Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ケンで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのケンの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのケンの評価は?

ストリートファイターシリーズでお馴染みのケンは、スマブラSPではリュウのダッシュファイターとなっています。基本的な技はリュウとほとんど同じですが、ケンはリュウよりも足が速いなど運動性能に優れているのが特徴となっています。素早く戦場を駆け回りながら技を振れる反面、リュウと比べると1発1発の技の威力は低めなので細かく技を当てて火力を稼いでいく必要はあります。

ただ、コンボさえマスターしてしまえば全ファイターの中でもトップクラスの瞬間火力を叩き出せるため、一度ケン側に流れを引き寄せてしまえばその試合を優位に運ぶ事が出来るでしょう。空中から通常空中攻撃などを差し込みながら、上or下強攻撃へと繋げてコンボ火力を稼いでいきましょう。

ただ、やはりケンはコマンドからのコンボありきのファイターなので、コマンド入力が出来ないと火力を取るのが相当難しくなります。まずはトレーニングモードでコンボ練習をして完璧にマスターをしてから、対人戦で経験を積んでいくと良いでしょう。

格ゲーのようにコマンド入力が出来るスマブラファイターをお探しであれば、ケンがおすすめです。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃

ケンには合計で3種類の弱攻撃が存在します。

弱攻撃・弱(ジャブ→ボディブロー→フック)

近距離で素早く暴れられる弱攻撃技。最終段のフックまで繋げられれば相手を吹っ飛ばす事が出来ます。ケンの場合弱攻撃・弱よりも、上or下強攻撃・弱を当てた方が展開が良いので基本的には弱攻撃・弱を立ち回りで使う機会はあまりありません。

ただ、手っ取り早く相手を引きはがすのにはそれなりに便利な技ではあるので、まだケンの操作制度に慣れていない時などに相手と密着した時などに使っていきましょう。

弱攻撃・強(遠距離)(ねりちゃぎ)

相手と距離が離れている時にAボタンを長押しすると、ねりちゃぎで相手を蹴りつける事が出来ます。足を上げた時とかかと落としをした時の2段ヒットとなっており、相手を横方向へと飛ばせる特徴の技。

後隙が少なくある程度連発が出来るため、相手が地上でステップなどで近づいてくるようであればねりちゃぎを置いておきましょう。上から振り下ろすような攻撃判定であるため、小ジャンプで近づいてくる立ち回りの相手にも刺さります。

弱攻撃・強(近距離)(アッパー)

相手と身体が密着している状態でAボタンを長押しすると、アッパーを繰り出し上方向へと飛ばす事が可能です。1発当てるだけで14%と、ガノンドロフの雷打レベルに強力なので当てられればラッキー。

アッパーの良いところは何と言っても無敵判定が付いている所でしょう。技を繰り出した瞬間に上半身に無敵判定が付くため、小ジャンプから技を出してくる事が多い相手には、アッパーの無敵を合わせてダメージを稼いでいきましょう。

横強攻撃

ケンには合計で3種類の横強攻撃が存在します。

横強攻撃・弱(遠距離)(横蹴り)

横方向にキックを繰り出す。脚には無敵判定が付いているので、相手と技の出し合いになった時などは一方的にケンの横蹴りが勝つ場合が多いです。

とはいえ、あまり立ち回りで機能する場面はないため、ケンの立ち回りでは極力封印しておくと良いでしょう。

横強攻撃・弱(近距離)(フック)

近距離で素早く横強攻撃を繰り出すとフックを繰り出せます。相手を吹っ飛ばす事は出来ないものの、ある程度硬直させてその後に昇竜拳や大外回し蹴りなどの強力な技を叩き込む事が出来ます。

相手が100%近くになった時などに、相手と密着するチャンスがあれば時折フックを狙って撃墜するチャンスを伺っていきましょう。

横強攻撃・強(正拳突き)

横方向に正拳突きを繰り出して相手にダメージを与える技。近距離で素早く相手を吹っ飛ばす技として便利で、相手のダメージが高い時に狙って行きたいところ。

根元よりも先端の拳部分で捉えた方がダメージ&吹っ飛ばしが強く、崖付近であれば100%あれば撃墜出来てしまうファイターも多いです。相手が地上からダッシュ掴みなどを狙って来そうであれば、後ろ向きに歩きながら正拳突きを上手く当てに行きましょう。

上強攻撃

ケンには合計2種類の上強攻撃が存在します。

上強攻撃・弱(肘打ち)

