Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ピカチュウで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのピカチュウの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのピカチュウの評価は?

飛び道具として相手の立ち回りを制限しやすいでんげき、ピカチュウのちょこまかとした動きから繰り出される上強始動のコンボはとても強力。小柄な体型と言う事もあり、でんこうせっかなどを上手く用いて立ち回れば相手の攻撃を貰う事なく、こちらが一方的に技を当てる立ち回りも出来てしまいます。戦場を縦横無尽に駆け回り、相手に指一本触れさせない勢いで逃げ回りながら戦っていきましょう。

しかし、一発一発の火力は他のファイターよりも乏しいので、しっかりとトレーニングモードなどでコンボを繋ぐ練習をしておかないと実践で勝つのはなかなか難しい。上強からのコンボをきちんと覚えられれば、低~中%でもしっかりとコンボ火力を叩き出せるようになるため、コンボを覚えたピカチュウは相手にとって脅威に感じる事は間違いないでしょう。

逃げの択がある程度存在し、的確にコンボ火力を取って行きたい方にピカチュウはおすすめです。

このページはピカチュウの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

VIPマッチでのピカチュウの対戦動画となります。ピカチュウの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(ずつき)

攻撃ボタンを押しっぱなしにしておけば、連打出来ますのでこの出し方で技を当てて行くのが基本。どのファイターよりも回転率の良い弱ですが、相手を飛ばせない上にリーチは心もとないので暴れとして多用するのはあまりおすすめは出来ません。

ピカチュウの頭突きのリーチ外から強烈なスマッシュ攻撃が飛んでくる事も。相手が崖を掴んでいる際、ジャンプ上がりとその場上がりを狩る択として置いておくのが、この技の有効な使い方になります。

横強攻撃(りょうあしげり)

電気をまとった脚で両足で相手を蹴り飛ばす。弱よりもリーチが長く吹っ飛ばせるため、弱攻撃を狙うのであれば基本的にこちらを取り入れていきましょう。

ただ、やはりリーチは短いため連発は禁物。何回も連続で出すのではなく、技が当たらなかったら間合いを仕切り直すために一歩引く事も大切です。

上強攻撃(しっぽアタック)

ピカチュウの地上からのコンボの起点となる重要な技。身体が密着している状況であれば、相手がピカチュウの前後どちらにいてもしっぽアタックがヒットします。

0%からでも上強攻撃→上強攻撃のコンボが確定で繋がりますし、2回目の上強攻撃が繋がらない%帯になっても、上強攻撃→各種空中攻撃が繋がります。地上で暴れる場合はどの攻撃よりも、まずこのしっぽアタックを当てる事を心がけて行きましょう。

狙い目としては、ピカチュウが空中から攻撃した後隙を誤魔化すように使ったり、ダッシュからおもむろに押し付けて行くのも良いですね。

下強攻撃(あしばらい)

吹っ飛びが低く、ベクトルが低いので高%で地上で当たった相手は受け身を仕込んでおく必要があります。受け身を失敗した場合、ダッシュ攻撃や横スマッシュ、上スマッシュなどを打ち込む読み合いが発生しますので、相手の動きをよく読んで起き上がった先に攻撃を狙って行きましょう。

低%であしばらいを当てれば、一定確率で相手は転びます。そこから掴んで火力を取れるようになると、かなり試合運びは楽になるはずです。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(ジャンプずつき)

相手のお腹目がけてピカチュウがジャンプ頭突きを喰らわせていく技。頭突きの出始めを当てた時の吹っ飛びはなかなか難しいのもので、相手の%が高ければそのまま撃墜も狙って行けます。

相手の着地を狩ったり、後ろ側に回避をする行動を読んで狙って行けると強いです。

横スマッシュ攻撃(ショートでんげき)

電気を溜めた赤いほっぺから、強烈な電撃を浴びせて相手を吹き飛ばす。電撃を当てる位置によってはダメージと吹っ飛ばし力が変わり、根元が弱く先端過ぎてもカス当てになってあまり飛ばないのが特徴。

電撃が1番大きい部分であれば物凄い勢いで飛んでいくため、相手の崖上がりを狙う時などはこの部分でクリティカルヒットを狙って行くのが正しいショートでんげきの使い方。ガードをさせてもなかなか反撃を取るのが難しいため、相手の%が溜まったら積極的に狙ってみましょう。

持続がかなり長いため、空中に浮かした相手の着地点を読んで置いておくのも効果的です。

上スマッシュ攻撃(しっぽサマーソルト)

サマーソルトで攻撃。ピカチュウの小さい身体から繰り出されるため弱そうではあるが、吹っ飛ばす力はなかなかのもの。相手の着地狩りやダッシュやステップに合わせるように当てられると、ピカチュウ使いとしてかなりの腕前。

通常必殺技であるでんげきを撒いて、相手の回り込みや後ろ回避を誘って狙ってみるのも面白い使い方。

下スマッシュ攻撃(ねずみはなび)

ピカチュウを中心にぐるぐると電撃を浴びせて攻撃。前後に攻撃判定はあるものの、スマッシュ攻撃の中でもリーチが短く攻撃の後隙がとても長いため、立ち回りとして使うのは正直おすすめ出来ません。

ただ吹っ飛ばしは強くベクトルがほぼ真横であるため、崖に掴まっている相手のその場or回避上がりを読んで撃墜手段として置いておくのは強いです。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ピカチュウショック)

