Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】剣術Miiで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPの剣術Miiの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPの剣術Miiの評価は?

Miiファイターが剣を武器としてスマブラをするのが剣術Mii。必殺技以外のほぼすべての技で剣を用い、かつ威力もそこそこ強いので攻撃が当たらなくてダメージが稼げない..という事にはなりにくいのも剣術Miiならでは。

その上でカスタム可能な各種必殺技は強力で、コンボ撃墜にも繋げる事が可能なトルネードショット、相手の立ち回りを制限して無理やり動きを強要させられるチャクラムなどの飛び道具持ちであるため、立ち回りにリスクを背負う事なく自由に立ち回れるメリットもあります。空中での落下速度の速さも活かしながら、戦場を縦横無尽に駆け回って行きましょう。

ただし、剣術Miiは剣持ちのファイターではあるものの、他のマルスアイクなどの剣持ちファイターと比べるとリーチは短めとなっています。剣術Miiの攻撃範囲外から攻撃されるときつい展開を強いられるため、こういったファイターには強気に接近戦を仕掛けていきましょう。

技をカスタマイズして独自の戦術を見つけて行きたい剣持ちのファイターをお探しであれば、剣術Miiがおすすめです。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(前斬り→返し斬り→斬り上げ)

剣を使って最大3回斬りつけられる弱攻撃技。剣術Miiが地上で出せる技の中でも発生が早いので、地上で相手と密着している時などに暴れとして使っていくのがおすすめです。全段ヒットすれば13%程度稼ぐ事も出来るので、当たってくれればなかなかに美味しい展開に。

相手にヒットしているのが確認出来たら最終段の斬り上げまで出し切っても良いですが、相手にシールドをされているようであれば途中で技を出すのを止めて回避で逃げる択も使っていくと攻撃を貰いづらくなります。

横強攻撃(横斬り)

横方向にサッと剣を振り抜いて攻撃。弱攻撃の3段目よりもリーチが短いですが、横斬りを単発で当てた時のダメージは14%とかなり高いのが特徴となっています。

発生が若干遅いのが気になるところなので、近距離での暴れとして出すよりかは相手の飛び込みなどを読んで置いておくイメージで使っていくと良いでしょう。

上強攻撃(上方斬り)

剣術Miiを中心に弧を描くように斬りつけて攻撃。前、上、後ろに攻撃判定があるため、地上で自分がどちらを向いているかよく分からない時の暴れだったり、近距離で密着した時に相手がジャンプをする癖があれば狙ってみましょう。

後隙はやや長めなので低%で当てても特に繋がるコンボはありませんが、60%近い相手であれば上強攻撃→上空中攻撃がコンボとして繋がります。一度に大きなダメージを稼げるだけでなく、戦場化ステージなどの台上で当てる事が出来ればそのまま撃墜も狙う事も可能です。

下強攻撃(すね突き)

相手のスネを剣で突くように攻撃。弱攻撃よりも技の発生が早く、後隙も全然無いのでこちらのすね突きも近距離での暴れとしてなかなか優秀。おまけに密着状態で当てる事が出来れば、下強攻撃→前空中攻撃のコンボに繋げる事も可能です。

空中から透かし着地から狙いに行ったり、時には強引に回り込み回避から押し付けて行くのもおすすめな下強攻撃の使い方。攻撃が当たったのが確認出来たら、確実にコンボに繋いでダメージを稼ぎに行きましょう。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ダッシュ斬り)

ダッシュをしながら相手を斬りつける攻撃。剣術Miiのダッシュ攻撃は攻撃を出す瞬間にスピードが減速してしまうため、思っているよりも伸びが出ずリーチが短いのが残念ポイントとなっています。

狙うのであれば置き技ではなく、きちんと当てに行く使い方をしていかなければダッシュ斬りが当たらないので注意。狙い目としましては主に相手の着地狩りとして。

横スマッシュ攻撃(全力斬り)