上強攻撃でAボタンを弾くように素早く入力すると、高速で肘打ちを連打する事が出来ます。ケンが相手と密着した時に使っていきたい技の1つで、ヒット確認が出来たら弱攻撃や上強攻撃・強に繋げてダメージを稼いでいきましょう。

昇竜拳やコマンド必殺技の鉈落とし蹴りの方が与えられるダメージは大きいので、操作制度に慣れてきた方はチャレンジしてみましょう。相手の小ジャンプからの飛び込みなども迎撃出来るものの、全体的にリーチは短いので置き技として使うのではなく、通常空中攻撃などをシールドされてしまった時の暴れとして使っていくのがおすすめです。

上強攻撃・強(アッパー)

弱攻撃のアッパーと性能は同じ。上強攻撃・弱からのコンボとして狙いに行ってみましょう。

下強攻撃

ケンには合計で2種類の下強攻撃があります。

下強攻撃・弱(くるぶしキック弱)

下強攻撃を素早く入力すると、相手の足元を素早く蹴りつける。こちらも上強攻撃・弱の肘打ちのように接近戦での暴れとして使っていき、下強攻撃・強や鉈落とし蹴りなどに繋げて火力を稼いでいきます。

ケン側がラインを詰められている状況であれば、竜巻旋風脚に繋げて強引にラインを回復するのもアリです。相手が掴みなどを置いていた場合、攻撃を受ける前にケンが攻撃出来てしまう事もあるので、時には強気に暴れて行きましょう。

上強攻撃よりも横方向へのリーチが長いため、相手と少し距離が離れているようであればこちらを狙いに行きましょう。

下強攻撃・強(くるぶしキック強)

押しこむように下強攻撃を入力すると、強めのくるぶしキックを繰り出し相手を吹っ飛ばす事が出来ます。基本的にはくるぶしキック・弱がヒットした後のコンボの繋ぎとして。

ヒット後は斜め前へと飛んでいくため、波動拳や竜巻旋風脚に繋げてコツコツとダメージを稼いでいきます。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(飛び足刀)

ダッシュ状態から鋭い蹴りを繰り出す。根元で当てる程威力は高いですが、持続部分も長いので少し離れた位置にいる相手にも当てる事が出来ます。主に地上から差し込みを狙って行きたい時に使っていきましょう。

相手がケンの目の前で技を失敗したのを見てから狙いに行ったり、着地する直前の相手に当てる事が出来れば理想的です。

横スマッシュ攻撃(一文字蹴り)

真横にいる相手に対して一文字蹴りを喰らわせて吹っ飛ばすスマッシュ攻撃技。根元で当てるよりも、先端の足先で蹴りつけた方がダメージ&吹っ飛ばしが強力になるのが特徴です。主にダメージが溜まった相手を撃墜する手段として狙いに行きましょう。

出来れば吹っ飛ばしが強い先端を当てたいので、密着状態からの暴れとして繰り出すよりは、崖際に追い詰めた際に相手がステップや小ジャンプから飛び込んで来たら刺さる位置で置きのイメージとして使っていくのがおすすめです。

コマンド昇竜拳が慣れないうちはメインの撃墜技となってきますので、当てる感覚を養って早期撃墜を狙いに行きましょう。

上スマッシュ攻撃(突き上げアッパー)

下からすくい上げるように強烈なアッパーをお見舞いして相手を上方向に吹っ飛ばす技。上スマッシュ攻撃ですが上方向への攻撃判定はあまりないため、地上にいる相手に狙いに行くのが主な突き上げアッパーの使い方となります。

スマッシュ攻撃にしては発生が早いメリットを活かし、ケンがシールドを貼っているところに相手が攻撃をしてきた時の反撃の手段として使うのがおすすめです。

1発当てれば20%近く稼げてかなり美味しいので、相手が甘い攻撃で差し込んで来るようであれば確実に突き上げアッパーを当てられるようにしておく事。

下スマッシュ攻撃(回転足払い)

相手の足元をすくうように素早く蹴りを繰り出す技。こちらもかなり発生が早いので、近距離でのダメージ重視の暴れとして機能しやすいです。お互いにシールドを貼った状態で見合っているなど、気まずい状況になったらおもむろに回転足払いを狙いに行きましょう。

吹っ飛ばしこそ強い技ではありませんが、ベクトルがほぼ真横である事と崖下付近にも攻撃判定が出る特徴を活かし、復帰をして崖に掴まろうとしている相手に狙いに行くのもおすすめな使い方。

