Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ロイで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのロイの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのロイの評価は?

とにかくスピード感のある試合をしたいのであれば、私がおすすめするのは間違いなくロイです。地上のダッシュのスピードもさることながら、空中での横移動の性能も良いため、あらゆる角度から空中前攻撃や横必殺技などを差し込んでいく事が可能です。

マルスと違って先端こそ威力は弱いものの、根元で相手を捉え続けた時の火力はかなりのもの。ずばずばと相手に攻め込んで行けるため、上手く噛み合えばこれ程気持ちのよいファイターはいないでしょう。

ただし、あまりにもスピードが速すぎるため、慣れていないと操作が追い付かないなど、自分のやりたい事が出来ないファイターでもあります。場外に深追いし過ぎて自滅する事も何度かある事でしょう。しっかりと使い込んでロイの動きを身体に染みこませておく必要があります。

スピード感重視でガンガン攻めたい、そんな方にロイがおすすめです。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(リフトスラッシュ)

ある程度連打が利く単発技の弱攻撃。近距離で相手と密着している時などに使っていきましょう。回避で近づくよりも、空中攻撃を振りながら近づき、シールドが削れている相手に対してスラッシュを連打して行くイメージです。根元でヒットすればそこから色んなコンボに繋がるため、割と強引にでも狙って行く価値はあります。

ヒット後は0%付近であれば、弱攻撃→横必殺技に、弱攻撃で浮くような%になったら弱攻撃→前空中攻撃で火力を取りに行きましょう。

横強攻撃(オーバーバッシュ)

リーチは剣キャラの横強攻撃の中では短めで、先端に当ててもほとんど吹っ飛ばす事が出来ません。そのため、置きに行くというよりは近距離から強気に暴れる択として通していく使い方がおすすめです。こちらも弱攻撃同様、空中攻撃をガードされた状態からシールド解除読みや、透かし着地などから打っていくと良いでしょう。

密着状態かつ崖際であれば、一般的なファイターの溜め無しスマッシュ攻撃並みに飛ばす事が出来ます。

上強攻撃(アンチエアスラッシュ)

前方→上空→後方に向けて剣を振る技ですが、やはり先端付近は威力が弱いため、マルスのように対空としては機能しません。

また、相手と身体が密着している状態であったとしても、前方の判定はカス当たりになってしまう事が多いです。そのため、狙うとするならばロイの後方にいる敵に対して。上空中攻撃などを相手の上から被せるように振って行き、めくったところを上強攻撃で誤魔化していくといった感じです。

吹っ飛ばしはなかなか強力であるため、ダメージが溜まっていれば撃墜する事も可能です。

下強攻撃(ロースラスト)

弱攻撃と同じくらいの速度で連打する事が出来るうえ、こちらの方が弱攻撃よりもリーチが長いため、置きとして使いたい時などにロースラストを。ただ、根元で相手を捉えても他の強攻撃ほど吹っ飛ばす事が出来ないため、下強攻撃を打つくらいであれば横強攻撃や上強攻撃で事足りる場合が多いです。

ただ、地上で当たれば相手は低く飛び、70%程度で受け身をミスしてダウンするとダッシュ攻撃に繋がるため、一応頭の片隅には入れておくと良いでしょう。復帰時に頭が出るように復帰をしてくる相手にも有効です。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(レイドダウン)

Aボタンを押してから技が発生するまでに若干時間がかかりますが、根元で的確に捉えた時の破壊力はバツグン。ダッシュしながら打てるスマッシュ攻撃みたいなもので、100%を超えていれば撃墜も視野に入るため、チャンスを見つけて差し込んでいきたいところ。

地上からダッシュやステップをして揺さぶりながら、相手が技を出した後隙を狩るイメージで当てて行くのが理想です。ただし後隙が大きいため、ロイ側のダメージが高い時は狙うのは慎重に。ぶっ放したい時は崖際に追い詰めた際などにどうぞ。

横スマッシュ攻撃(パワースマッシュ)

密着時にクリティカルが当たれば、とんでもない勢いで相手を吹っ飛ばす事が出来ます。回り込み回避からぶっ放していくよりかは、相手の回り込み回避を誘って後ろにダッシュしながら置いて噛み合わせるイメージで使っていくと、リスクは少なめで大きなリターンを狙えます。

