気に狙いに行きましょう。

クラウドの目の前で技や掴みを失敗した時や、崖からその場上がりを通した後の暴れ択として狙いに行くのが一般的なダブルスラストの使い方。当たりさえすれば一気に状況が逆転するので、当てる隙を伺っていきます。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(サークルスイング)

クラウドを中心にして円を描くように剣を振る攻撃。主に相手と密着した時の逃げの暴れとして使っていくのがサークルスイングの強い立ち回りとなります。後ろから振り回す技の特徴があるため、暴れとして出すのであれば出来る限り相手に対して背を向けた状態で使っていくのが好ましいです。

相手が近距離からゴリゴリ火力を稼いでくるピクミン&オリマーだったり、一撃一撃が何かと痛いガノンドロフのようなファイターには、シールドで見合ってしまったら小ジャンプから遠ざかるように打ちに行くのがおすすめ。

前空中攻撃(メテオスラッシュ)

大きく振りかぶりながら剣を上から下へと叩きつける技。発生がクラウドの空中技の中でも最も遅いのが特徴で、空中で下付近にいる相手を捉える事が出来ればメテオスマッシュとして下方向への撃墜が狙えます。

また、前空中攻撃が最も活きる場面は、主に試合序盤の相手のダメージが0%付近の時。この%帯で地上の相手にメテオスラッシュを当てる事が出来れば、そのまま横必殺技の凶斬りへとコンボとして繋げる事が出来、一連の流れで40%近いダメージを稼ぎ出す事が可能です。

後ろ空中攻撃(バックアッパー)

振り向きながら下からすくい上げるように剣を振って攻撃。クラウドは空中での横移動の性能がかなり良いので、慣性を付けてバックアッパーを打てば空中での要塞が出来上がります。

主に地上にいる相手には小ジャンプから振り、ジャンプから攻め込んでくるような相手には大ジャンプから押し付ける意識で振って行くと良いでしょう。

特に崖際に追い詰めた相手には後ろ空中攻撃を連発して行き、相手プレッシャーを与えると同時に癖を見抜いて的確に技を置いて行けばクラウドでの勝率がグンと高まるはず。

上空中攻撃(リフトアップ)

剣をクラウドの頭上に打ち上げるような技。リーチこそそこまで長くはありませんが、技の持続がかなり長い特徴があるため、下強攻撃などで相手を上に浮かせる事が出来たら積極的に追撃を狙いに行きましょう。

本当てを直接当てに行ければリターンは高いですが、ターン継続を目的とするのであれば空中で相手と重なる少し前ぐらいに技を出して、持続部分を当てるような使い方もしていけるとgood。技を出す瞬間に一瞬前に屈むため、相手の技を避けながら一方的にクラウド側がリフトアップを叩き込めるのもこの技の強み。

下空中攻撃(アンダースタップ)

剣を下方向に突き付けて真下にいる相手にダメージを与える技。空中にいる相手に技の出始め部分を当てられれば、メテオスマッシュとして下方向へ吹っ飛ばす事が可能です。ただ技を出して動けるまでに時間がかかってしまうため、場外に追撃に行くような狙い方は極力避けておいた方が無難です。

下方向に伸びる特徴を活かして、相手が崖に掴まる瞬間に小ジャンプからアンダースタップを叩き込むイメージで振って行くと、上手くいけば噛み合ってメテオを決められます。この他にもクラウドが浮かされてしまった時の下方向への暴れとして、急降下を仕込みながら拒否をして行く使い方もおすすめ。

各種投げ攻撃

前投げ(ロケットキック)

崖に追い詰めた相手を掴んだら、ロケットキックで場外へと追い出していきます。

後ろ投げ(リバースキック)

クラウドが逆に崖に追い詰められた時に掴んだら、リバースキックを使っていきましょう。

上投げ(ダブルスピンキック)

上に浮かせられるので上空中攻撃などで追撃に行きやすい。クラウドの投げ技では1番ダメージが高いので、相手のダメージが0%付近であれば上投げをして行きます。

下投げ(バッシュダウン)

0%付近では特に繋がるコンボはありませんが、20%近くから下投げ→横強攻撃に繋げてダメージを稼いでいきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(破晄撃)

クラウドは剣主体の攻撃技が多いファイターですが、通常必殺技の破晄撃では三日月状の衝撃波を打てる飛び道具技が出せます。主に相手が距離を取って近づいてこない時のけん制技として打っていきましょう。

地上で出す場合と空中で出す場合で衝撃波が進む速度が違うため、地上ばっかで連発するのではなく、適度に小ジャンプからも打って行き相手の立ち回りのリズムを崩していきます。相手が飛び道具持ち以外のファイターであれば攻めを強要出来るので、相手を動かしたところをリーチの長い剣技で的確に狩っていければ理想的。