思いっきり剣を振りかぶって斬りつけて攻撃。剣の根元よりも先端で相手を捉えた時の方がダメージ&吹っ飛ばしともに高くなるため、出来れば先端付近で当てられるような間合いから打っていきたいところ。主に相手のダメージが溜まった時の撃墜手段として狙って行きます。

一歩踏み込んで攻撃をするモーションであるため、見た目以上にリーチが長いです。少し離れている敵であれば届いてしまう場合もあるため、置き技として積極的に狙いに行きましょう。引きステップから打てば割とリスクがないのでおすすめです。

上スマッシュ攻撃(斬撃二連)

飛び跳ねながら上方向に剣を振り抜いて攻撃する技。技名は斬撃二連となっていますが、目の前の敵に根元から当てると3ヒットします。吹っ飛ばし力は目立った強さではありませんが、上方向への範囲がかなり広いので浮かせた相手への着地狩りとして狙って行くと機能しやすいです。

攻撃判定が2回あるため、初段で当てられなくても2段目が当たってくれれば吹っ飛ばす事が出来ます。この特徴を活かして、ドンピシャのタイミングで狙いに行くよりかは、少し早めに出しておけば剣のリーチも相まって当たりやすくなります。

下スマッシュ攻撃(低空二連)

前後の敵に向けて剣を振る技。前を攻撃してから後ろを攻撃します。主に相手が回り込み回避を立ち回りで多用する癖がある時などに、置き技として使っていくと良いでしょう。

前側よりも後ろ側の方がダメージと吹っ飛ばしが強いので、撃墜を狙う下スマッシュ攻撃を打つときには、相手に対して背中を向けてから技を出しに行きます。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(大車輪斬り)

空中でクルっと回転をしながら剣を振り回して相手を斬りつける。後ろ側から攻撃判定が始まり前側へと移って行くため、前方にいる敵との暴れ合戦になった時に前を向いていると先に技を貰ってしまう可能性があります。

近距離からお互いシールドを貼っている時の暴れとして出す時には、基本的には相手に対して背中を向けておくと大車輪斬りの初めの攻撃判定を当てられるためおすすめです。

空中から暴れとして使っていくのも強いです。低%帯で地上にいる相手にヒットすれば、通常空中攻撃→横強攻撃や前空中攻撃へとコンボが入ります。

前空中攻撃(突き三連)

空中で前方向に向けて剣を三連続で突き刺して攻撃する技。ちょうどリドリーの前空中攻撃のようなイメージに近いですね。ダメージ自体はそこまで高くないので当ててもあまり美味しくはありませんが、判定がかなり強いので強引に技を押し付けたい時には便利な技です。

この技を連発しているだけでも相手視点からすると、どう差し込んで良いのか分からなくなるため相手の癖を見抜くチャンスにもなります。差し込みや差し返しとして突き三連を置いておいて、相手の飛び込みを封じて行くと良いでしょう。

後ろ空中攻撃(反転斬り)

振り返りながら剣を振り抜いて攻撃をする技。前空中攻撃とは違ってこちらは単発技となっています。発生は割と早めなほうなので、地上にいる相手に対して押しつけとして使っていくと機能しやすいです。反撃を貰わないように出来るだけ先端部分を押し付けて行くのが反転斬りを上手く活用して行くコツです。

イメージとしてはクラウドの後ろ空中攻撃に近く、崖付近に追い詰めた相手のシールドを削りながら振り回していき、シールドが小さくなってきたのが見えたらジャンプを読んで後ろ空中攻撃を打ったり、回り込み回避を読んで引き横スマッシュ攻撃などを当てに行くと言った読み合いがあります。

上空中攻撃(上方スクリュー)

空中で剣術Miiの真上に向けて剣を突き刺す攻撃。単発技ですが吹っ飛ばす力はかなり強いので、相手のダメージが100%を超えたあたりから撃墜手段として使っていく事が出来ます。範囲は狭くほぼ一点で捉えなければいけないため当てるのは難しいですが、2段ジャンプを駆使してステージの上方で当てる事が出来れば早期撃墜も狙えに行けます。

