Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ピチューで実践力を身に付けるコンボ・戦い方講座!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

このページではピチューのコンボや戦い方などをより具体的に解説をして行きます。

※文字ばかりで目が疲れてしまうかと思いますが、ピチューの基本的な立ち回りはしっかり押さえられる内容となっています。適度に休憩を入れながらゆっくりご覧頂ければ幸いです。一度に見るのは大変かと思いますので、お気に入りに登録して時間の空いた時などにどうぞ。

▼疲れ目を感じている方にはこちらがおすすめ!▼

スマホえんきん

ピチューの各技の特徴などについて知りたい方は以下のページをご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

ピチューの実用的コンボ一覧

上強攻撃(上A)(しっぽアタック)からのコンボ

・上強攻撃×n→上空中攻撃→前or後ろ空中攻撃

上強攻撃のしっぽアタックを起点にしたコンボ。吹っ飛びが弱く後隙がほとんどないので、低%帯であれば複数回上強攻撃を打ちこむ事が出来ます。上強攻撃が届かない位置まで吹っ飛ぶようになったら、上空中攻撃→前or後ろ空中攻撃へと繋いでいきましょう。

基本的にはダメージが高い後ろ空中攻撃がおすすめ。ピチュー側が相手を崖に追い詰めている状態で、崖外に追い出したい場合は反転操作の入力が加わるため難しいですが、ダメージ+展開的にも美味しいのでまずは後ろ空中攻撃に繋げる練習をして行きます。

・上強攻撃→上空中攻撃→下空中攻撃

相手のダメージが70%近くになった時に狙いに行きたいコンボ。上強攻撃を当てた後に大ジャンプで上空中攻撃に繋げ、2段ジャンプで下空中攻撃で〆る流れとなっています。

特に崖際で決まればメテオとして下方向に叩き落とす事が出来るので、相手の崖その場or攻撃上がりを一点読みしてこのコンボに繋げて行ければ理想的です。

・上強攻撃→上空中攻撃→下必殺技

こちらは相手のダメージが100%近くの時に狙って行きたいコンボ。基本的な流れは上のコンボと同じで、上空中攻撃を当てた後に急降下を入れながら下必殺技のかみなりの衝撃波を狙いに行きます。

こちらであれば崖際でなくてもどこからでも撃墜が狙えるので、ステージ中央付近で当てた時などにどうぞ。

下強攻撃(下A)(あしばらい)からのコンボ

・下強攻撃→上強攻撃×n→上空中攻撃→後ろ空中攻撃
・下強攻撃→後ろ空中攻撃

1番最初の上強攻撃からのコンボを、下強攻撃を起点にしたパターン。上強攻撃よりもさらに後隙が短く連発出来るので、近距離で相手と密着した時の暴れから起点にして行くと良いでしょう。

試合序盤は上のコンボでダメージをゴリゴリ稼いでいき、相手のダメージが100%を超えてくるようであれば下強攻撃→後ろ空中攻撃のコンボに繋げていきます。

ピチューの下強攻撃は相手のダメージが高かろうと全然吹っ飛ばないので、あらゆる%から後ろ空中攻撃へと繋げて行けます。このコンボで撃墜も狙えてしまうため、密着時に下強攻撃を入力したらすぐさま後ろ空中攻撃へと繋げる準備をしておきましょう。

通常空中攻撃(空中でA)(ピチュースピン)からのコンボ

・通常空中攻撃→ダウン→弱攻撃→横スマッシュ攻撃

相手のダメージが60%近くになった時に狙いに行きたいコンボ。登りながら通常空中攻撃を打ち、ヒットした相手がダウンをしたのを確認して弱攻撃でダウン連に繋げます。〆は吹っ飛びが強力な横スマッシュ攻撃で。

ダウン連を決めた位置や相手のダメージ次第ではそのまま1ストック奪う事も可能です。相手とシールドで見合った時など、リターン狙いの暴れとして使っていくと良いでしょう。

上空中攻撃(空中で上A)(しっぽはたき)からのコンボ

・上空中攻撃→前or後ろ空中攻撃

空中にいる相手に上空中攻撃のしっぽはたきを当て、すぐさま2段ジャンプを使って各種空中技に繋げていくコンボ。相手が前側に飛んだら前空中攻撃を、後ろ側に飛んだら後ろ空中攻撃を当てに行きましょう。

ピチューのでんげきを嫌って上から攻めてきた時などが狙い目です。

上投げ(掴んで上)(ヘディング)からのコンボ

・上投げ→下必殺技

相手のダメージが100%近くになったら狙いに行きたいコンボ。上投げで真上に打ち上げた相手に対して、すかさず下必殺技のかみなりの上部分に当てて叩き落し、かみなりを受けたピチューの衝撃波で吹っ飛ばしていくコンボ。

ピチューのメインの撃墜択の1つとなるコンボなので、積極的に狙いに行ってみましょう。

下投げ(掴んで下)(ヒッププレス)からのコンボ

・下投げ→上空中攻撃→上空中攻撃→後ろ空中攻撃

相手を0%付近で掴んだ時限定のコンボ。下投げをした後小ジャンプから上空中攻撃を当てて着地をし、大ジャンプで上空中攻撃→2段ジャンプで後ろ空中攻撃へと繋げていきます。全段ヒットすれば30%以上稼げて美味しいので、操作制度は若干難しめですが頑張って習得して行きましょう。

戦場化ステージなどの台があるステージでは、さらにアドリブコンボを決める事も出来ます。このコンボに不安が残るようであれば、下投げ→前空中攻撃で妥協をしても構いません。自信が無い時、相手のダメージが高くなってきた時などはこちらを使っていきましょう。

