Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ドンキーコングで実践力を身に付けるコンボ・戦い方講座!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

このページではドンキーコングのコンボや戦い方などをより具体的に解説をして行きます。

※文字ばかりで目が疲れてしまうかと思いますが、ドンキーコングの基本的な立ち回りはしっかり押さえられる内容となっています。適度に休憩を入れながらゆっくりご覧頂ければ幸いです。一度に見るのは大変かと思いますので、お気に入りに登録して時間の空いた時などにどうぞ。

▼疲れ目を感じている方にはこちらがおすすめ!▼

スマホえんきん

ドンキーコングの各技の特徴などについて知りたい方は以下のページをご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

ドンキーコングのコンボ一覧

上強攻撃(↑A)(くもの巣はらい)からのコンボ

・上強攻撃→上強攻撃、上強攻撃→上空中攻撃

上強攻撃からのコンボ。2回目の上強攻撃に繋げるためには、20%ちょいなどある程度のダメージが必要です。

ただし、ドンキーコングの上強攻撃は連発速度が速い訳ではないので、どんな%でも確定する事は無く特に低%帯では相手の通常空中攻撃などで割り込まれてしまう場合も多いです。0%付近では上強攻撃を連発するのではなく、上強攻撃を当てた後にシールドを貼り、相手の空中での暴れを防いで掴みで反撃を取ると言った戦い方もして行きましょう。

上空中攻撃のドンキーヘッドバットに繋げる場合は、相手に対して上強攻撃の終わり際を当てると繋がりやすくなります。時には相手に対して背中を向けてシールドを貼り、暴れとして上強攻撃を狙いに行くとリターンが見込めます。

下強攻撃(↓A)(ロースラップ)からのコンボ

・下強攻撃→転倒→掴みor下必殺技

下強攻撃のロースラップは、試合序盤など相手のダメージが低い時には一定の確率で転倒させる事が出来ます。転倒をすると相手は動けるまでに時間がかかってしまうため、この間にドンキーコング側が技を叩き込む事が可能です。

リターンを求めるのであればやはり掴みでしょう。後述する前投げ→上空中攻撃のコンボは一度に30%近く入るためかなり美味しいです。とはいえ、転倒を見てから掴みに行くのはほぼ不可能なので、下強攻撃を警戒して相手がシールドを固めたところを崩しに行く安定択として使っていきます。

より低リスクにリターンを求めるのであれば下必殺技のハンドスラップがおすすめ。仮に転倒しなくても、相手のその場or回り込み回避を狩る事が出来る上、シールドを貼りっぱなしにされてもノックバックが大きいので最大反撃を貰いづらくなります。

ダッシュ攻撃(ダッシュ中にA)(ローリングアタック)からのコンボ

・ダッシュ攻撃→弱or横強攻撃

相手が0%付近限定のコンボ。ダッシュ攻撃のローリングアタックは持続が長く、この持続部分を当てる事が出来れば弱攻撃や横強攻撃などのコンボに繋げられます。

ステップを踏みながら相手の様子を伺い、隙をさらしそうな場面でダッシュ攻撃を打ってリターンを稼いでいきましょう。ただし、シールドを貼られてしまうと逆に相手の掴みからのコンボを貰ってしまうため、相手がシールドを固めた待ち主体の立ち回りをしている時には控えるようにしましょう。

通常空中攻撃(空中でA)(ドンキーラリアット)からのコンボ

・降り通常空中攻撃→弱攻撃など

通常空中攻撃のドンキーラリアットを急降下しながら当てると、弱攻撃や横強攻撃などに繋げる事が出来ます。0%の時は通常空中攻撃を当てた後の硬直時間が短いので繋がりにくいので、20%付近での硬直時間が長くなったあたりから狙い目となるコンボとなっています。

