Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】フォックスで実践力を身に付けるコンボ・戦い方講座!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

このページではフォックスのコンボや戦い方などをより具体的に解説をして行きます。

※文字ばかりで目が疲れてしまうかと思いますが、フォックスの基本的な立ち回りはしっかり押さえられる内容となっています。適度に休憩を入れながらゆっくりご覧頂ければ幸いです。一度に見るのは大変かと思いますので、お気に入りに登録して時間の空いた時などにどうぞ。

▼疲れ目を感じている方にはこちらがおすすめ!▼

スマホえんきん

フォックスの各技の特徴などについて知りたい方は以下のページをご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

フォックスの実用的コンボ一覧

上強攻撃(上A)(フリップキック)からのコンボ

・上強攻撃→弱攻撃

上強攻撃の前側を当てた後に弱攻撃を繋げるコンボ。0%からだと割り込まれてしまう場合があるため、20~30%あたりから狙いに行きましょう。

・上強攻撃×n

上強攻撃を連発するだけで稼げるコンボ。1発目の上強攻撃を当てた後はAボタンを連打しているだけ良いので、フォックスを始めたばかりの初心者の方でも簡単に行えます。

こちらも0%付近では繋がらないので、同じく30%近く溜まった相手に狙いに行くのがおすすめです。

・上強攻撃→各種空中攻撃

主に70%前後から狙えるコンボ。上強攻撃を一発当てた後に、すかさず空中攻撃で追撃をしに行きます。相手に対して前を向いた状態で当てた場合は後ろ空中攻撃に、後ろを向いた状態で当てた場合は前空中攻撃に繋げていくと当てやすいです。

前と後ろ、どちらを向いて当てても相手はフォックス側に引き寄せられるように飛んでいく、と覚えておけば、とっさに上強攻撃を当ててもどの技に繋げば良いのか迷わなくなるはず。

ダッシュ攻撃(ダッシュ中A)(ジャンプサイドキック)からのコンボ

・ダッシュ攻撃→上強攻撃or上空中攻撃

ダッシュ攻撃のジャンプサイドキックを当てると真上に浮くため、吹っ飛びが低い時には上強攻撃を、上強攻撃が届かない%になったら上空中攻撃を当ててコンボ火力を稼いでいきます。

フォックスのダッシュ攻撃には本当てと持続当てがあり、このうち技の終わり際である持続当ての場合、かなり高い%帯でも上空中攻撃へと繋がり、ダメージ次第では上方向への撃墜も狙って行ける強力なコンボ。

相手に対して技を出しながら突っ込んでいくため読まれてしまうとリスクは高いですが、決まれば1ストック奪えるので時には強気に狙ってみましょう。このコンボを決める直前に何度も掴みを通し、シールドに対するリスクを付けた後が狙い目です。

通常空中攻撃(空中でA)(フォックスキック)からのコンボ

・降り通常空中攻撃→弱攻撃

フォックスの通常空中攻撃であるフォックスキックは着地隙がほとんどないので、ヒット後の硬直に対して弱攻撃をコンボとして繋げる事が出来ます。

0%では相手のシールドが間に合ってしまうため、主に相手のダメージが5%程度溜まっている時に狙いに行きましょう。

・降り通常空中攻撃→上スマッシュ攻撃

相手のダメージが100%近くの時に狙いに行きたいコンボ。ダメージ次第では上スマッシュ攻撃でそのまま撃墜も狙えるため、フォックスの撃墜のセットプレーとして重要な役割を果たしてくれます。降り通常空中攻撃を急降下しながら狙い、当たると確信した場合は着地後すぐにダッシュをして上スマッシュ攻撃を狙いに行きます。

引きながら通常空中攻撃を当てても相手のシールドなどが間に合ってしまうので、相手に対して突っ込んでいく意識で上から通常空中攻撃を被せて行きましょう。

前空中攻撃(空中で前A)(トルネードシャフト)からのコンボ

・前空中攻撃(最終段を当てず地面に落とす)→弱攻撃→下or上スマッシュ攻撃

前空中攻撃は最終段まで当てると上方向に吹っ飛ばせる技ですが、最終段まで繋げずに途中で急降下を入れると相手をステージ上に叩き落とす事が出来ます。その後に弱攻撃でダウン連に繋げ、〆として上スマッシュ攻撃や下スマッシュ攻撃といった強力な吹っ飛ばしの技に繋げていくコンボになります。