横必殺技(凶斬り)

凶の文字を剣を使って描く要領で相手を攻撃する技。凶の字は合計で4画ですが、3画目がヒットした後は自動で最終段まで繋がります。3段技でクラウド側が自由に出し切るかなどを調整出来る事から、主に地上からダッシュやステップを使いながら相手に差し込んでいくイメージで使っていくのが一般的。

ヒットしていればそのまま出し切ってダメージを稼いでいけば良いですが、仮にシールドを貼られてしまった場合は基本的には出し切らずに2段目まででストップしておき回避などで逃げましょう。

上必殺技(クライムハザード)

剣を突き出しながら上昇して相手を攻撃。上昇後にもう一度Bボタンを押せば急降下して巻き込みながらの追加攻撃が可能です。ただし、一定以上の高さから出さないと、急降下で崖を掴む事が出来ずに崖下へと自滅してしまうため、どこの位置から急降下で崖を掴めるのかを練習を積んでしっかりと把握をしておきましょう。

また、クラウドのクライムハザードは発生が早いのでシールド状態からの反撃の手段としてもかなり便利。相手が地上や空中から攻撃してくるのを読んでシールドを貼り、確認が出来たらシールドを貼ったまま上B入力+急降下でダメージを稼いでいきます。

一度で18%程度稼げるので当たればかなり美味しいです。

下必殺技(リミットチャージ)

下必殺技入力をする事で、クラウド特有のリミットを溜められるようになります。リミットが溜まると各種特殊必殺技が出せるようになるほか、ダッシュや空中での移動速度が強化されて立ち回りにより幅を持たせる事が可能になります。

相手と距離が離れているようであれば適度に溜めてリミットブレイクしていきましょう。ただし、リミットは使わないと15秒ほどで解除されてしまうので、頃合いを見計らって特殊必殺技をぶっ放していくこと。

特殊必殺技

リミットブレイクした状態のクラウドは4種類の特殊必殺技を繰り出す事が出来るようになります。

特殊通常必殺技(破晄撃)

通常版は緑色の単発の衝撃波を飛ばしてダメージを与えますが、リミットブレイクした状態であれば青色の多段ヒットする衝撃波を飛ばせます。多段ヒット技なので相手が途中でシールドを解いた時に刺さるなど、割と適当に振って行っても当たる事は結構多いです。

復帰阻止としていきなりぶっ放しに行くのも強いですし、相手が150%を超えてる状態でのリスクの少ない撃墜択としても便利なので、相手がクラウドの目の前に技を出す癖がある場合は、技の後隙を突いて破晄撃を当てて撃墜を狙いにいきましょう。

特殊横必殺技(凶斬り)

通常版は3発任意で出せる凶斬りですが、リミットブレイク版であれば1回の入力で素早く凶の字を書きあげてダメージを与えます。こちらは吹っ飛ばす力がかなり増幅されており、横スマッシュ攻撃並みの威力が叩き出せるので撃墜の手段として積極的に狙って行きたいところ。

当たるのを祈りながら突然ぶっ放してみるのも良し、相手の回避を読んでその先に置いておくのもかなり強いです。上手く決まって撃墜出来れば試合の流れを大きくクラウド側に寄せられるため、相手の動きをしっかりと観察して隙をさらしたら叩き込んでいけるとgood。

特殊上必殺技(クライムハザード)

リミットが溜まる事で通常のクライムハザードよりも縦方向と横方向ともに復帰力が大幅に伸びます。また、上昇中に頭が出る事も無くなるため、上必殺技入力した時に狩られる事も少なくなるのがリミットブレイク状態の良いところ。

相手に場外に低く追い出されてしまったようであれば、復帰を諦めずにリミットチャージをしてリミットブレイク後のクライムハザードでステージ上に戻って行きます。

特殊下必殺技(画竜点睛)

リミットチャージ後に下必殺技入力をすると、特殊必殺技の画竜点睛を繰り出す事が出来ます。ダメージこそ1%しか与えられないものの、とんでもない吹っ飛ばしを誇るまさに一撃必殺技。大抵のファイターであれば、70%も溜まっていれば地上から撃墜が狙えてしまうほど。

その代わりクリーンヒットさせるのは至難の業で、相手の動きを1点読みしないとなかなか捉える事が出来ません。主に浮かした相手に上空中攻撃などでプレッシャーをかけ、回避を誘って回避させた着地を狩っていくのが最も当てやすい画竜点睛の使い方となります。

⇒クラウドのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!