Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ドンキーコングで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

ドンキーコングの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのドンキーコングの評価は?

ドンキーコングは何と言ってもパワーが癖になるファイター。飛び道具は一切持たずに己の肉体のみで戦いますが、とにかく接近戦で流れを取った時の火力には目を見張るものがあります。ダッシュ攻撃や後ろ空中攻撃などでガンガン技を差し込んでいき、相手をひよらせる勢いでコンボ火力を稼いでいきましょう。

パワー系のファイターでありながら、ダッシュ力もあるためスピーディな立ち回りも出来ます。おまけに長い手足から繰り出される攻撃はリーチが長く、技をぶんぶん振り回しているだけでも相手視点からしてみればかなり厄介。立ち回りに困ったら後ろ空中攻撃を振って強引にダメージレースを制して行きましょう。

ただし、ドンキーコングは身体が大きいためコンボを貰いやすく、一度浮かされてしまうと大ダメージを貰ってしまう事も多いです。また、復帰も縦方向に伸びないうえに単調な動きなので、崖外に出されると復帰阻止が上手い相手だと戻ってくるだけでも一苦労。いかに相手から攻撃を貰う前に攻め切って圧勝出来るかがドンキーコングで勝つための攻略法となってくるでしょう。

スピーディで豪快な立ち回りがしたい方にドンキーコングがおすすめです。

このページはドンキーコングの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

VIPマッチでのドンキーコングの対戦動画となります。ドンキーコングの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(ジャブ→アッパー)

弱を1回押すとジャブ、もう一度押すとアッパーを出せます。ドンキーコングの中では発生が早く近距離の暴れとして使うのも良いですが、多用し過ぎると動きを読まれてしまうので、どうしても苦しい時に暴れの択として使っていきたいところ。

アッパーまで出し切ってしまうと後隙が大きくなってしまうので、当たらないと判断したら弱1で止めておきましょう。

横強攻撃(コンゴアックス)

ドンキーコングの長い腕を活かした横強攻撃。スティックを上下に倒す事で、攻撃範囲を変える事も出来ます。地上での立ち回りの牽制として振ったり、小ジャンプから攻めてくる事が多い相手の動きに合わせるように振って行きましょう。

上強攻撃(くもの巣はらい)

弧を描くかのように腕を上へと振り上げて攻撃する。発生の早さ、リーチ、吹っ飛ばしのいずれも優秀で、ドンキーコングの立ち回りの主軸となってきます。近距離の暴れとして出すのであれば、弱攻撃よりもこちらの方がリターンが高くおすすめ。

低%であれば上強攻撃がヒット後、連発しているだけでも相手としてはなかなか厄介です。ダッシュで仕掛けて不意打ちを突くのも良し、後ろに下がりながら間合いを測って打つのも良しです。ちなみにですが、前側よりも後側の方がリーチが長いので、相手に対して背を向けて技を出した方が当たりやすいです。

下強攻撃(ロースラップ)

姿勢を低くし、相手の足元目がけて張り手を喰らわせる。リーチこそ横強攻撃に劣るものの、ドンキーコングの中でもトップクラスに後隙が無く連発が出来るため、近距離でのゴリ押しとして物凄い威力を発揮します。

ガードしている相手は反撃を取るのが難しいです。相手が近付いてくるのを読んで打ったり、ダッシュで自分から仕掛けに行くのも良いでしょう。また、低%時に一定の確立で転倒します。転倒後は隙が生まれますので、安定択として下B、火力を取りに行きたいのであれば掴みでリターンを狙いに行くのがおすすめです。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ローリングアタック)

大きく1回転するように転がり、相手にダメージを与える。出始めや終わり際であっても転がっている間は常に判定があるため、上手くタイミングを見計らって入力をすればかなり強い技に分類されます。

主に地上でじりじりした展開になった時の差し込みとして強気に攻めたり、相手の着地に合わせるようにローリングアタックを狙って行くと機能してくれます。1発15%近く入りかなり美味しいので、当てられる場面では確実にダメージを稼いでいきましょう。

