Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】アイスクライマーで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのアイスクライマーの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのアイスクライマーの評価は?

スマブラSPでは珍しく、2人のキャラクターを同時に操作する事が出来るファイター。2人揃って攻撃を当てた時の火力は凄まじいものがあり、並の重量級のようなダメージを相手に与える事が出来ます。

ポポが攻撃をしてから若干遅れてナナも攻撃するため、相手の回避を潰しやすいメリットも。そのため、回避を多用する事が多い相手に対してはアイスクライマーをぶつけていくのもアリ。

ただし、ロゼッタ&チコとは違い、ナナが落ちてしまうとポポが1ストック削られない限り復活する事はありません。

ナナがいない状態だとダメージも低く、ポポ単体はスマブラSPの中でも最も弱いキャラクターになってしまうと言っても過言ではありません。いかにナナを生き残らせながら戦うかがアイスクライマーで強くなるためのカギになってきます。

高火力を稼ぎながらも小回りが利く立ち回りをしていきたい、そんな方にアイスクライマーは向いてます。

このページはアイスクライマーの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

VIPマッチでのアイスクライマーの対戦動画となります。アイスクライマーの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(右はらい→左はらい)

ハンマーを使って相手を叩く。2人揃っていればナナが若干遅れてハンマーを振るため、相手のその場回避を潰しやすいのが特徴です。主に近距離で密着している時の暴れ択として。

2発目の後隙はそれなりに長いので、相手にシールドを貼られてしまった場合、攻撃ボタンを連打するよりも少しディレイをかけてボタンを押す事も大切。

横強攻撃(横たたき)

ハンマーを横に振り抜く。地上で相手のダッシュやステップに対して、けん制として置いておく使い方をして行きましょう。崖際に追い詰めるなどしたら、ガードしても反撃が取られない位置で振るのがベスト。

上強攻撃(くるくるハンマー)

ハンマーを上に振りかざして回転させながら攻撃。ほぼ真上に攻撃判定があるので地上の敵に当てるのは難しいですが、持続が長いため対空性能にはかなり優れています。相手の着地点を読んでダッシュなどからくるくるハンマーに繋げていきましょう。

低%でヒットすれば空中上攻撃などへコンボとして繋げる事が出来ます。一度に30%近く稼げる、アイスクライマーに優秀なコンボ起点技になりますので、当てる場面ではしっかりと狙って行きたいところです。

下強攻撃(スネたたき)

相手のスネを目がけてハンマーを振る。ベクトルがほぼ真横で、崖際付近で当たると相手はジャンプだけでは戻ってこれず、上必殺技を使う必要が出てきます。

そこを空中前攻撃や空中後ろ攻撃で追撃するなどして撃墜を狙って行きましょう。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ダッシュたたき)

相手を上へとすくい上げるため、そこから空中上攻撃などでコンボに繋げる事が出来ます。ポポとナナ、どちらかの攻撃が当たれば良いですので、割とコンボに繋がりやすいのが特徴です。おもむろに走り込んで攻撃するのも良いですが、少しでもリスクを減らしたいのであれば着地狩りや相手の攻撃の後隙などに的確に差し込んでいきましょう。

コンボが繋がらない%になっても有利な展開が続くため、試合序盤から終盤までお世話になる技です。

横スマッシュ攻撃(クイ打ち)

スマッシュ攻撃の中では割と発生が早い方であるため、自分が狙ったタイミングで当てに行けるのがアイスクライマーの横スマッシュの強いところ。ただ、意外にもリーチは短めなため、当てるとするならば相手と密着している状態でぶっ放していくのがおすすめです。

狙える場面としましては、空中から空中攻撃をすると匂わせて何もせずに透かし着地→横スマッシュと言った感じです。掴みなど、相手がシールドを解除したところに横スマッシュが噛み合ってくれれば理想的です。

ある程度腕が上達して来たら、相手がダッシュ攻撃などで突っ込んできた後隙を見てから狩れる練習もしておくとさらに上手くなれます。

上スマッシュ攻撃(つらら割り)

ハンマーを前から後ろへと振り回す。前方→上空→後方の順に攻撃判定があります。相手の着地狩りとして、相手のダッシュやステップ読みに、シールドからの確定での反撃などが主な狙い目になります。与えるダメージが大きいため、ストックをリードしている状況であれば、強気にダメージソースとして稼いでいくのもおすすめな使い方。

一気に攻め込んで相手をひよらせていきましょう。

下スマッシュ攻撃(足もと打ち)

ポポが前方を、ナナが後方をハンマーで攻撃する。前後にほぼ同時に攻撃するため、相手のその場回避や回り込み回避を見てから狩れるのが下スマッシュ攻撃の強い部分。ただ、吹っ飛ぶベクトルが高い上に威力も少なめなため撃墜手段として見るとあまり強くはないのが残念ポイント。

狙うのなら回避狩りとして使い、撃墜であれば横スマッシュを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(クライマーターン)

身体の周りでハンマーを振り回すので、相手が前後どちらにいようが当たるのが特徴。狙う場面としましては、小ジャンプから地上にいる相手に対して。技を出しながら急降下をすれば、ナナが空中攻撃を出している間にポポが着地をして弱攻撃が出せるため、実質後隙は皆無。

