Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】フォックスで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのフォックスの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのフォックスの評価は?

全70オーバーのキャラの中でもトップクラスのスピードを誇るフォックスは、見た目通りガン攻めの立ち回りがもの凄く強いファイターです。上強攻撃を絡めたコンボは初心者でも取っかかりやすく、上手く繋ぐ事が出来れば60%近くあっという間に溜める事も出来ます。

とにかくスピーディなため、操作さえきちんと練習してしまえばこれ程頼もしいキャラクターはいないでしょう。相手の攻撃を掻い潜りながら、高火力コンボの起点となるダッシュ攻撃や上強攻撃を当てる隙を伺っていきます。1試合にかかる時間も早く終わらせる事が出来るため、サクサク対戦をこなしたい方におすすめです。

ただし、体重が軽いため相手のスマッシュ攻撃などを貰ってしまうと早期撃墜してしまう事も。ダメージが溜まって来たら、上手く逃げ回って相手の撃墜択を拒否して行きましょう。

ガンガン攻めて攻撃を当てる喜びを噛みしめたい、そんな方にフォックスは向いていると言えるでしょう。

このページはフォックスの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

VIPマッチでのフォックスの対戦動画となります。フォックスの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(ジャブ→ストレート→ラピッドキック→ラピッドフィニッシュ)

密着している状態からの暴れとして非常に優秀な技。フォックスは脚が速く、ダッシュ攻撃など色々な択を警戒しなければいけないために、こういった普通の弱暴れはかなり通りやすいです。

技の後隙をごまかすために適度に取りいれ、相手にガードを強要させていきましょう。さすがに何度もラピッドキックを出すと読まれて反撃を貰うので、シールドを貼られていたら弱2で止めるなどの工夫も大事。

横強攻撃(フォックスウィップ)

素早く横に蹴りを出す。単発で出せる割に回転率が良いので、弱と合わせて近距離の暴れとして組み合わせてみましょう。

上強攻撃(フリップキック)

フォックスの後ろ側を中心に上方向へと蹴り飛ばす。立ち回りに是非取り入れたい技の1つで、30%近くからなら上強攻撃→上強攻撃のコンボや、もう少し%が溜まれば上強攻撃→上空中攻撃などのコンボに繋げる事が出来ます。

密着している状態や、相手の背後を取った時などに振って行きたいですね。相手としてはこの上強攻撃は貰いたくないためシールドを貼る事も多く、そこを掴みで崩す択も比較的通りやすいので覚えておきましょう。

ある程度%が溜まっていれば、下強攻撃から空中前攻撃が繋がり20%以上稼げます。ただ、上強攻撃の方が近距離の押しつけとして優れているため、こちらの技は出来る限り封印しておいた方が良いでしょう。ヒットが確認できた場合は、空中前で繋げる準備をしておくこと。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ジャンプサイドキック)

ヒットした後上に浮くため、低%であれば上強攻撃、ある程度%が蓄積されていれば空中前攻撃がコンボとして入る。浮かした後もターン継続をしやすく、この技を起点として一方的な試合展開になる事もしばしば。

地上での立ち回りの差し込みとして非常に使いやすいのが特徴です。フォックスのダッシュは速いため、フェイントをかけながらダッシュ攻撃を打つと相手は対処し辛いです。相手の立ち回りを観察しながら要所要所で差し込んでいきましょう。

横スマッシュ攻撃(レッグショット)

一歩踏み込んで蹴りを喰らわせる。吹っ飛び&ベクトルが低く優秀な技なので、崖際で上手く当てて行きたいですね。相手の崖でのジャンプ上がりを通常空中攻撃で何度も潰す択を見せておけば、その場上がりを誘いやすくなります。

崖をその場上がり1点読みで当てられるようになれればあなたも一流のフォックス使い。

上スマッシュ攻撃(サマーソルトキック)

宙がえりをして上空へと物凄い勢いで吹き飛ばす。フォックスの主力撃墜技の1つで、きちんと狙っていければ割と当てられる場面は多い。

例えば相手の着地に対して置いておいたり、100%を超えた相手に通常空中攻撃の持続を地上で当て、受け身を失敗していれば上スマッシュ攻撃が確定で入ります。フォックスは相手の蓄積ダメージが溜まれば溜まるほど撃墜が難しくなりますので、こういった場面できちんと当て感を養っておく事が大切です。

下スマッシュ攻撃(グラウンドキック)

前後開脚で左右の敵に同時に攻撃をする技。発生が早く、近距離で技をスカした相手に狙って当てに行きやすい反面、後隙が長く失敗すれば反撃を貰いかねないため、打つ際は確信が持てる状況で狙って行きましょう。

発生が速いので、2度目の崖掴まりで無敵が切れてしまった相手には迷わずこの技を喰らわせていきましょう。ベクトルが低く、復帰技が弱い相手には復帰阻止などに行きやすいです。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(フォックスキック)

登りながら暴れとして使うのも良いですが、特におすすめなのは急降下をしながらフォックスキックを当てる使い方です。

急降下が速い、持続時間が長い、着地隙がほとんどないの3拍子揃っており、シールド状態の相手にこの技を当ててもかなか反撃が取られる事はありません。そのまま攻撃ボタンを連打して弱攻撃で暴れるのも良し、仕切り直すために回避を挟んでみるのも良いですね。

シールドを貼るのは相手の遅れた掴み入力が刺さってしまう場合があるので、攻撃暴れか回避が安定択となります。

前空中攻撃(トルネードシャフト)