じわじわとラインを詰めていき、空中前攻撃や横強攻撃でシールドを削った後、回避1点読みで狙いに行きましょう。

上スマッシュ攻撃(フレイムソード)

ロイの上スマッシュ攻撃は多段ヒット技なので、ドンピシャのタイミングで合わせる事が出来なくても持続が噛み合って最終段まで繋げることが可能です。狙う場面は主に着地狩りとして。2段ジャンプや空中で回避を消費した相手をよく観察して、着地をする地点に置いておく感じで使っていくと当てやすいです。

ただし、地上で相手にシールドを貼られてしまうと、スマッシュ攻撃などの反撃を貰う危険もあるため、何度も狙いに行くのはおすすめ出来ません。撃墜を狙いたいここぞというタイミングで見せて行く事が大切。

下スマッシュ攻撃(ワールウインド)

前後に攻撃する技で、後ろの根元付近で当てた時が1番強力。回り込みが多い相手に置きとして使っていくのも良いですが、おすすめはダッシュからブレーキをかけておもむろにぶっ放していく狙い方。

ロイがダッシュしてくると、ダッシュ攻撃や前空中攻撃など、前方向に強力な技を意識するようになるため、無意識のうちに回避をしたくなる心理が働きます。それを逆手にとって下スマッシュ攻撃裏当てを狙って行く訳です。相手が撃墜%の時や、ストックでリードしている時などに使ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ダブルスラッシュ)

空中で2回連続で剣を振り回して攻撃する。持続も長いため、ロイの空中横移動の性能を活かして小、大ジャンプから強気に攻める感じで置いておくと良いでしょう。地上で読み合う事が多い相手に対しては小ジャンプから、ジャンプで様子見をしてくる事が多い相手には、大ジャンプから下りで狙って行くと当てに行きやすいです。

着地の後隙がほとんどないため、攻撃が当たらなかった場合は回避で逃げるほか、弱攻撃でリターンを狙いに行くのもおすすめです。1段目のみを地上の敵に当てると若干浮くため、上強攻撃などのコンボに繋げる事も可能です。

前空中攻撃(フラッグカット)

小ジャンプなどから相手に近づいて、根元付近を当てるように狙って行きます。小ジャンプからガンガン攻めている時の地上での制圧力はとんでもないですので、相手がひよって守りに入り始めたら空中前攻撃を積極的に振って行ってさらにプレッシャーをかけに行きましょう。

通常空中攻撃同様後隙がほとんどなく、小ジャンプから最速で出せば2段ジャンプを出す事が出来ます。差し込み方などが分からなくなったら、とりあえずフラッグカットをぶんぶん振っても問題ありません。

回転率の高さ、吹っ飛ぶベクトルが低い事を利用して復帰阻止としても活用できます。

後ろ空中攻撃(アッパースイング)

下から上へと剣をすくいあげる技で、主に空中に浮いている敵へと追撃手段として狙って行きたいところ。ロイの空中での横移動はかなり移動しますので、2段ジャンプから急速に近づいて奇襲を掛けに行くのがおすすめです。

前空中攻撃よりもこちらの技の方が吹っ飛ばす力が強いため、崖際などではアッパースイングを打っていくと良いでしょう。

また、技を振った後は向きが変わるため、アッパースイングを打った後にフラッグカットを連打して行く使い方をすると、相手としてはなかなか対応し辛い。数うちゃ当たる精神でガツガツ攻め込んでいきましょう。

上空中攻撃(ルナスラッシュ)

追撃として相手の真下を取って狙いに行く他、地上でシールドを貼っている相手への暴れとしてもなかなか強い技。後隙が無く相手を上へと浮かす事が出来るため、そこから上強攻撃をコンボとして繋げてみたり、さらに空中上攻撃などで追い打ちをかける事も可能です。

小ジャンプからおもむろに近づき、ルナスラッシュを起点として火力を稼いでいきましょう。シールドをされていた場合は、その場回避でやり過ごしたり弱攻撃をこすっておくと反撃を貰いづらくなります。

