Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ルキナで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのルキナの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのルキナの評価は?

マルスとは違い、剣のどこを当てても威力が同じなのでルキナは割と初心者の方でも扱いやすい性能をしています。剣を使った攻撃であるため一般的なファイターよりもリーチが長く、間合い管理に慣れていなくても攻撃が通る事が多くスマブラの楽しさを知れる事が出来るでしょう。

投げの威力が低いのが若干気になるところではありますが、上空中攻撃などを起点としたコンボ火力も優秀でダメージを与える事に関しては困る事はないかと思います。

ただし、ルキナは初期性能こそ高いものの、特に目立った強みが無いため、一定以上のレベルを目指すとなるとプレイヤースキルが必要になってしまいます。間合い管理を徹底し、相手の攻撃に対してきちんと反撃を取って行く…まさにスマブラ力を高めるのに適したファイターであると言えます。

剣を利用した正統派ファイターをお探しであれば、ルキナはおすすめです。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(スラッシュ→コンビネーションスラッシュ)

素早く剣を振り抜いて攻撃する。判定が前方向だけでなく若干上方向にも伸びているため、小ジャンプから攻めてこようとする相手にも刺さる事があり使い勝手はそこそこ。相手と密着している時などの暴れとして使っていきましょう。

2段目を当てると相手を飛ばす事が出来ますが、後隙がやや長いためシールドを貼られていると反撃を貰ってしまいます。弱攻撃ばかりに頼るのは止めておきましょう。

横強攻撃(ハードエッジ)

下からすくい上げるように剣を振り抜く。弱攻撃よりもリーチが長いので、こちらは暴れというよりかは相手の飛び込みに対するけん制や置き技として機能しやすいです。

ゆっくり歩きながら近づいたり、或いは後ろにステップを引きながら横強攻撃を出して安定したダメージを稼いでいきましょう。ダメージもそれなりに大きいため当たると美味しいです。

上強攻撃(アンチエアスラッシュ)

ルキナを中心に弧を描くように剣を振る攻撃。前→頭上→後方と攻撃範囲がかなり広く、接近戦のごちゃごちゃした展開での誤魔化しとして非常に強いです。

上から攻め込まれた時の対空として機能するのはもちろんの事、相手が回避で回り込んで来た時や、ルキナが空中から相手に攻め込んだ後の誤魔化し択として使っていくと良いでしょう。

技の後隙も少なくヒット後は上方向へと浮かす事が出来るため、コンボの起点としても優秀です。上空中攻撃などに繋いでガンガンダメージを稼ぎに行けます。

下強攻撃(ロースラスト)

低い姿勢から相手の足元目がけて剣を突く。足元を突くため横強攻撃のようにリーチこそ長くはありませんが、発生が早く後隙がほとんどないため、近距離の暴れとして弱攻撃のような使い方が出来ます。

下強攻撃のロースラストが活躍するのは主に相手のダメージが80%近くになった時。当てると低く飛んでいき、相手が受け身を取るのを失敗するとダッシュブレーキからの横スマッシュ攻撃などが確定で入ります。

これが決まれば早期撃墜も狙って行けるため、相手のダメージが良い頃合いになってきたら、下強攻撃を当てるのを意識して行きましょう。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(レイドチョップ)

ダッシュをしながら剣を振り抜いて攻撃をします。ルキナはダッシュ速度がそこそこ早いので、相手の着地狩りや後ろ回避に合わせて打っていくと良いでしょう。攻撃をする瞬間にちょっと減速してしまうのはご愛嬌。

ダメージは大きいので当てれば美味しい展開になりますが、ルキナは着地狩りに他に優秀な技が揃っているため、あえてダッシュ攻撃を選ばなくても大丈夫です。

横スマッシュ攻撃(ドラゴンキラー)

一歩踏み込みながら鋭く剣を振り抜いて攻撃。吹っ飛ばし力が高く、ルキナの技の中でもこのドラゴンキラーで撃墜のお世話になる事も多くなるでしょう。マルスとは違って剣のどの部分を当てても一定の吹っ飛ばしがあるため、間合いに拘り過ぎる必要がないのもgoodポイント。

主にダッシュやステップを刻みながら相手の隙を突いて狙いに行ったり、出来る方は後ろにゆっくり歩きながら相手が目の前で技を空振りしたのを確認してから狙いに行くのもおすすめです。