高速で5連続で蹴りを繰り出す。主に空中前方にいる相手に追撃として使ってみましょう。

ヒットしている途中で急降下を入れて最終段を当てないような振り方をすると、相手の吹っ飛びがキャンセルされて強制的に下に降ろされます。これを利用して弱攻撃や撃墜手段である上スマッシュを狙うネタ殺しもあります。

実践ですぐに決められる程簡単ではありませんが、これが決まると盛り上がる事間違いないので練習しておいて損はありません。トレーニングモードで相手をジャンプ状態にさせて特訓してみてはいかがでしょうか。

後ろ空中攻撃(リバーススピンキック)

当たると真横に飛んでいき、崖際であれば相手のずらし方が悪いと早期撃墜も狙って行ける技。着地隙がほとんどないと言っても過言ではなく、小ジャンプからこの空中後ろ攻撃を連発しているだけでも相当強く、相手にも大きなプレッシャーがかかります。

相手にガードされていたら上強攻撃や弱暴れをするなど、フォックス側が有利な展開が続くので地上で守りを固めている相手にはガンガン狙ってみましょう。

上空中攻撃(テイル&レッグ)

しっぽと蹴りの2段ヒットで相手を上空へと吹っ飛ばす。対空性能に優れていて、相手を浮かせたらまずはこの技を当てるかを考えていきましょう。

一発当てれば20%近くダメージが入り、且つフォックスはジャンプ力もそこそこなのでターン継続がしやすいため、一度の読み合いで50%近く稼げてしまう事はざらにあります。

上強攻撃からのコンボから狙うも良し、着地際に強引にこの技を当てて、もう一度空中上攻撃に繋げていくのも良しです。フォックスの立ち回りの軸となる技ですので、狙ったタイミングで当てられるようにきちんと練習をしておきましょう。

空中下攻撃(エアドリル)

足元で回転をして相手を巻き込む。空中からの暴れとして使っても良いですが、当たってもコンボに繋がらない上に火力が低く、通常空中攻撃の方が性能として優れているため、こちらの技は極力使わない。

各種投げ攻撃

前投げ(スマッシュエルボー)

崖の近くにいる相手を掴んだ時は前投げで場外へ追い出していきましょう。また、地上で投げてダウンした場合、ダッシュ攻撃も狙えるので相手の動きをよく観察する事も大切。

後投げ(クローズレンジブラスターH)

崖を背負った状態で掴んだのであれば、クローズレンジブラスターHを使います。ベクトルが高く、ジャンプを使って上から帰ってくる事もあるため、それを読んで空中後ろ攻撃などで追撃をして行くと強いです。

上投げ(クローズレンジブラスターV)

戦場ステージなど、頭上に台があれば上投げを選択してみるのも1つの手。浮かせた状態はフォックス側はかなり有利なので、空中上攻撃などで追い打ちをかけて行きましょう。

下投げ(クローズレンジブラスターダウン)

相手を下に叩きつけ斜め前方方向へと飛ばす。投げた後のフォックスの硬直が長くコンボの起点にもなりにくいので、立ち回りとして取り入れる事は少なくなってくる。

各種必殺技

通常必殺技(ブラスター)

ひるみ判定の無いブラスターを高速で連射する技。遠くから当てるよりも近くで当てた方がダメージは高い。当たっても相手はびくともしませんが、ダメージだけはどんどん蓄積されていきます。後隙が結構あるため、相手との距離が近い場合は撃つのを控えておきましょう。

立ち回りでガンガン使う技ではないですが、相手をイライラさせるのには有効。間が開いた時などに適度に撃って、ダメージを少しでも稼ぐ使い方がおすすめです。地上で連打するよりも、ジャンプして打った方が当たる確率は高くなります。

横必殺技(フォックスイリュージョン)

真横に超高速で移動する。完全に無敵と言う訳ではなく、イリュージョンの移動先に技を置かれていると普通に喰らってしまうので注意。

相手にラインを詰められた時の脱出法として非常に強く、ダメージを与えて浮かせながらラインが回復出来るため、一気に形勢逆転が狙える技になります。

ただ、当然こればかりに頼っていてはいつかは読まれてしまうため、どうしても苦しい時や、相手がイリュージョン無警戒の時などに使ってみるのがおすすめです。

上必殺技(ファイアフォックス)

飛ぶ直前にスティック入力をしておけば、倒した方向に向けて一直線で飛んでいきます。ただ、この技は飛ぶまでにある程度溜めがある事、軌道が一定で分かりやすい事から、復帰阻止として狩られやすい欠点があります。

復帰をする際には、上必殺技はなるべく隠しておいて、基本的には横必殺技で崖を掴むor直接ステージ上に登る復帰ルートを選択して行きましょう。相手がイリュージョンを読んできそうであれば、上必殺技を使うと言った感じです。

下必殺技(リフレクター)

フォックスの全身をリフレクターが守る。これによって相手の飛び道具を反射する事が出来、返された飛び道具は撃ったファイターに当たるようになります。飛び道具を中心に攻めてくる子供リンクや、強烈な吹っ飛びのチャージショットを持つサムスなどにけん制として使ってみるとかなり強いです。

ただ、直接攻撃をガードする事は出来ませんので、多用をすると手痛い一撃を貰ってしまう可能性もありますので多用は禁物。空中で出すと1回だけフワッと浮く特徴があるため、着地のタイミングをずらしたい時にも便利な技です。

⇒フォックスのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!