主に上強攻撃などを起点にして浮かす事が出来たら、相手の真下に潜り込んで当てに行くのが一般的な当て方。通常必殺技をトルネードショットにカスタマイズしておけば、トルネードショットから確定コンボとして繋がるのでおすすめです。

下空中攻撃(下方スクリュー)

上空中攻撃の下方向バージョン。ただこちらは多段ヒット技となっており吹っ飛ばしはそこまで高くありません。下方向への判定が堅いので、主に剣術Miiが空中に浮かされた時の下への暴れとして技を出していくのがおすすめな下空中攻撃の使い方。

何度も上に浮かされてダメージを稼がれてしまう前に、暴れを通してリスクを最小限に抑えて行きましょう。ただし、着地隙はあるので何度も見せていると相手に読まれて地上でシールドを貼られてしまいます。相手が地上で待ち構えているようであれば、あえて下空中攻撃は出さずに普通に着地する判断力も必要になります。

各種投げ攻撃

前投げ(ゼロ距離サイドキック)

掴んだ相手を前へと蹴り飛ばす投げ技。相手を崖外に追い出したい時などに使っていきましょう。

後ろ投げ(ゼロ距離スピンキック)

後ろ方向に蹴り飛ばせるため、後ろ投げのゼロ距離スピンキックは崖を背負わされてしまった時などに使います。

上投げ(ジャンプ斬り)

掴んだ相手を真上に投げ飛ばしますが、投げた後の硬直が長いため特にコンボには繋がりません。同じく上に浮かせられて硬直が短い下投げを使っていくようにしましょう。

下投げ(叩き落とし)

剣術Miiが相手を掴んだら基本的には下投げを選択して行きます。投げた後は上方向に飛ぶため、低%帯であれば前空中攻撃を、それ以降の%帯では上空中攻撃に繋げてコンボ火力を稼いでいきましょう。

各種必殺技

剣術Miiは各種必殺技がそれぞれ3種類ずつあり、自分の好みに合わせたカスタマイズする事が可能です。

通常必殺技

通常必殺技1(トルネードショット)

剣を振った勢いで竜巻を発生させて相手を攻撃。根元であるほど威力は高いですが、それ以外の部分で当てた時の方が実は強力。竜巻を出した後は剣術Mii自身も動けるようになるため、竜巻が当たり上に浮いた相手に追撃に行く事が出来ます。

メインのコンボは上空中攻撃。一度に30%近くダメージを稼げるだけでなく、相手のダメージが蓄積されていればそのまま撃墜も狙えます。

通常必殺技2(光手裏剣)

光輝く手裏剣を相手に向けて飛ばす技。溜める事が出来ず単発の飛び道具として出せ、遠くに飛ばす程ダメージが大きくなる特殊な飛び道具となっています。近くにいる相手は怯まない性質があるため、基本的には密着している相手には打たない方が良いでしょう。

距離が離れている相手に小ジャンプを絡めながら打っていき、相手を攻めさせる意識で使っていくと真価を発揮します。

通常必殺技3(ラピッドスラッシュ)

剣に炎をまとって百裂攻撃のような技を繰り出す。Bボタンを長押しすれば溜める事が出来、最大で34%近くのダメージを与えることが出来ます。連続で攻撃を繰り出す多段ヒット技であるため後隙が長いので、地上での立ち回りで出すよりかは崖に掴まっている相手に狙うのがおすすめ。

相手の攻撃上がりや回避上がりに刺さる位置で溜めておき、崖に登ったタイミングでBボタンを離して当てに行きましょう。ただし、相手が慣れているプレイヤーだと当たる事はまれ。

横必殺技

横必殺技1(変則急襲斬り)

回転をしながら相手に体当たり。移動距離が凄まじく終点化ステージの半分以上も直進する事が出来ます。発生までに若干時間がかかってしまいますが、その移動距離の長所を活かして主に後ろに回避をする癖が多い相手や、直接攻撃を当てて来ずけん制技を振り回すような相手に狙ってみましょう。