崖付近で当てれば70%近くで撃墜出来るので、崖に追い詰めた相手の動きをしっかり観察して行きましょう。

上スマッシュ攻撃(ジャスティスソード)

腕を上へ伸ばして剣を突きあげて攻撃。上から降りてくる相手に刺さるのはもちろんですが、地上からでも巻き込み判定があるため密着状態でルキナの前後にいる敵にも当たります。対空として使うよりかは、地上で相手のダッシュに嚙合わせるようにダッシュしながら打っていくのがおすすめです。

前空中攻撃などのけん制にシールドを貼ろうと、ダッシュしてきそうな瞬間に狙いを定めて行きましょう。ただし、技の後隙は横スマッシュ攻撃と同じくらい長め。相手が後ろにステップをして様子見をしてる事が多ければ、上スマッシュ攻撃を狙うのは控えておいた方が良いでしょう。

下スマッシュ攻撃(ワールウインド)

前方向を攻撃した後、振り向いて後ろ方向に剣で攻撃する技。ダメージや吹っ飛ばしで見れば前よりも後ろで当てた時の方が圧倒的に強いため、狙いに行く下スマッシュ攻撃を打ちに行く時は相手に対して背中を向けておくと良いでしょう。

主な使いどころとしては、接近戦を嫌い回り込み回避で逃げる癖がある相手に対する置き技として。後ろにステップ踏みながらそのまま下スマッシュ攻撃を打てば、後ろ側を狙える上に割とリスクが少ない置き技となります。相手の撃墜に困った時のぶっ放しとして狙ってみましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ダブルスラッシュ)

身体の周りで剣を振り回して攻撃。前側が低く後ろ側が高い特徴があり、基本的には前側を押し付けて行くイメージで使っていきます。

主な使いどころとしては密着時から小ジャンプから暴れとして出したり、小or大ジャンプから下りながら相手に差し込んで行ったりなど。また、降りながら1段目のみを地上の相手に当てるとフワっと浮くため、上強攻撃などのコンボに繋げる事も出来ます。

前空中攻撃(フラッグカット)

上から剣を振り下ろして相手に斬りつけて行く攻撃。ルキナの技の中でもトップクラスに使い勝手がよく、小ジャンプや大ジャンプを絡めながらけん制や差し込みとして狙いに行きましょう。

剣であるため、相手の拳や脚を使った攻撃などには一方的に殴り勝てる事も多く、判定を押し付けて行くだけでも苦しい展開を強いられるファイターは多いです。しっかり間合いを保ちながら、的確な位置でフラッグカットを当てる事を意識します。

上から振り下ろす性質を活かし、復帰阻止として狙う場合は相手の上から被せるように狙うと当てやすくなります。

後ろ空中攻撃(アッパースイング)

こちらは下から上へ振り抜いていきます。攻撃をした後は振りむくという固有の特性があるため、後ろ空中攻撃を打った後は振り向く必要がなくリーチの長い前空中攻撃を出す事が可能です。後ろ空中攻撃は主に差し返しとして使っていき、相手の差し込みを封じてダメージを与えに行きましょう。

吹っ飛ばし力はこちらの方が強いため、前空中攻撃で復帰阻止を狙っても撃墜出来ない時などは後ろ空中攻撃を当てて早期撃墜を狙いにいきたいところ。

上空中攻撃(ルナスラッシュ)

ルキナの頭上で半円を描くように剣を振り上げます。ルキナの素早い機動力を活かして、浮かした相手の真下に潜り込んで狙いに行くと良いでしょう。

空中での横移動能力に乏しく、下方向への暴れが大して強くないルイージのようなファイターはまさに狙い目。着地を永遠に上空中攻撃で狩り続けて、ここで一気にダメージを稼いで行けると美味しいです。

また、地上にいる相手に降りながらルナスラッシュを狙いに行くのもおすすめ。当たればもう一度上空中攻撃などのコンボに繋げますので、噛み合えば一度に30%近く稼ぎだす事も可能です。読まれない程度に狙って行きましょう。

下空中攻撃(ハーフムーン)