相手に当たると確信出来たら技を出していき、シールドを貼られてしまう雰囲気があれば、回避で誤魔化してから技を出して暴れて読み勝って行きましょう。

ダメージが溜まり、通常空中攻撃で吹っ飛ぶようになってからはダッシュ攻撃が繋がります。一気に相手のラインを奪え有利展開に持ち込めるので、後ろ空中攻撃などで追撃の準備をしておく事。

前空中攻撃(空中で前横A)

・前空中攻撃→上スマッシュ攻撃or上空中攻撃

地上にいる相手に前空中攻撃のハンマーナックルをクリティカルヒットさせると、硬直状態のまま上へと浮くため様々なコンボに繋げる事が可能です。相手の吹っ飛び具合に応じて上スマッシュ攻撃、上空中攻撃などに繋げて爆発的火力を稼いでいきましょう。

後ろ空中攻撃(空中で後ろ横A)(コングロケット)からのコンボ

・後ろ空中攻撃→後ろ空中攻撃

空中にいる相手に対して後ろ空中攻撃のコングロケットを持続当てで当てると、もう一度後ろ空中攻撃へと繋げる事が出来ます。最初の1発目に本当てがヒットしてしまうと上手く繋がらないため、最初の1発目は直接狙いに行くというよりは技を置いておくイメージで振ると持続当てがヒットしやすいです。

ドンキーコングの後ろ空中攻撃は空中戦の要となる技なので、相手を浮かせられたりジャンプから攻め込んでくる事が多い相手には、このコンボから火力を稼いでいきましょう。

下空中攻撃(空中で下A)(エアスタンビート)からのコンボ

・下空中攻撃→上スマッシュ攻撃or上空中攻撃

下空中攻撃のエアスタンビートにもメテオ判定があるため、地上にいる相手に当てられれば前空中攻撃と同じようにコンボが繋がります。こちらも同じように%によって上スマッシュ攻撃や上空中攻撃などに繋げてダメージを稼いでいきましょう。

ドンキーコング側が積極的に狙いに行くと択というよりは、浮かされてしまった後の裏択での暴れとして狙って行くと通る場面も多いです。

前投げ(掴んで前)(リフティング)からのコンボ

・前投げ(上投げ)→上空中攻撃

ドンキーコングの前投げは少し特殊で、リフティングで相手を担いだ後スティックを倒してAボタンを押すと投げる方向を調整する事が出来ます。投げられる方向は上下左右の4方向ありますが、このうち上に投げる事で上空中攻撃へと繋げる事が出来ます。

0%付近であれば担いで地上上投げから大ジャンプ上空中攻撃で繋がり、ある程度ダメージが溜まって来たら2段ジャンプを使って上空中攻撃へと繋げていきます。一度に30%入るドンキーコングの中でも特に美味しいコンボなので、的確に繋げられるように練習をしておきましょう。

下必殺技(下B)(ハンドスラップ)からのコンボ

下必殺技のハンドスラップは、空中から地上にいる相手に当てると上スマッシュ攻撃に繋げられるドンキーコングの中でもかなり強力なコンボ。相手の%次第では確定で撃墜まで持っていけるため、相手のダメージが良い具合に溜まって来たら小ジャンプから狙いに行ってみましょう。

80%近くになった時が狙い目です。ただし、最初の下必殺技の軸がずれてしまうと上スマッシュ攻撃が繋がりません。相手にめり込むように狙って行く必要があるため、置き技として使うのではなく相手に突っ込みながら空中下必殺技を当てるのが上手く繋げるためのコツとなります。

ドンキーコングの立ち回り講座

ここからは実際のドンキーコングの対戦の中で、どのような立ち回りをして行けば良いのかについて解説をして行きます。

ステップからダッシュ攻撃、掴みを通す

ドンキーコングはステップの性能がなかなか優秀で、素早く左右にステップを踏みながらの様子見が得意。相手が隙をさらしそうなところを狙い、ダッシュ攻撃や掴みを通してリターンを稼いでいきましょう。