多段ジャンプ持ちのプリンのようなファイターが甘いジャンプ復帰をしてくるようであれば、回転足払いを当てて有利展開を維持して行きましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ひざ落とし)

空中で脚を突き出して相手を蹴りつける。ダメージや吹っ飛ばしこそ弱いものの、立ち回りに組み込みやすい技でガンガン振りに行けます。基本的には登りながら当てるよりも、下りながら本当てor持続部分を当ててコンボの起点にして行く使い方がおすすめ。

ヒット後は相手は硬直するので、上or下強攻撃・弱に繋げてダメージを稼ぐ事が出来ます。仮にシールドを貼られていたとしても技をこすっていれば、相手の判断が遅れていた場合強引に割り込めるので狙い得な技となります。

相手のダメージが溜まっている状態であれば、通常空中攻撃→コマンド昇竜拳も確定でコンボとして繋がるため、上から相手の隙を伺い積極的に差し込んでいきましょう。

前空中攻撃(飛び蹴り)

通常空中攻撃とモーションが似ていますが、こちらの飛び蹴りの方が威力やリーチが強く設定されています。飛び蹴りは序盤のダメージソースとして大活躍してくれます。

地上にいる相手に下りながら飛び蹴りを当てれば、浮いた相手に登りながらの飛び蹴りが入り、一連の流れで33%近く稼ぎだす事が出来ます。小ジャンプや大ジャンプを絡めながらピョンピョン飛び跳ねながら、隙を見て技を差し込んで火力を稼いでいきましょう。

上or下強攻撃からのコンボが出来ないうちは、こちらの飛び蹴りを起点にダメージを稼ぎに行きます。

後ろ空中攻撃(旋風脚)

空中で振り向きながら後ろ方向に蹴りを繰り出す技。吹っ飛ぶベクトルがほぼ真横である上に吹っ飛ばす力も相当強いので、主に相手を撃墜する手段として使っていきたいところ。

100%近い相手を崖際に追い詰めたら、ジャンプで逃げるのを読んで大ジャンプから当てに行ったり、地上にいる相手に小ジャンプから先端を押し付けるように狙って行きましょう。

ケンの後ろ空中攻撃は他ファイターとは違い、地上からその場で振り向きながら狙えないので当てる難易度は高いですが、当たればそれ相応の吹っ飛びは期待出来るので操作制度を高める練習をしておく事。

上空中攻撃(前蹴り)

上空に向けて蹴りを繰り出す技。インクリングの上空中攻撃も蹴り上げるようなモーションですが、ケンの場合は姿勢を変えないまま蹴り上げるためリーチはかなり短め。ただ、その分発生は早いので、素早く相手の真下に潜り込んでドンピシャのタイミングで相手を蹴り上げて行きましょう。

相手にヒットしていれば必殺技の昇竜拳をすぐに出す事が出来、コンボとしてそのまま撃墜する事も可能です。高い位置で捉えられれば撃墜出来る期待値も大きいので、時には強気に2段ジャンプを駆使して狙いに行きましょう。

下空中攻撃(ストレート)

空中で斜め下に向けてストレートパンチを繰り出して攻撃。空中でクリーンヒットする事が出来ればメテオとなり、ダメージが高ければそのまま下方向への撃墜を狙いに行けます。

ケンのストレートはあまり強い部類のメテオ技と言う訳ではありませんが、ワンチャンスを掴みたい時などには便利です。相手に大幅にリードされている時の巻き返し択や、どうしても勝ちたい試合などの隠し玉として使っていくと良いでしょう。

各種投げ攻撃

前投げ(背負い投げ)

掴んだ相手を前方に背負い投げをして飛ばす技。相手を崖に追い詰めた時などに使っていきましょう。

後ろ投げ(地獄車)

転がりながら投げ飛ばすため、掴んだ位置よりもより崖に近いところで投げられるのが地獄車の強み。ダメージもケンの投げでは1番強いため、安定したダメージを稼ぎたい時にも。

上投げ(かかと落とし)

相手を真上へと放り投げる技。相手のダメージが高い時に使用して行き、空中での横移動に乏しいメタナイトのようなファイターには昇竜拳を狙いに行くチャンス。

下投げ(瓦割り)

ケンが低%の相手を掴んだら基本的には下投げをします。0%付近であれば下投げ→上強攻撃・強に、低%帯であれば下投げ→前空中攻撃に繋げてコンボ火力を稼いでいきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(波動拳)