こちらは下方向に剣を振って弧を描く技。真下にいる相手にクリーンヒットすれば、下方向へと飛ばしていけるメテオスマッシュとなります。低い位置で当てれば当てる程撃墜出来る可能性は高くなりますので、場外に追い出して崖下から復帰してくるような相手に狙って行きます。

場外への追撃としても強いですが、地上にいる相手に当てると硬直しながら吹っ飛ばす特性を活かして、ここからコンボに繋げていくのもルキナの下空中攻撃の強い使い方。当てた後は上強攻撃や各種空中攻撃だけでなく、%によっては横スマッシュ攻撃も入り確定で撃墜まで持っていけるため、狙える場面ではしっかりと当てに行きたいところ。

各種投げ攻撃

前投げ(エルボーバット)

相手を崖に追い詰めたら前投げをして復帰阻止を狙いに行きましょう。

後投げ(レッグフッカー)

ルキナが崖を背負わされてしまったら後投げで形勢逆転を狙います。

上投げ(キャスティング)

ルキナの投げの中では最もダメージが高いので、下投げからのコンボが繋がらない%になったら上投げをして行きましょう。浮かせた後は持ち前のリーチを活かして上空中攻撃などで追撃を狙います。

下投げ(グラブドロップ)

ルキナが相手を掴んだらまずは下投げをして行きましょう。序盤の低%であれば、下投げ→後ろor上空中攻撃などのコンボに繋げる事が出来、ダメージを美味しく稼ぐ事が可能です。

各種必殺技

通常必殺技(シールドブレイカー)

Bボタンを押しっぱなしにしておく事で、ダメージ&吹っ飛ばしを大きくする事が出来ます。シールドブレイカーの特徴は何と言ってもシールドの驚異的な削り性能。相手のシールドをゴリゴリ削る事が出来、溜め具合によっては一発でシールドブレイクを狙う事も出来ます。

立ち回りとしても組み込みやすく、空中攻撃などを警戒してシールドを固めたとこにシールドブレイカーを打っていくのが基本的な使い方。小ジャンプやダッシュで近づきながら打ち、相手にプレッシャーを与えて行きましょう。溜めすぎると見てから回避をされてよけられてしまいますので、程よいタイミングでボタンを離すのがコツです。

横必殺技(マーベラスコンビネーション)

Bボタンを押す事で、最大4回まで連続して剣で斬りつける事が出来ます。最初の1段目以外はスティックを上下に入力すれば、斬り方に変化を加える事が出来ます。例えばダメージを稼ぎたいのであれば最終段を下入力したり、吹っ飛ばしを意識するのであれば最終段は横入力をしたりと言った感じです。

技を当てた時の相手の位置など、状況によって使い分けて行くと良いでしょう。

使い勝手がよく地上での差し込みに便利な技ですが、一発一発の後隙が大きいので、相手にジャンプなどでかわされてしまうと反撃を貰いやすくなります。ジャンプで牽制してくるような相手には、マーベラスコンビネーションは控えておいた方が無難です。

上必殺技(ドルフィンスラッシュ)

技を出した瞬間にスティックを左右に倒せば慣性を付ける事が出来ます。発生が早いので、復帰阻止に来た相手の攻撃が当たる少し前ぐらいにドルフィンスラッシュを打っていくと、攻撃を貰わずに逆に返り討ちにする事も可能です。

復帰として使う以外にも、相手の攻撃をシールドで防いだ後の反撃としても優秀。シールド状態から直接暴れとして出せるため、相手がダッシュ攻撃や空中攻撃などを打って来たら反撃を取りに行きましょう。戦場化ステージなど、台があるステージであればリスク無く積極的に狙えに行けます。

下必殺技(カウンター)

カウンターを溜めている間に攻撃を受けると、受けた攻撃の威力に応じて相手に強烈な一撃をお見舞いします。狙い目としては着地狩り拒否としての択や、逆に上から空中攻撃を狙いに来そうな相手に対して置いておくイメージで使っていきます。

ルキナのダメージが少なかったり自信があるならば、スマッシュ攻撃を溜めている相手にカウンターを狙いに行っても問題ありません。ただ、カウンターの持続が切れてしまうと、しばらくの間動けない状態が続いてしまいます。カウンターはここぞという場面での隠し玉として使っていくのがおすすめです。

⇒ルキナのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!