ドンキーコングの差し込み技の中でもトップクラスに性能が高く、地上の立ち回りで困ったらこのダッシュ攻撃を打っておいても問題はないと言えるでしょう。ただし、使いすぎると相手に読まれてガードから反撃を貰うので注意が必要。

横スマッシュ攻撃(ダイナクラップ)

真横にクラップを繰り出し、ヒットした相手は物凄い勢いで吹っ飛んでいく。崖際で若干ホールドした横スマッシュを当てれば、早期撃墜も十分に狙う事が可能です。

発生が遅く、相手の動きを読んで置いておくイメージで繰り出す使い方がおすすめ。ステップで相手を釣り出し、回避したところにブチ当てる感じですね。相手の%がある程度溜まり、崖際に追い詰めた時などに狙って行きましょう。

上スマッシュ攻撃(ジャンボプレス)

地上にいる相手、特に身体の小さいキャラにはド密着状態でなければヒットしないため、浮かした相手を撃墜する手段として技を出していくのがおすすめの立ち回りになります。

ただ、やはり重量級ファイターと言う事もあり、吹っ飛ばす力は非常に強力。着地の弱い相手キャラクターや、回避を消費した相手には結構刺さるのでしっかり画面を見て当てて行く事が大切です。

下スマッシュ攻撃(ツインビート)

両手を上に構えた後、前後の相手に腕を振り下ろして攻撃する。前後の技を出すタイミングは同じであるため、その場回避や回り込み回避に対してタイミングを見計らって打つのがポイント。

回り込み回避を使う立ち回りが多い相手には、回避を簡単には通させない意味でもこの技を見せておく使い方がおすすめです。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ドンキーラリアット)

自身が回転しながら腕を振り回す攻撃であるため、前後にいる相手に対して振っていく事が出来る。空中での暴れとしてはなかなかに使い勝手が良いため、相手とガードで見合っている気まずい状況を打破するのに効果的な技です。

着地隙もほとんど無く、浮かされたらコンボを貰いやすいドンキーコングにとってこの技は着地時の生命線となります。

前空中攻撃(ハンマーナックル)

両手を組んで振り下ろすこの技は、ヒットした部分によってはメテオとなり、相手を下方向へ吹っ飛ばす事が出来ます。

発生が遅いので、狙って当てるためには相当な練習が必要になってきますが、タイミングさえきちんとマスターしてしまえば、相手としては脅威に感じる事でしょう。

地上にいる相手に当てた際には、硬直を与えたまま上方向に吹っ飛ばせますので、前空中攻撃→上空中攻撃のコンボで直接撃墜を狙う事も出来ちゃいます。

後ろ空中攻撃(コングロケット)

後ろにいる相手に向かってキックを喰らわせる。リーチ、ダメージ、吹っ飛ばし共に申し分ないため、ドンキーコングの立ち回りの主軸となる技の1つであると言えます。

小ジャンプから着地をするまでに2回連続で繰り出す事も可能で、無理やりこの空中後攻撃を押し付けて行くのがとにかく強い。ドンキーコングを上手く使いこなすためには、まずはこの技を自由自在に出せるように練習して行こう。

地上や空中にいる相手に牽制や置きとして使うもよし、復帰阻止として積極的に狙って行くのも良し。

上空中攻撃(エアヘッドバッド)

上空に向けて頭突きをする技で、相手を上方向に撃墜したい時にメインとして使われています。上強攻撃や前投げから上に投げ飛ばした後に、積極的に狙いにいってみましょう。

前投げからのコンボでは一度に25%以上も稼げるため、ダメージソースとしてもバースト方法としても非常に優秀。

下空中攻撃(エアスタンビート)

相手を踏みつけるメテオ技。その吹っ飛ばしは強力で、相手のダメージが30%近く溜まっていれば位置によってはそのまま撃墜も可能となります。

使い方は相手の上必殺技に合わせてみたり、ドンキーコングが空中に打ち上げられた時の暴れ技などがおすすめです。前空中攻撃同様に、地上の相手にヒットした場合は硬直状態のまま飛ぶため、当てたら追撃の準備をしておきましょう。

各種投げ攻撃

前投げ(リフティング)