主に空中戦主体の相手に対し、ジャンプしたのを見てから登りながら狙いに行く方法が最も当てやすいです。相手が受け身を取るのを失敗したら確定で入るため、飛びが多い相手にはこっそりと狙いに行きましょう。

ただ、操作制度や状況判断能力が必要になってくるコンボであるため、初心者というよりもどちらかと言えば中級者向けのコンボとなっています。

後ろ空中攻撃(空中で後ろA)(リバーススピンキック)からのコンボ

・後ろ空中攻撃→上強攻撃など

ダメージが低い相手に対して降りながら後ろ空中攻撃を当てると硬直するため、その隙に各種地上からの技を叩き込む事が出来ます。弱攻撃や横強攻撃など繋げる技は何でも良いですが、特におすすめなのは上強攻撃です。

相手のダメージによっては上強攻撃を連打しているだけでもコンボに繋がるので、一連の流れだけで35%近く稼ぐ事も出来ます。ヒット確認してから狙いに行くのも良いですし、入れ込み行動としてもなかなか強いので、小ジャンプから後ろ空中攻撃を狙ったら上強攻撃を入れ込んでおきましょう。

ただ、毎回同じように入れ込んでおくと対応してくる相手も多いので、時には上強攻撃ではなく弱攻撃でリズムを崩しに行くのも大切です。

上空中攻撃(空中で上A)(テイル&レッグ)からのコンボ

・上空中攻撃→上空中攻撃

上空中攻撃で浮かした後にステージ上に着地をし、大ジャンプ+2段ジャンプですかさず上空中攻撃で追撃に行くコンボ。上空中攻撃のテイル&レッグは1ヒットで18%近く入るため、2回当てるだけで35%以上も稼げる美味しいコンボとなっています。

主に上から攻めてくる相手を返り討ちにしたい時に狙いに行きます。

フォックスの立ち回り講座

ここからは実際のフォックスの対戦の中で、どのような立ち回りをして行けば良いのかについて解説をして行きます。

1.上から通常空中攻撃を被せて展開有利を

フォックスはとにかく素早さがウリのファイター。地上のダッシュ力が速いのはさることながら、空中での機動もとても速く俊敏に操作をすれば相手は目で追うのもやっとなほど。そんな空中での俊敏さを活かし、まずは上から攻め込んでいく戦い方をして行きましょう。

特に通常空中攻撃は脚を出している間はほぼ攻撃判定があるほどの持続の長さ、技を出しながら着地をしても後隙がほとんどないので、上からこの技を被せているだけでも相手からしたら対処はかなり難しいです。

相手に通常空中攻撃がヒットした場合は弱攻撃などの次の技に繋げていけば良いですし、仮にシールドを貼られてしまったとしてもフォックス側が攻撃をする、回避で逃げるなど基本有利な読み合いに持っていけるので、相手に対応されるまではこの行動を通しているだけでも良い感じに戦えてしまいます。

2.弱攻撃の使い方で試合展開が大きく変わります

素早い立ち回りから繰り出されるフォックスの弱攻撃は、頭では分かっていても対応が難しい技の中の1つで、この技を上手く扱えるかどうかで試合展開が大きく左右されます。Aボタンを連打して強引に百裂攻撃まで出しにいくというよりは、相手に読み合いを迫る択として使っていくのが強い弱攻撃の使い方。

百裂攻撃のラピッドキックは押しつけとしては強い技ですが、読まれてシールドを貼りっぱなしにされてしまうと手痛い反撃を貰ってしまうリスクが高いので、ストック差で勝っている時や相手にヒットしていると確信出来た場面以外では極力封印。

シールドを貼られそうな雰囲気があれば、百裂攻撃まで出さずに弱1段目、あるいは弱2段目でキャンセルをして掴みで崩していきましょう。フォックスの弱攻撃は後隙があまりないので、警戒をしてシールドをがっつり固めている相手を崩しに行きやすいです。