電撃を身にまとって相手に体当たりをする技。スマブラSPになり技の仕様が大きく変わりました。ミュウツーに似てますね。リーチは短いですが、相手とシールドを貼った気まずい状態からの脱出方法としてはかなり強め。

相手がシールドを解けばそのまま技が当たりますし、そうでなくても多段技で相手は反撃が取り辛いです。主に小ジャンプから狙って行き、上強攻撃と合わせて地上での暴れの立ち回りの軸として行きましょう。

前空中攻撃(でんげきドリル)

ドリルのように回転して相手を押し出す多段ヒット技。主に大or小ジャンプから置き技として狙って行き、相手にジワジワとプレッシャーを与えて行きましょう。

横方向に判定が伸びるため復帰阻止としても優秀。復帰を狩るのであれば、でんげきドリルを押し付けて行きましょう。多段技なので、相手の復帰ルートに置いておくだけでも当たってくれる事は多いです。

後ろ空中攻撃(グライダー)

グライダーも空中前攻撃と同じく多段ヒット技。ピカチュウは空中攻撃技が連続で攻撃出来るものが多いのが特徴。巻き込み性能が良く、浮かした相手や空中から攻めの起点を作ってこようとする相手を咎める択として結構強い。

着地時の姿勢が低くなるため、一部ファイターの反撃としての掴みが通らない事もあります。

上空中攻撃(しっぽはたき)

上方向に向けてしっぽではたいて攻撃する技。ダメージこそ弱めに設定されていますが、回転率とリーチがそこそこ良いため真下を取った時には立ち回りに取り入れていくのが大切です。

上強攻撃からのコンボとしても使え、ピカチュウが火力を取る時に重要な役割を果たしてくれます。一発のダメージが低いピカチュウにとって、こうしたコンボで火力が取れるのと取れないのでは大きく試合結果に関わってきますので、是非ともマスターしておきたいところ。

下空中攻撃(でんげきスクリュー)

出始めのクリティカル部分を当てれば、相手を下に吹き飛ばすメテオ判定となります。上必殺技に攻撃判定が無いしずえなどのファイターに狙ってみましょう。

小ジャンプから最速入力で出した場合は、1回しか攻撃判定がありませんが、攻撃の持続中に床に触れる事で衝撃波によるダメージも与えられます。本当てを相手にシールドされた場合は、掴みなどを拒否するため下入力して衝撃波を当てるのも作戦の1つ。

各種投げ攻撃

前投げ(でんき投げ)

背中に相手を担いで前に投げる。崖付近でシールドを固めている相手に投げとして崩していきましょう。

後投げ(じごくぐるま)

投げる際に1回転してから投げるため、相手をより崖に近づけた状態で投げられる。場外に追い出した後は空中前攻撃などで追撃の用意を。

上投げ(ヘディング)

ヘディングをして上に投げ飛ばす。高%で相手がどこにもずらしてこなかった場合、上投げ→(ジャンプ→)下必殺技が確定として入り、早期撃墜も狙って行けます。0%からでも空中上攻撃などのコンボとして入るため、掴みが成功したら上に投げてガンガン火力を取って行きましょう。

下投げ(ヒッププレス)

こちらもピカチュウの投げコンボの始動として優秀な技。下投げからであれば、空中前攻撃などのコンボに繋ぐ事が出来る。たまにはこちらの投げにして、OP管理をして行くのも大切。

各種必殺技

通常必殺技(でんげき)

飛び道具としてでんげきを撒き散らす。地上の場合小さくバウンドするように跳ね、空中で出した場合は斜めの軌道で飛んでいく性質があります。これを特徴を活かして、基本的にはジャンプをして空中から撒くのがおすすめの使い方になります。

地上と空中ででんげきの挙動が変わるため、慣れている相手でも完璧に対処するのは難しいです。リーチが短いピカチュウは相手に攻めを強要させるのが強いので、このでんげきは立ち回りの軸になってきます。覚えておきましょう。

横必殺技(ロケットずつき)

最大まで溜めれば強力な吹っ飛びを誇りますが、1on1の対戦ではまず相手に当たりません。乱闘向きの技ですので、タイマンで使うのは控えておきましょう。

その代わり復帰技として使えます。上必殺技を出すとそのまま尻もち落下になってしまいますが、横必殺技は横に距離が稼げる上に尻もち落下になりません。場外に追い出されたら、後隙の反撃を貰わないと判断出来たらロケットずつきの復帰、その後上必殺技の復帰の順に使っていきましょう。

上必殺技(でんこうせっか)

とにかく早いため、技の発生中を狙って反撃を取るのは相当な熟練者でなければかなり難しいです。復帰技以外にも、崖に追い詰められた時の逃げの一手として立ち回りに組み込む事が出来ます。

ただし、同じ方向に2回続けて繰り出す事が出来ないため、2連続で上に行きたい場合は上方向→斜め上方向、横に行きたい場合は横方向→斜め横方向とスティックをずらす必要があります。

下必殺技(かみなり)

真上からかみなりを落とす。雷そのものの威力は弱いですが、ピカチュウが雷を浴びた時に発生する衝撃波が非常に強力で、横方向に強く吹っ飛ばせます。そのため、かみなりを使う時はこの衝撃波を狙って行きたい所。

主な使い方は、上投げからの急襲コンボとして。不意にダッシュ掴みから最速で上投げを出し、相手にずらす時間を与えなければそのままかみなりが確定で繋がります。

⇒ピカチュウのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!