相手としても反撃を取り辛いため、地上戦の立ち回りとして結構使えます。弱暴れをするのも良いですし、弱暴れを嫌って回り込み回避をした相手に対し、一転読みで回避先にスマッシュ攻撃を当てる読み合いもあります。

前空中攻撃(ハンマードロップ)

空中にいる相手に対し、ハンマーの振り終わりの部分を当てるとメテオスマッシュとなる。ある程度%が溜まっている状態であれば、そのまま下方向へと撃墜が出来てしまいます。出始めの部分を当てても、相手を強烈へ前方へと飛ばす事が出来ます。

どちらにせよ、場外にいる相手に当てさえすれば展開が良い事には変わりませんので、場外に追い出したら狙いに行きましょう。

後ろ空中攻撃(振り向きたたき)

後方にいる相手にハンマーを水平に振る。非常に回転率が高く、小ジャンプから最速で出せば、2段ジャンプも出来る点は非常にアイスクライマーの技の中でも評価が高いポイント。地上にいる相手へのジャンプ読みとして使っても良いですし、空中にいる相手への追撃手段としても狙って行けます。

もちろん復帰阻止としても優秀。狙える場面では空中前攻撃の方が良いですが、タイミングが取れず自信がない時は空中後ろ攻撃でお願いしながら復帰阻止に行くのがおすすめです。後隙も無いので、失敗してもすぐに上必殺技で復帰も出来ます。

上空中攻撃(頭上はらい)

真上だけでなく多少前後にも判定があるため、完全に真下を取れなくても割と信頼して振って行けます。主に上強攻撃などを起点にして相手を浮かし、追撃として狙って行きましょう。後ろ空中攻撃同様回転率が高いので、強気にガンガン置いて行っても多少は問題ありません。

下空中攻撃(急降下ハンマー)

一見メテオ攻撃技のように見えますが、メテオ判定は付いていないため注意。空中で一瞬止まる性質がある技なので、着地のタイミングをずらしたい時にはこの急降下ハンマーが便利。相手が下で待ち構えているようであれば、時にはリズムを狂わせるために取り入れてみましょう。

さらに崖下への追撃としてもかなり使える技。ナナのハンマーが当たればベクトルが真横気味なので、上手く当たれば横方向へ撃墜が可能。ナナが揃っているならば、ステージから飛び出しそのまま急降下ハンマーを。最速で2段ジャンプから上必殺技を繰り出せば、見事に2人とも生還できます。

各種投げ攻撃

前投げ(ホッケーショット)

崖に追い詰めた際に掴めたら前投げを選択して行きます。

後投げ(雪山投げ)

逆に崖を背負わされた状態で掴んだのであれば、後投げをして形勢逆転を狙って行きます。

上投げ(つかみつらら割り)

相手を上空に飛ばしたい時は上投げを。ダメージが0%の状態でも高くに飛ばしてしまうため、空中上攻撃などのコンボは繋がりません。

下投げ(なだれつぶし)

掴んだら特に理由が無ければ下投げを使っていきましょう。0%付近であれば下投げ→横強攻撃上シフトがコンボになり、中%であれば下投げ→上空中攻撃などが繋がったりします。2人揃っていれば爆発的火力となりますので、相手の隙を見つけたら掴んでいきたいところ。

各種必殺技

通常必殺技(アイスショット)

地上の場合は道なりに進み、空中で出した場合は早めの速度で落下後、地面を滑って行く。地上にいる相手へのけん制となり、シールドが削れ始めたらジャンプや回避で逃げを強要出来るので、ラインを詰めたりジャンプや回避を潰す択を取って行きましょう。

復帰阻止としても使え、下から復帰してくるような相手にはアイスショットを撒いておき、事故を誘ってみるのも1つの作戦になります。アイスショットを撒く事だけを考えすぎて、ラインを自ら引いてしまわないようにだけ注意。

横必殺技(トルネードハンマー)

ポポとナナが一心同体となり、ハンマーで回転して相手を巻き込んでいく。一度ヒットすれば基本的には最終段まで繋がります。地上で使う場合、不意に打って相手のリズムを崩したい時に狙って行きましょう。相手がシールドを離すのがタイプの立ち回りのプレイヤーであれば、初段はガード出来ても巻き込まれる可能性大です。

その他、空中での横移動の性能を活かして復帰に使う方法もあります。この場合Bボタンを連打しないと上昇する事なく落ちてしまいますので、技を出したら必死にBボタンを押して生き残りましょう。

上必殺技(ゴムジャンプ)

ナナが上に上昇した後、ゴムの力を利用してポポを上へと連れて行く。ただ、あまりに下の位置からゴムジャンプを出してしまうと、ポポは生き残れてもナナはそのまま帰ってこれない場合もあります。

復帰時は相手の位置にもよりますが、出来る限り崖に近い位置でゴムジャンプを打つのが理想です。相手が復帰阻止に来たなど、やむを得ない場合はナナを犠牲にしてでもポポだけ助かるような復帰の仕方も大切。

下必殺技(ブリザード)

前方に向けてブリザードを吹きかける。正面にいる相手には滅法強いブリザードですが、空中回避を使われるなど相手に回り込まれると隙だらけ。スマッシュホールドなど重たい一撃を貰い兼ねませんので、近距離で出すのは禁物です。

主に中距離からジャンプをしながら出し、相手のダッシュやジャンプを潰すように置いておくイメージで使っていきます。

⇒アイスクライマーのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!