Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ピチューで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのピチューの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのピチューの評価は?

ピチューは見た目通りのすばしっこい性能を誇り、相手の懐に潜り込んでいきながら火力を稼いでいくのが得意なキャラ。身体の小ささも相まって、相手の攻撃をかわしながらガンガン攻めていきましょう。

コンボルートも豊富に存在し、主に上強攻撃や下投げ、上空中攻撃から繋げる事が出来ます。序盤は上強攻撃などから火力を稼ぎ、撃墜には上投げ→雷で確実に仕留めに行きましょう。

ただし、ピチューには電気を使った攻撃をすると自分自身にもダメージが入ってしまう仕様があります。何も考えないで適当に技を振っていると、いつの間にかダメージがとんでもない事になっているケースも。

リーチも全体的に短く、安定して振れる技も限られてくるため、攻めキャラではありますが、勝ちを目指していくのであれば状況を的確に判断して行く能力が必要になります。強い性能をしていますが初心者には向いておらず、まさに中級者向けのキャラの性能をしています。

このページはピチューの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

VIPマッチでのピチューの対戦動画となります。ピチューの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(ずつき)

連続して相手に向けて頭突きを出せますが、ピチューのずつきのリーチが雀の涙ほどしかないため、使いどころを見極めていく必要があります。

当然置き技としては機能しませんし、相手にヒットしても押し出してしまえばリーチ外から反撃を貰いがち。そのため、連続して出すのであればせいぜい4発ぐらいまで。適当な回数でずつきを打つのを止めて、回り込み回避などを通して相手の反撃を貰わないようにしましょう。

横強攻撃(りょうあしばらい)

発生も早く相手をそれなりに吹っ飛ばす事が出来る。横に飛ばしたい時には弱攻撃ではなく、こちらのりょうあしげりを選択して行きましょう。ただし、電気をまとった攻撃であるため、連発するとピチューのダメージはどんどん蓄積されていってしまいますので注意。

撃墜力はそこそこなので、崖際に追い詰めた相手に狙いに行くのはありです。

上強攻撃(しっぽアタック)

近距離で相手と重なっている時には、基本的にはこの上強攻撃のしっぽアタックを狙いに行きます。ピチューの前後どちらにいる相手にもヒットする上、連発出来てコンボにも繋がります。上強攻撃→上強攻撃、ダメージが溜まって来たら上強攻撃→上空中攻撃などに繋げていきましょう。

電気をまとった攻撃ではないため、ピチュー自身にダメージを貰う事もありません。リーチが短いピチューにとって、この上強攻撃は生命線なので、狙える場面ではガンガン狙って火力を稼いでいきましょう。

下強攻撃(あしばらい)

相手の足元を素早く払って攻撃。ずつきほどではありませんが回転率が非常に良く、ダメージが溜まっている相手であってもコンボの起点となる浮き方をするため、撃墜の始動技にもなります。崖際で当てたのであれば、空中ニュートラルor前攻撃に繋げて吹っ飛ばしていきましょう。

まずは低%の相手に対して、下強攻撃→上強攻撃→通常空中攻撃の簡単なコンボから始めてみて下さい。ピチューの扱いに慣れてくれば、そこからさらにアドリブコンボを決められるようになるはず。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ジャンプずつき)

発生も早く狙ったタイミングで当てやすい技ではありますが、吹っ飛ばす力は似た様なモーションのプリンと比べるとイマイチ。撃墜として狙って行くのではなく、相手の着地を咎める択として着地する直前あたりに置いておくイメージで使います。

ダッシュ攻撃を当て、相手を浮かせた有利な展開を維持していきましょう。

横スマッシュ攻撃(ショートでんげき)

ピカチュウの横スマッシュ攻撃は単発ヒットですが、ピチューのショートでんげきは多段ヒット技になります。リーチこそ他ファイターの横スマッシュと比べると短いですが、吹っ飛ばす力は非常に強力。重量級のファイターであっても崖際であれば90%で撃墜されてしまいます。