空中下攻撃(メテオドロップ)

1点で空中にいる相手を捉える事が出来れば、メテオ技となり真下へと飛ばす事が出来ます。横から復帰してくる相手には狙うのが難しいので、下から復帰してくる相手に崖降りから狙って行くと良いでしょう。

前空中攻撃などで予め横からの復帰を潰す択を何度も見せておけば、下から帰ってくる安定択を取ってきやすいのでそこを狩るイメージです。

また、地上からの吹っ飛ばしもなかなか大きいので、浮かされた時に相手のダメージが高いようであればメテオドロップで暴れながら着地してみても良いかもしれません。

各種投げ攻撃

前投げ(エルボーバット)

相手を崖に追い詰めた状態で掴んだのであれば、ロールオーバーで場外へと追い出していきましょう。

また、投げた後のロイ側の硬直が短くかつベクトルが低いので、ステージ上で相手が受け身を失敗した時にはダッシュ攻撃が繋がります。相手が20%前後の時に狙ってみましょう。

後投げ(レッグフッカー)

吹っ飛ばす力は弱いですが、投げた後の硬直が大きいためコンボには繋がりません。ロイ側が崖を背負わされた時に掴んだらこちらを。

上投げ(キャスティング)

相手を上方向に飛ばしてリターンを狙いたい時には上投げを使っていきましょう。相手のダメージが高ければ、キャスティングからそのまま撃墜も狙う事が可能です。

下投げ(グラブドロップ)

相手を地面に叩きつけてバウンドさせる。この技からコンボが繋がりますので、ロイが掴んだら基本的には下投げを選択して行きましょう。0%付近であれば下投げ→上強攻撃、それ以降の%では空中前or上攻撃などがコンボとなります。

各種必殺技

通常必殺技(エクスプロージョン)

溜めれば溜めるほど威力は増していく。溜めている途中でもBボタンを押しながらスティック入力をすれば向きを変える事が出来るので、相手が回り込み回避をしたようであればロイも向きを変えていきましょう。

最大まで溜めれば相手が0%からでも撃墜出来るほど強力な技ですが、ここまで溜めたエクスプロージョンが当たる事は滅多にありません。

狙い目としては、相手が復帰をして崖に掴まりそうな瞬間から溜めはじめ、相手の崖上がりのタイミングを読んで当てに行くのが主な使い方となります。上手く合わせられればどの上がり方でも狩れますので、狙いを澄ませて行きましょう。

横必殺技(マーベラスコンビネーション)

最大4連続で相手に斬りかかる事が出来る技。1段目以外はスティックを上下に倒せば攻撃を変化させる事が可能です。基本的には最終段を下にして火力を稼いでいき、ダメージが高くなってきたら横に切り替えるなど臨機応変に繰り出していきましょう。

連続して技を出す事が出来ますが、途中でキャンセルした場合でも後隙は長く狩られやすいです。そのため、Bボタンを連打してばかりではなく、時にはボタンを押すタイミングをずらして相手に掴みなどの反撃を貰わないようにする工夫も必要になってきます。

上必殺技(ブレイザー)

ブレイザーが発動する際に、スティックを倒す事で飛んでいく方向を若干変更する事が出来ます。上に距離を伸ばしたい時はそのままで、横に距離を伸ばしたい時には横方向にスティックを倒しておきます。

ただ、意外と復帰をするのが難しく、きちんと角度を合わせて打たないと崖に掴まってくれない事も多いです。まだロイの操作に慣れていないようであれば、ブレイザーで的確に復帰出来るように練習しておくと良いでしょう。

横方向への復帰時に、横必殺技のマーベラスコンビネーションが暴発してしまわないよう注意。

下必殺技(カウンター)

カウンターを構えている最中に相手の攻撃を喰らうと、貰った技の威力を大きくして相手に攻撃する。相手のスマッシュ攻撃などの大振りな技をカウンター出来れば、低%からでも撃墜を狙って行く事も可能です。

ただし、何度も使っていると相手に読まれてしまうため、ここぞの場面で見せて行くのがおすすめです。キングクルールのように、飛び道具を反射する事は出来ません。

⇒ロイのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!