Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ピクミン&オリマー(ピクオリ)で勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのピクミン&オリマー(ピクオリ)の立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのピクミン&オリマー(ピクオリ)の評価は?

オリマーは主に指揮官。ピクミン&オリマーの主戦力となるのはピクミンです。赤、黄、青、白、紫の5色があり、それぞれによって技が強かったり投げが強かったりと能力が変わってきます。(詳しくは以下の通常必殺技の欄から)

火力を稼ぎたい時にはこの色、投げで倒したい時にはこの色、と言った感じで、状況によってピクミンを使い分けが出来るのがピクミン&オリマーの最大の魅力となっています。もちろんピクミンは捨てる事も出来るので、1つの色を2つ以上揃える事だって可能です。

ただし、それぞれの色の特徴を理解しておく事はもちろんですが、それを常に変化する試合状況で的確に判断する能力が備わっていないと、ピクミン&オリマーの強みを最大限に活かす事が出来なくなってしまいます。適当にピクミンを揃えるのではなく、状況に応じた強いピクミンを揃えられるようになれば、ピクミン&オリマーで今よりも勝ちやすくなるはずです。

頭をフル回転させながらスマブラをしたい方に、ピクミン&オリマーは向いていると言えるでしょう。


スポンサーリンク



★☆Youtubeでの動画投稿を再開しました!☆★
  • 各キャラのコンボ
  • 各キャラの戦い方
  • ダウン連やベク変などの仕様
  • キャラ対策動画

などなど、VIP到達を目標としている方に向けたコンテンツをお届けしていく予定です!
今までは発売後数カ月ちょっとのテキストだけの内容でしたが、今後はより濃い内容の解説動画を投稿していきます。分かりやすく、見やすいをモットーに頑張ります。
目指せ全キャラVIPPER!
皆さまのチャンネル登録が励みになります。何卒よろしくお願いします!

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(オリマーパンチ→オリマー連続パンチ)

オリマーは身体が小さいですが、パンチの際に腕が伸びるため意外と届かないと思っていても当たってくれる場合が多いです。主に近距離での暴れとして使っていくのがおすすめです。

ヒットした後は絶妙な位置に吹っ飛ぶため読み合いに持っていきやすいです。そのままダッシュ掴みで火力を取りに行くのも良いですし、ダッシュ掴み読みで回り込んで来たとこに横スマッシュ攻撃を置いたりなどしてガンガン読み合っていきましょう。

横強攻撃(オリマー突き)

リーチは弱攻撃よりもほんの少しだけ長いくらいで、技の発生は強攻撃の中ではかなり遅い部類となっています。ただ、当たりさえすればスマッシュ攻撃並みの威力があり、100%近く相手がダメージを喰らっているようであれば、崖付近で当てると撃墜を狙って行く事も出来ます。

発生の遅さを逆に利用して、シールドを貼っている相手に対して振ってみて、掴みなどシールドを解いたところに刺さると美味しいです。基本的には崖際に追い詰めた相手に対して、空中から透かし着地をして打ってみたり、回り込み回避読みで後ろにステップを踏みながら打ったりと言った方法があります。

上強攻撃(竜巻ジャンプ)

地上で回転をしながら飛び上がる攻撃。巻き込み性能が比較的高く、密着している状態の相手に対して狙って行くのが一般的。

前側だけでなく後ろ側にも攻撃判定があるため、ピクオリがどちらを向いているか分からなくなった時などの暴れとして狙ってみましょう。与えられるダメージこそ少ないですが、中%では上強攻撃→上空中攻撃に繋がり火力を稼ぐ事が出来ます。

下強攻撃(低空頭突き)

相手の足元を目がけて頭突きをしながら突き進む。見た目以上にリーチが長く、オリマー2体分ぐらい離れている相手にも頭突きを喰らわせる事が出来ます。発生も早く後隙もそれなりに少ないため、近距離での暴れや少し離れた位置にいる敵に対する置き技として機能してくれます。

ヒットするとほんの少し浮くため、%によっては上強攻撃や前空中攻撃などのコンボに繋げていく事も可能です。地上でステップを踏みながら様子見をしてくる立ち回りの相手に対して、こちらに向かってくるステップに低空頭突きを合わせて行くのが理想です。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(側転キック)

側転をしながら相手を巻き込んで攻撃する2段ヒット技。見た目によらず2段ヒットすると13%と結構稼げるため当たると美味しいです。

ピクオリは掴みが強いのであまり積極的に狙いに行く技ではないですが、狙いに行くとすればステップを踏みながら相手を揺さぶった後などがおすすめです。ヒット後は上方向に浮かせる事が出来るので、上空中攻撃などを狙いに行きましょう。