両手から波動拳を発射して相手にダメージを与える飛び道具技。Bボタンを素早く入力すると遅めの波動拳が、押し込むように入力すると早い波動拳を出す事が出来ます。基本的には相手と距離が離れている時のけん制として使っていきましょう。リーチ差で負けて接近戦を挑むにも苦戦をしがちな、ルキナやアイクのようなファイターには、波動拳で相手を動かしながら針に糸を通すように技を通していく必要があります。

地上からだけでなく小ジャンプを絡めながらの強弱の波動拳の合わせて4種類の波動拳を巧みに利用し、相手の行き先を潰しておくと相手の動きが読めやすくなるはず。

また、波動拳はケンが右向きの場合、↓↘→+Aのコマンド入力でも出せ、こちらの方がBボタンで出すよりも威力が少しだけ強いです。出来る方はコマンドで入力をして行きましょう。

横必殺技(竜巻旋風脚)

横方向に向けて回転をしながら相手を蹴りつけて攻撃。リュウの竜巻旋風脚は単発技で1発の威力が重めですが、ケンの竜巻旋風脚は吹っ飛ばしは弱いですが多段ヒット技の特徴を持っています。この特徴によって、相手にシールドをされても反撃が取られ辛く、竜巻旋風脚の後隙を下強攻撃・弱で誤魔化すなどのプレイングも可能になります。

露骨にいきなりぶっ放していくのも良いですが、下強攻撃・強からの確定コンボとして繋げていくのがおすすめ。竜巻旋風脚もケンが右向きの場合、↓↙←+Aのコマンドで出せるためマスターしておく事。

上必殺技(昇竜拳)

Bボタンを長押ししながら昇竜拳を出す事で、炎をまとった強烈な吹っ飛ばしの技に変化をします。リュウの昇竜拳は根元で当てないと吹っ飛ばす事は出来ませんが、ケンの昇竜拳は最終段が当たれば吹っ飛ぶため、必ずしも根元で当てなくても良いのが強みとなっています。

主に、相手が100%近くになった時の撃墜手段として振って行きましょう。確実に仕留めるのであれば下強攻撃・弱からのコンボがおすすめですが、まだ慣れないうちは対空やシールドからの反撃として使って行っても問題ありません。対空として使う場合はリスクが高いですが、ステージの上付近で捉えられれば撃墜出来る可能性も高くなるので、時には強気に狙いに行く事も大切。

コマンド入力の方が上Bで出すよりも撃墜ラインが20%近く差が出るため、ケンを使い込んでいく予定であれば昇竜拳はコマンドで出すのは必須となります。

下必殺技(セービングアタック)

構えている最中は相手の攻撃は1発までなら耐え、重たい反撃を喰らわせます。1~3までの段階があり、1は相手を吹っ飛ばしますが2以降は相手をゆっくりとその場にダウンさせる働きがあるため、その後は横スマッシュ攻撃や昇竜拳に確定コンボとして繋げる事が出来ます。

主にケンが着地をする時に使っていき、相手のスマッシュ攻撃などが見えたらあえて1発喰らってセービングアタックを叩き込んでいきます。相手が単発技の多いファイターであれば刺さる場合が多いので、相手のスマッシュ攻撃を返り討ちにして行きましょう。

逆に多段ヒット技を多く持つ、ブラックピットのようなファイターには控えておいた方が良いでしょう。

特殊必殺技

ケンには合計2種類+1の特殊必殺技があります。

特殊必殺技1(鉈落とし蹴り)

ケンが右を向いている時に、コマンド入力→↘↓+Aを押すと鉈落とし蹴りを出せます。2段ヒットする技であまり吹っ飛ばせずに後隙が少ないので、この技を当てた後にも下スマッシュ攻撃などに繋げて火力を稼いでいく事が可能です。

主に上or下強攻撃を当てた後のコンボの繋ぎとして使っていきましょう。攻撃ボタンを長押しする事で、2段目が稲妻かかと割りとなり横方向に強く吹っ飛ばす事が出来ます。

特殊必殺技2(大外回し蹴り)

ケンが右を向いている時に、コマンド入力←↙↓↘→+Aを押すと大外回し蹴りを繰り出す事が出来ます。ちょうどリュウの弱攻撃・強のような技となっていますが、ケンの大外回し蹴りは吹っ飛ばしが非常に強力。

崖際に追い詰めた相手におもむろにぶっぱなしても良いですし、上or下強攻撃・弱からの確定コンボとして使っていくのもおすすめです。こちらも鉈落とし蹴りのように攻撃ボタンを長押しすれば、蹴り終えた後に稲妻かかと割りを繰り出せます。

⇒ケンのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!