3.時には透かし掴みをして相手のシールドを崩す

空中からの攻め込みはフォックスの基本的な立ち回りなので、当然相手も警戒してシールドを固めて反撃を取ろうとしてくるでしょう。そんな時に便利なのが透かし着地からの掴みです。

空中から何もしないで着地をした後に掴みを入れる事で、相手がシールドを解除して次の行動に入る前に先に掴んでしまおうというもの。直前に何度も空中からの攻めが通っている場合シールドをガッツリ固めてくる事が多いので、この透かし掴みは結構通りやすいです。

フォックスは投げのダメージがそこまで高くないのと特に繋がるコンボが無いためリターンとしては安いですが、ステージ外に追い出してターン継続していくのと、相手にシールドを貼らせる事のリスクを与えるためにこの透かし掴みは大事になってきますので、相手がシールドを貼る事が多くなってきたら狙いに行ってみましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



4.ダメージが100%の時は降り通常空中攻撃を狙う

フォックスの最も実用性が高い撃墜方法と言えば、やはり降り通常空中攻撃→上スマッシュ攻撃でしょう。フォックスの立ち回りの軸であり、比較的当てやすい通常空中攻撃から確定で撃墜まで持っていけるため、相手のダメージが100%近くになってきたらひたすら降り通常空中攻撃を狙いに行きます。

大ジャンプや2段ジャンプを駆使しながら、相手が甘い動きをさらしたようであれば上から被せるように打ち込んでいきます。直接相手に狙いに行くのも良いですし、回り込み回避先に置いておくイメージで使ってみるのも良いですね。

ただ、逆を言えばフォックスのメインとなるこの通常空中攻撃からのコンボで早いうちに仕留められないと、撃墜出来る技が少なく相手に長生きさせてしまう事もよくあります。相手のダメージが高すぎると、降り通常空中攻撃を当てても吹っ飛びすぎてしまい、コンボの〆となる上スマッシュ攻撃に繋がらなくなってしまいます。

お互いにダメージが高いと、体重が軽く撃墜出来る技が少ないフォックス側が不利になりがちなので、通常空中攻撃からのコンボで早期撃墜を狙えるとフォックスでの勝率が高まるはずです。

5.シールドキャンセルからの上スマッシュ攻撃を狙いましょう

フォックスの上スマッシュ攻撃は吹っ飛ばしが強力な技でありながら、スマッシュ攻撃にしては発生がかなり早いので反撃の手段としても優秀です。シールドを貼っているフォックスに対し攻撃を狙ってくるような相手には、シールドキャンセルから直接上スマッシュ攻撃(シールドを貼った状態から上スマッシュ攻撃の入力)を狙いに行きましょう。

狙いどころとしては、相手の小ジャンプでの登り空中攻撃が比較的当てられる場面が多いです。特に、相手がフォックスの後ろに回り込むような振り方をしてきたらチャンス。落ち着いて上スマッシュ攻撃を当てて撃墜を狙って行きましょう。

具体例を挙げれば、プリンの空中技やドクターマリオの後ろ空中攻撃などになります。フォックスの素早いダッシュ力を活かし、ガンダッシュからシールドを貼る事で、相手の甘い小ジャンプからの空中技に対してリスクが付けやすくなります。

6.相手が近づいてこなければブラスターでけん制

フォックスの通常必殺技のブラスターは相手に当てても硬直すら与えませんが、終点化ステージの端から端まで届くので遠距離でのけん制としてはかなり便利です。相手がフォックスとの接近戦を嫌い距離を取る立ち回りをしてくるようであれば、フォックス側も距離を取ってブラスターを打っていきましょう。

地上から連打して相手に攻めを強要させたり、ジャンプでブラスターをかわしてこようとしてきたら、こちらもジャンプからブラスターを打って行きます。あと数%溜まれば上スマッシュ攻撃での撃墜圏内に持っていきたい時にも重宝します。

VIPに行くためのフォックスの参考動画

以上を踏まえた上でのVIPマッチでのフォックスの対戦動画となります。フォックスの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

⇒フォックスのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!