横スマッシュ攻撃(ピクミンロケット)

ピクミンを真横に飛ばすスマッシュ攻撃。根元であるほど威力は高くなりますが、とにかくピクオリの技の中でもリーチが段違いに長いので、置き技として使ってみるのも案外機能したりします。主にダッシュやステップなどを使って間合いを計りながら、相手が隙を晒すのを読んで横スマッシュ攻撃を狙いにいきましょう。

どのピクミンで当てても強いですが、基本的には赤か紫を当てに行くのがおすすめ。赤はダメージが高く、スマッシュを溜めなくても24%近く入りますし、紫はリーチこそ短いものの密着距離で当てればとんでもない吹っ飛ばしを誇ります。

上スマッシュ攻撃(ピクミンジャンプ)

リーチは横スマッシュ攻撃と比べると劣りますが、上スマッシュ攻撃のピクミンジャンプはとにかく色んな場面で使える優秀な技。

もちろんスマッシュ攻撃なので撃墜にも使えますが、試合序盤のコンボ要因としても使えます。技を出した後の隙があまりないので、上スマッシュ攻撃→上空中攻撃などがコンボとして繋がり、一連の流れで30%以上稼ぎだす事が可能です。

対空として使っていくのも良いですが、強気に近距離を仕掛けに行っておもむろにぶっ放してみるのもおすすめです。当たりさえすれば火力は高いので、試合展開で有利になったらガンガン狙いに行くと良いでしょう。

下スマッシュ攻撃(ピクミン左右ダッシュ)

前後同時にピクミンを発射させて攻撃をします。範囲が割と広いので、相手と地上で読み合っている時などに突然ぶっ放してみるのも良いですね。根元で当てた時の方が威力は大きいですが、誤魔化しの択としてもかなり強いので、とりあえず状況を打開したい時などになかなか便利です。

ピクミン&オリマー自身が強気に回り込み回避から仕掛けに行くのも良いですし、逆に回り込み回避癖のある相手に対して置きとして打ってみるのも機能するはずです。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(竜巻アタック)

上強攻撃のように、オリマーが空中でくるくる回転をしながら相手を巻き込んでいく。リーチは他の空中攻撃と比べると短いですが、多段ヒット技で巻き込み性能が高いため、主に相手と空中で重なった時などに打ちに行くのがおすすめです。

また、地上で1~2段目を当てて着地するような打ち方をすると、相手を微妙に浮かせたまま着地の隙を消す事が出来ます。これを利用して通常空中攻撃1段止め→上強攻撃などのコンボに繋がるため、火力を稼ぎたい時などにも使えるので覚えておくと良いでしょう。油断している相手には、横スマッシュ攻撃などが当たる場合もあります。

前空中攻撃(ピクミンはたき)

ピクミンを上から下へ振り下ろすような技。非常に使い勝手がよく、小ジャンプから相手に対して差し込んで行ったり逆に差し返しとして使うなど、ピクミン&オリマーの立ち回りに無くてはならない攻撃になります。

地上の相手にけん制として振るのも良いですし、ジャンプが多い相手にあらかじめ振っておくのも効果的な使い方。相手に近づきピクミンはたきを振って行き、プレッシャーを与えながら火力を稼いでいきましょう。

後ろ空中攻撃(ピクミンふりはらい)

前空中攻撃とは違い、ピクミンを下から上へ振り上げて行きます。発生は若干遅めではありますが、吹っ飛ばしはこちらの方が強いので、後ろ空中攻撃はダメージが溜まった相手への撃墜手段として使っていくのが良いでしょう。

打ち方自体は前空中攻撃と同じ。地上にいる相手に先端を意識して振ってみたり、空中にいるようであれば大ジャンプから合わせに行ったりなど。横必殺技のピクミン投げで徐々ラインと体力を奪っていき、相手の癖が出やすい崖付近で確実に狩っていけると良いでしょう。

上空中攻撃(ピクミントルネード)

クッパJr.の上空中攻撃のように、空中である程度連発する事が出来ます。これを利用すれば、低%の相手には上空中攻撃×2のコンボに繋がり、序盤で高火力を稼ぎ出す事が出来ます。起点は主に上スマッシュから。上手く繋がれば一度に40%は稼げるので、隙あらば上スマッシュ攻撃を狙いに行って上空中攻撃へと繋げていきましょう。

また、後隙が少なく小ジャンプから最速で出せれば着地する事なく2段ジャンプが出せます。相手が小ジャンプで様子見をしている事が多いようであれば、ダッシュから小ジャンプ上空中攻撃を叩き込んでみるのもおすすめです。