ダッシュ攻撃はかなり伸びが良いので、相手が技を出し終えた後隙に刺すイメージで振って行きます。まずはダッシュ攻撃を中心に差し込んでいき、相手に「このドンキーコングが突っ込んで来たらダッシュ攻撃を狙ってくる」意識を植え付けていきましょう。

何度かダッシュ攻撃を通すと今度は喰らわまいとシールドを貼るようになるため、そこをダッシュ掴みで崩しに行ける立ち回りが理想的であると言えます。掴んだ後は低%帯であれば前投げからの上空中攻撃のコンボに繋げ、ダメージが高いのであれば担いでステージ外に投げ飛ばしていきましょう。

後ろ空中攻撃で壁を作る

ドンキーコングの後ろ空中攻撃は、リーチ、威力、後隙どれも優秀でドンキーコングの立ち回りの軸ともいえる技。ドンキーコングでどんな戦い方をしたら良いのか分からない…と言った時には、まずは後ろ空中攻撃で壁を作って相手に近寄らせない戦い方をして行きましょう。

相手が地上主体で読み合おうとしてくる立ち回りであれば、小ジャンプから足の先端を押し付けるようにゴリゴリ振って行き、ジャンプで上から攻め込もうとする相手には大ジャンプから狙って行きます。

この後ろ空中攻撃をぶんぶん振って行くと、相手はダッシュからのシールドで何とかしてこようとする事が多いので、ダッシュが見えたら重なるタイミングに合わせて掴みを置いておく立ち回りも出来ます。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



シールドから上強攻撃で反撃を取る

ドンキーコングの上強攻撃のくもの巣はらいは、発生や攻撃範囲ともに非常に優秀。主に相手が小ジャンプから技を出して暴れてくる立ち回りをしてきたら、シールドを解除して上強攻撃から反撃を取って行きましょう。

出来ればジャストシールドが出来ればより確定で反撃が取れる場面が増えますが、ドンキーコング側のダメージが高い時などは無理をして狙いに行かなくても大丈夫です。

浮かせた後はそのまま上空中攻撃で追撃に行ったり、あえて追撃には行かずに地上で待ち構えてダッシュ攻撃や掴みで狩りに行くのもおすすめです。

崖際で掴んだらステージ外へ放り投げる

ドンキーコングの前投げのリフティングは、相手のダメージが高ければ高いほど抜けるまでの時間が長くなるため、高%のあいてを崖付近で掴んだら場外に追い出せるチャンス。相手からレバガチャのマークが出ていないようであれば、相手を担いだままステージ外に飛び出し、下投げをして相手の復帰を詰ませていきましょう。

クラウドのように復帰が弱いファイターであれば、どんな%からでも撃墜を狙いに行く事が可能です。下に投げた後はそのまま上必殺技で崖を掴みに行っても良いですし、相手の2段ジャンプを読んで前空中攻撃で追撃をしに行くのもアリです。

ドンキーコング特有のネタ殺しなので、対戦相手がこのネタを知らなければポンポン決まるので試してみましょう。

ジャイアントパンチのアーマーを被せる

ドンキーコングの通常必殺技のジャイアントパンチは吹っ飛びが強力なだけでなく、最大まで溜めると技を出した瞬間に相手の攻撃を一発耐えるアーマーの特徴があります。このアーマーは相手のスマッシュ攻撃などの強力な技ですら耐えてしまうので、相手と技の出し合いになった時などは一方的に吹っ飛ばす事が可能です。

相手のダメージが溜まって来たら常に最大まで溜めた状態を維持して、ジャイアントパンチをぶっ放す試行回数を稼いでいくと良いでしょう。相手が地上で技を出す事が多ければダッシュから強引に狙いに行ったり、上から攻めてくるようであれば着地に合わせてダッシュや引きステップから狙いに行くのが上手く当てるコツとなります。

VIPに行くためのドンキーコングの参考動画

以上を踏まえた上でのVIPマッチでのドンキーコングの対戦動画となります。ドンキーコングの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

⇒ドンキーコングのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!