通常必殺技(B)(でんげき)からのコンボ

・通常必殺技→ダウン→弱攻撃→横スマッシュ攻撃

ダメージの高い相手に対して通常必殺技のでんげきを空中から当てると、ダウンを伴う吹っ飛びをします。後は通常空中攻撃のダウン連と同じ要領で弱攻撃に繋げて横スマッシュ攻撃で吹っ飛ばしていきます。

こちらも油断をして受け身を失敗した相手への撃墜手段となる択なので、適度に空中からでんげきを打ってダウン連に繋げる準備をしておきます。

ピチューの立ち回り講座

ここからは実際のピチューの対戦の中で、どのような立ち回りをして行けば良いのかについて解説をして行きます。

1.ストックでリードしたらでんげきで相手を動かす

基本的にはピチュー自身に負荷がかかってしまう電気技は封印をした方が良いですが、1ストック先行をしてピチュー側に余裕が出てきた時は話しは別。相手からしてみれば何とかしてストックで追いつく必要が出てくるので、攻め中心の読み合いに持ってくるかと思います。そんな時に強いのが通常必殺技のでんげきです。

相手が焦って突っ込んできてくれればそれで美味しいですし、でんげきで地上の立ち回りを制限出来るので相手を動かすのにも使えます。シールドで防ごうとする相手には掴みで崩したり、ジャンプで上から攻めてくる相手には引きステップなどで技をかわして反撃を取って行く立ち回りをして行きましょう。

特にピチューは体重が全ファイターで最も軽く、既に体力が150%近いようであれば相手のどんな攻撃を喰らっても撃墜されてしまうほど。こうなったら150%も160%もほとんど差はないので、惜しみなく電気技を打って当てる試行回数を稼いでいくと良いでしょう。

2.相手の隙を見て技を差しこんでいく

ピチューは身体が小さくスピーディに相手に突っ込んでいけるので、自分からガンガン仕掛けに行きたくなるものです。

ただ、体重がもの凄く軽いのと技のリーチがかなり短いので、相手と技の出し合いになった時に相打ちになったりピチュー側が一方的に喰らったりする場面も多く見られます。こうなってしまうとピチュー側が不利になりがちなので、基本的には相手に技を振らせて、その後隙を狩っていくイメージで立ち回って行くのがおすすめです。

ステップで左右に動き回りながら隙を見つけていくのも良いですし、シールドキャンセルから各種空中攻撃技に繋げていくのも良いですね。

ピチューは一度相手に触れれば、高火力なコンボでダメージを稼いでいきやすいファイターです。無理に焦ったりすると相手に早期撃墜されてしまう場合もあるので、常に落ち着いて差しこむ隙を狙って行きましょう。

3.無意味な場所での電気技は極力封印

ピチューは電気を扱うのが下手という設定から、電気を使った攻撃技を打つとピチュー自身にダメージが入ってしまう特性があります。1つ1つの自傷ダメージは少ないですが、塵も積もれば山となります。あまり意味が無い位置での電撃技は極力控えておきましょう。

空中攻撃技であれば、ここで打てば絶対に当たるだろうというつもりで打ちにいかなければ無駄にダメージを負うだけになってしまいます。

また、やってしまいがちなのが遠距離からの通常必殺技のでんげき。ただでんげきを連打しているだけでは、相手はかわし続ければ良いだけなのであまりプレッシャーにもなっていません。でんげきを1,2回打ったらダッシュで距離を詰めて、掴みや上強攻撃などの電気を伴わない択を取って行くなどの立ち回りをして行きましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



4.高%の相手は奇襲をかけて掴んでいく

ピチューの上投げからの下必殺技のかみなりは非常に強力。投げからのコンボで直接撃墜まで狙えてしまいます。掴んでから掴み打撃を入れてしまうと相手にずらす余裕を与えてしまうので、基本的には掴んだら即上に投げてかみなりを狙いに行きます。

また、いつ掴むかも大切です。例えば相手が攻撃をしてきたところをシールドキャンセルから掴んでも、相手は上投げかみなりを警戒しがち。

おすすめなのはステップなどで相手を揺さぶりながら、不意のダッシュ掴みで奇襲をかけてすぐさま上に投げる方法。これであれば意識外から掴みが飛んできますので、相手からしてもずらすのは相当な反射神経が無いと難しいはず。技をかわした後だったり、ピチューの攻撃を警戒してシールドに意識を割いている時などに狙いに行くと良いでしょう。

一応ずらされてもピチュー側が見てからかみなりを当てる事も出来ますが、操作制度が難しく安定するまでにかなり時間がかかります。まずはこのかみなりの当て方からマスターして行きましょう。

5.常にダウン連が出来る状況を見つけていく

ピチューはダウン連がかなり狙いやすいファイター。主な起点となる技はコンボのコーナーでも紹介した通り、通常空中攻撃と通常必殺技。ダメージが溜まって来た相手には、常にこの2つの技を当てていつでもダウン連に繋げられる準備をしておくのをお忘れなく。

通常空中攻撃やでんげきなどを打ったら、基本的には突っ込んで行って弱攻撃を入れ込んでいきます。ダウンしていればそのまま〆の横スマッシュ攻撃に繋がりますし、受け身を取られていても弱攻撃であれば後隙が全然無いのでリスクもそこまで大きくはないです。

相手がダウン連対策バッチリでどんな状況でも確実に受け身を取ってくるプレイヤーだと認識出来たら、あえてダウン連を狙わずに回避で逃げた先に横スマッシュ攻撃などを置いておくのもピチューのおすすめな立ち回りの1つです。

VIPに行くためのピチューの参考動画

以上を踏まえた上でのVIPマッチでのピチューの対戦動画となります。ピチューの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

⇒ピチューのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!