相手の立ち回りを見てから狙いに行くよりかは、透かし着地や空中攻撃の暴れの後隙を誤魔化す時に使ったりと、ピチュー側からガンガン強気な行動を通していく方がおすすめ。当たりさえすればリターンは大きいため、ここぞという場面では強気に狙って行きましょう。

上スマッシュ攻撃(ヘッドバット)

スマッシュ攻撃技ですが、ピチューのヘッドバットは悲しいほどに吹っ飛ばす力はありません。その上リーチも長くありませんので、立ち回りの中ではあまり使わない方が良いかもしれません。狙うのであれば相手のダメージが140%近くになってから。

2段ジャンプを使い、回避も消費した相手に狙いを定めてヘッドバットを叩き込んでいきます。

下スマッシュ攻撃(ねずみはなび)

地上でねずみはなびのようにクルクルと回って電撃を相手に浴びせる技。多段ヒット技ですので、初段を相手にかわされても持続部分を当てる事が出来れば最終段へと繋げる事が出来ます。

主に相手が崖に掴まっている時の崖上がりを潰す択として見せて行きましょう。タイミングさえきちんと合えば、その場、回避、ジャンプ上がりが狩れるため、適度に使って相手を崖に背負わせたままターンを継続して行きます。

撃墜力もそこそこあるため、地上でどうしようもなくなった時の暴れとして使ってみるのも良いです。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ピチュースピン)

地上でシールドを貼って見合わせている時の逃げの手段として使っていきましょう。発生も早く打ち逃げのような使い方が出来るので、シールドをされ続けてもそこまでリスクはありません。

また、上強攻撃や空中上攻撃などのコンボの〆としても使っても良いですが、ダメージがかなり低いのでリターンを望むのであれば空中前攻撃の方がおすすめ。まだピチューの操作に慣れていないようであれば、ピチュースピンで妥協しても構いません。

前空中攻撃(でんげきドリル)

差し込み技としてピチューの技の中ではなかなかに強力。持ち前のすばしっこさを活かして相手の懐へと潜り込んでいきましょう。地上でシールドされてしまったようであれば、全段出さずに途中で急降下を入れ、相手に反撃される前に上強攻撃などで暴れて行く事も意識して行く事。

地上、空中にいる相手の差し込み技にはなりますが、自傷ダメージが増えて行ってしまうので、ストックや%で不利を取っている状況では狙う場面を見極める慎重さも大切になります。コンボの繋ぎとしては優秀なため、上強攻撃などで浮かしたら狙いに行きましょう。

後ろ空中攻撃(でんげきグライダー)

こちらも前空中攻撃同様に多段ヒット技。でんげきグライダーの方が吹っ飛ばす力が強いので、相手を場外へと追い出したら基本的にはグライダーで復帰阻止に行くようにしましょう。ベクトルもそこそこ優秀なため、油断した相手に嚙合わせる事が出来れば早期撃墜も狙って行けます。

ピチューは復帰性能は非常に良いですので、ある程度強気にでんげきグライダーで追い出しに行っても問題ありません。

上空中攻撃(しっぽはたき)

ダメージこそ低めではありますが、コンボの繋ぎにはもってこいの技。主に上強攻撃で浮かせ、空中上攻撃で繋いで空中前or後ろ攻撃で〆て行きましょう。登りながら当てるのも良いですが、下りながら当てればそこからもコンボに繋がります。

技や掴みをミスった相手などに噛み合えば、ピチューの貴重なダメージソースとなりますので、狙える場面では強気に攻め込んでみましょう。

下空中攻撃(でんげきスクリュー)

出始め部分を当てればメテオスマッシュに、それ以外で当てればほぼ真横に吹っ飛ばす事が出来ます。奇襲性能としてはそこそこ使い勝手が良いため、下からの復帰ルートを選んだ相手にはおもむろに崖降りからでんげきスクリューを叩き込んでみましょう。