掴んだ時に進行方向と同じ向きにスティックを入力すると、相手を肩に担ぐ事が出来る。担いだ後はスティックを投げたい方向に入力+攻撃ボタンで相手を放り投げられます。

立ち回りとしておすすめなのは、前投げ入力後上に投げて空中攻撃で追撃して行くと言うもの。上に投げればあらゆる%から空中攻撃によるコンボが繋がるため、数回掴んで投げるだけで相手は撃墜%になっている事も。

相手のダメージが100%を超えている場合、担ぐ→ジャンプ→後投げでそのまま撃墜も狙えます。ダメージソース、撃墜としても強力であるため、掴めた場合はこのリフティングを選択して行きましょう。

後投げ(ダイレクトスルー)

投げられた相手は低いベクトルで飛ばされてしまうため、崖を背負っている際に掴んだ場合は後投げを選択して行きましょう。

ある程度%が溜まっている場合、相手は基本的には2段ジャンプを消費+上必殺技でステージ上に戻ってくる必要があるため、後ろ空中攻撃などで復帰阻止に行くチャンスとなります。

上投げ(ココナッツリフト)

相手を上に投げる技ですが、ダメージ、技の後隙を見ても前投げからの上投げに完全に劣っているため、積極的に使う機会はあまりないです。上に投げ飛ばしたい時は前投げから上に投げて行きましょう。

下投げ(パイルドロップ)

叩きつけられた相手は、低いベクトルで飛んでいく。受け身を仕込んでおかないとダウン状態になり、ダウンした相手には起き上がりの方向を読んで、ダッシュ攻撃や横スマッシュ攻撃などの技を当てて行きましょう。

ただ、やはり前投げの性能には遠く及ばないので、基本的にはこの下投げも封印しておきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(ジャイアントパンチ)

腕を回せば回す程、ダメージと吹っ飛ばす力を強力なものにする事が出来ます。相手を撃墜した後など、隙があれば溜めておいて相手にプレッシャーを与える事も大切です。

崖際で最大まで溜めたこの技がヒットすれば、キャラによっては50%からでも撃墜出来ます。ダッシュからそのまま当てに行くのも良いですし、小ジャンプから打ち相手のジャンプに嚙合わせるように打つのも強いですね。

横必殺技(ドンキーヘッドバッド)

地上にいる相手に横必殺技を当てると、相手を地面に埋める事が出来ます。埋めた後は相手は抜けるまで硬直状態のままですので、横スマッシュや通常必殺技などの大技を叩きこむチャンス。

また、相手のシールドをごっそりと削る性能を持ち合わせているため、ガードを貼る事が多い相手に打つとシールドブレイクが起きる事も。ただ、発生が遅すぎたりリーチが無いため、基本的には立ち回りでは取り入れず、ここぞという場面での裏択として使うのがおすすめです。

上必殺技(スピニングコング)

地上で使う場合は、相手の着地を狩ったり不意を突くための一手として。ドンキーコングの中でも唯一の多段ヒット技なので、相手が途中でガードを解いた場合に巻き込む事が出来ます。

空中で巻き込んだ場合、基本的には途中で吹っ飛ぶことなく全段ヒット。復帰技の中では短く動きも単調だと読まれやすいので、復帰阻止に来ている相手の動きをよく観察して、普通に帰るか少し遅らせてから崖を掴むかの判断を鍛えて行きましょう。

下必殺技(ハンドスラップ)

両手で地面を叩き、その衝撃波で相手にダメージを与える。前後に判定があるため、回避が多い相手や自分がどちらを向いているか分からない時などに使っていきましょう。

下強で転倒した際にはコンボとして下必殺技が確定で入るため、確認が出来たらこの技をとっさに出せるようにしておきたいところ。ダメージもそこそこ高いので当たると美味しい。

また、地上にいる相手に小ジャンプから当てるとメテオとなり硬直状態のまま上に浮くため、上スマッシュ攻撃がコンボとして確定で繋がりそのまま撃墜も狙えます。100%近い相手には小ジャンプハンドスラップを狙いに行ってみましょう。

⇒ドンキーコングのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!