下空中攻撃(ピクミンメテオ)

ピクミンを真下に突き出す事により、クリーンヒットをすればメテオとして相手を下方向へ撃墜する事が可能です。ネスの下空中攻撃とは比べ物にならないぐらい発生が早いので、自分が「ここだ!」と悟ったタイミングでメテオを狙いに行けるのが嬉しいポイント。

上手く決まれば一気に試合の流れが決まる可能性もあるため、崖下から復帰してくるような相手に対してはピクミンメテオを強気に狙ってみると良いでしょう。

各種投げ攻撃

前投げ(ピクミン前投げ)

相手を崖付近に追い詰めた時に掴んだら、前投げをして場外へと吹っ飛ばしていきましょう。

後ろ投げ(ピクミン後ろ投げ)

崖を背負わされてしまったら後投げをして、逆に相手を外へ投げ飛ばしていきます。青の後投げは撃墜も狙えるため、ピクミンの色調整をしておくと良いでしょう。

上投げ(ピクミン上投げ)

相手を上方向へ投げ飛ばす技。こちらも青ピクミンであれば120%付近から撃墜が狙えるため、試合中に青ピクミンを揃えておいて掴むチャンスを狙いに行けると勝率は高まるはず。

下投げ(ピクミン下投げ)

ピクミン&オリマーが相手を掴んだら基本的には下投げをして行きます。投げた後は前空中攻撃などのコンボに繋げて、ガンガン火力を稼いでいきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(ピクミンひっこ抜き)

オリマーの欠かせない戦力であるピクミンを引っこ抜きます。最大3匹まで。抜ける順番は決まっており、赤→黄→青→白→紫となっています。それぞれの色に応じて特徴が変わってくるため、戦況に応じた色を揃えて行くように心がけて行きましょう。各色の特徴を大雑把に説明をしますと、

赤→火力が高いですが投げの威力は低め
黄→威力は普通ですが判定が強い
青→威力は普通で投げの威力が強い
白→技や投げは弱いですが掴み打撃や横必殺技が強い
紫→リーチは短いですが威力が強め

となります。ダメージソースとしては、最も安定しているので赤ピクミンを使っていくのが良いでしょう。

お互い遠距離戦のジリ貧な展開になった時には白ピクミンを投げてじわじわダメージを稼ぎに行ったり。最終的には撃墜を狙って行きやすい青ピクミンと紫ピクミンを揃えておくのが最も安定しやすいピクミンの並びとなります。

横必殺技(ピクミン投げ)

後ろに付いてきているピクミンを相手に投げつける攻撃。相手に貼りつく事でぺちぺち叩いてダメージを与えていき、白ピクミンが貼り付いた時が最もダメージを稼ぐ事が可能です。例外として紫ピクミンのみ、貼りつかずに直接攻撃をして吹っ飛ばす特徴があります。

主に相手と距離が離れている時のけん制として、少しでもダメージを稼ぐために投げて行きます。特に白ピクミンが先頭にいる時は、相手の様子を観察しながら横必殺技を打って貼りつけていくのがおすすめです。

ただし、ピクミンを全部投げてしまうと、手元にピクミンが残らないため攻撃の手段がなくなってしまいます。頃合いを見て下必殺技を使って回収して行きましょう。

上必殺技(羽ピクミン)

オリマーを復帰させるために、羽ピクミンが頑張ってステージ上へと連れて行きます。この時に連れているピクミンの数が多くなるにしたがって、復帰の速度が遅くなり距離が短くなってしまいます。

かなりステージ下へと飛ばされてしまった場合は、横必殺技でピクミンを捨ててから羽ピクミンで復帰をして行くのがおすすめです。途中で攻撃を入れれば復帰をキャンセル出来るので、あえて崖を掴まらず上から復帰して通常空中攻撃で戻る、と言った復帰ルートもあります。

下必殺技(ピクミン整列)

笛を吹く事で、遠くに離れているピクミンをオリマーの元へ戻す事が出来ます。主に横必殺技で飛ばした後の回収として使っていくと良いでしょう。或いは笛を吹く事でピクミンの並び順を変える事も出来るため、好みの色を先頭に持ってきたい時にも使えます。

また、これは中~上級者向けですが、笛を吹く瞬間に相手の攻撃を耐える事が出来るアーマーの判定があります。これを上手く利用して、主に着地狩り拒否の択として使っていき、相手の攻撃を耐えた後にスマッシュ攻撃で返り討ちにすると言った使い方も出来るため、ピクミン&オリマーの操作に慣れてきたら狙ってみてはいかがでしょうか。

⇒ピクミン&オリマーのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!