メテオになってもそうでなくても、ヒットさえすれば展開は非常に良いため、狙いに行く価値は大いにあります。ピチューは撃墜がとても難しいファイターなので、こうした場面で強気に撃墜択を狙って行く事で勝ち筋を掴み取りやすくなります。

各種投げ攻撃

前投げ(でんきなげ)

相手を崖外に出したい時はでんきなげを使っていきます。ダメージが高めなのもお得ポイント。

後投げ(じごくぐるま)

転がりながら後ろに投げるため、少しでも崖付近に近づける嬉しい特徴があります。場外に追い出したら後ろ空中攻撃などで追撃の準備を。

上投げ(でんきトス)

相手に上に投げ飛ばす事が出来ます。でんきトスが真価を発揮するのは、主に相手のダメージが100%付近になった辺りから。

これぐらいのダメージに到達すれば、上投げからかみなりが確定で繋がり、かつそのまま撃墜を狙う事も出来ます。相手のダメージをしっかり見て、かみなりが確定で入りそうであれば迷わず上投げを選択して行きましょう。

下投げ(ヒッププレス)

ピチューが基本的に掴んだら、この下投げをして行きます。試合の序盤から終盤まであらゆる%でコンボが確定するため、上強攻撃などと絡めてここから火力を稼いでいきましょう。

低%であれば下投げ→上強攻撃→通常空中攻撃、中%になってきたら下投げ→上空中攻撃→前空中攻撃へと繋げていきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(でんげき)

地上で撒けば細かくバウンドしながら、空中で出せば斜め下にでんげきを放つ。地上にいる相手へのけん制として使い、ガードやジャンプを強要させていきましょう。でんげきと一緒に突っ込み、シールドを貼らせたところを掴みに行けると火力が取りやすくなります。

ただし連続で出すと0.5%ずつダメージを受けてしまいますので、けん制として連発しているとピチューの自傷ダメージも増えて行ってしまいますので要注意です。

横必殺技(ロケットずつき)

横方向にロケットずつきを放つ。溜めれば溜める程距離と威力が増していく特徴があります。溜め無しのロケットずつきでも、ルイージの暴発ロケット並みの距離を叩き出せるため、場外に追い出されたらあえてこうそくいどうを出さず、ロケットずつきで距離を稼ぐという方法もあります。

地上戦で出すのは極力止めておいた方が良いでしょう。乱闘であれば強力な技ですが、最大まで溜めると自動で発射されるので隙を晒してしまう事になります。万が一暴発してしまった場合は、最大まで溜めて相手に当たってくれることを祈りましょう。

上必殺技(こうそくいどう)

ピカチュウのでんこうせっかよりも距離が長いため、崖からかなり距離があったとしても戻ってくる事が出来ます。ただし、相手に対する攻撃判定はありません。2回連続で出せるため、しっかり方向を定めて崖を掴んでいきましょう。

立ち回りで使う際には、崖際に追い詰められた時のライン回復手段として。終点化ステージのほぼ端から端まで移動する事が出来ますので、苦しくなったらこうそくいどうをして不利な状況を脱却していきます。

下必殺技(かみなり)

雷本体、頭上の雷雲、雷を浴びたピチューの衝撃による攻撃の3種類の判定があります。このうち、雷本体と雷雲は当ててもダメージや吹っ飛びともに期待は出来ませんが、ピチュー本体に当てた衝撃の破壊力はかなりのもの。相手を強く横方向に飛ばす事が出来るため、この衝撃波を狙って行きたいところ。

直接当てに行くのは相当難しいので、基本的には上投げからのコンボで狙って行く事になります。相手が100%を超えているようであれば、掴めるチャンスを伺い、上投げからすばやく下必殺技を出してかみなりで吹っ飛ばしていきましょう。

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!