また復帰としても優秀。場外に吹っ飛ばされたらステージのラインよりも上にいる状態から出し、直接ステージ上に戻る復帰も取り入れてみましょう。

横必殺技2(疾風突き)

相手に向けて剣を突き刺し、溜めれば溜める程威力と移動距離が伸びるアイクの横必殺技のような攻撃方法。適度に立ち回りの中に取り入れていき、相手のペースを乱していきましょう。

中距離あたりから狙いに行けば、仮にジャンプでかわされてもそこまでリスクを負わないのでおすすめです。回避や小ジャンプから攻めてくる相手に対し、引きダッシュから狙いに行くのも比較的当てやすいです。

横必殺技3(チャクラム)

リングを相手に投げつける飛び道具技。通常入力をするとゆっくり少しだけ前に進み、はじき入力をすると勢い良く飛んでいきます。投げる瞬間にスティックを倒せば、斜め上と斜め下に投げ分ける事も可能です。

主に相手との距離が離れている時のけん制技として使っていき、相手のジャンプや回避を強要させて隙が出たところに技を当てる意識で投げて行くのがおすすめです。

上必殺技

上必殺技1(ロケット下突き)

急上昇した後体重を乗せて剣を真下の敵に突き刺すように攻撃。主に復帰技として使っていくのが一般的で、地上の立ち回りとして取り入れるのであればシールドを貼った状態からの反撃として狙いに行きましょう。

復帰をする時に下入力を入れてあえて崖を掴まず、下突きの部分を崖上で待ち構えている相手に狙いに行く方法もあります。

上必殺技2(ソードダッシュ)

上必殺技を入力後、好きな方向にスティックを倒せばその方向に向かって切り刻んでいく事が出来ます。発生はかなり遅いですが全段当てればダメージは25%も稼げます。

剣術Miiの立ち回りで取り入れる事はほとんどありませんが、戦場化ステージなど上に台があるステージであれば、リターン重視で狙いに行く価値はあります。

上必殺技3(回転斬り)

リンクの回転斬りとモーションはほとんど同じ。地上で出せばその場で回転をし、空中で出せば上昇しながら相手を斬りつける多段ヒット技となります。溜め無しであれば技が出るまでの発生が早いため、シールドを貼った状態からの反撃として使ってみたり、崖に掴まっている相手のその場・攻撃・回避上がりを狩れる位置で溜めて狙いに行くのもおすすめです。

ただし、復帰として出す場合横方向への移動距離がほとんど伸びないため、低く飛ばされてしまうと戻ってこれない事もあります。この場合回転斬りを使わずに、横必殺技1の変則急襲斬りで復帰して生き延びましょう。

下必殺技

下必殺技1(カウンター)

カウンターの構えを取りこの間に攻撃を貰うと威力を増強して相手に返す技。格闘Miiは後ろ方向に飛ばしますが、剣術Miiのカウンターはカムイのように上方向に飛ばすのが特徴です。

相手が焦るとスマッシュ攻撃を振る癖があったり、剣術Mii側のダメージに余裕がある時などに狙ってみましょう。相手の技次第では一発逆転も可能です。

下必殺技2(リバーススラッシュ)

剣から虹色の帯を繰り出す事で、相手の飛び道具を反射させる事が出来ます。飛び道具を多用する事が多いパックマンダックハントのようなファイターに効果的なので、飛び道具が飛んでくるのが見えたら立ち回りに取り入れてみましょう。

リバーススラッシュを何回か見せておけば、相手も安易に飛び道具を振れなくなるはず。

下必殺技3(ジェットスタップ)

地上で出せば真横に、空中で出せば斜め下に向けて勢いよく剣を突き刺して攻撃する技です。ダメージが高く移動距離も長いので奇襲性能はかなり高いですが、読まれてシールドを貼られてしまうと色んな反撃を貰ってしまいます。

立ち回りで使う場合は裏択としてたまに見せておくぐらいに留めておき、多用し過ぎないことが大切です。相手が剣術Miiの目の前で技を出す事が多い場合や、着地狩りとして使っていくと当たりやすいです。

⇒剣術Miiのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!