Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ウルフで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのウルフの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのウルフの評価は?

とにかくウルフはガン攻めという言葉が似合うファイター。ダッシュ速度は平均的ですが、空中での横移動の距離が長く伸びる上に落下が速いので、あらゆる角度から相手に攻め込んでいく事が出来ます。

それでいてコンボの起点となる技も豊富に取り揃っており、どんな場面でも火力を稼ぐ事に困る状況が存在しないのもウルフの強みの1つ。撃墜も強力な吹っ飛ばし力のある、下スマッシュ攻撃や後ろ空中攻撃があるため、地上の立ち回りはまさに全ファイター中でもトップクラス。

ただし、復帰が絶望的に弱いのがウルフの弱点。外に低く飛ばされてしまうと、どんな復帰ルートを使っても戻ってこれない場合もあり、どれだけ展開有利でもコロッと巻き返されてしまう可能性があります。また、操作に慣れないと早過ぎて使いこなすのが難しく、自滅をしやすいデメリットもあります。

使いこなせるようになれれば頼もしいですが、手なずけるのは非常に難しい、まさに野生動物のようなファイターであると言えるでしょう。


スポンサーリンク


★サイト移転のお知らせ★
最新の攻略情報はやまさんのスマブラブログからご覧いただけます!

a
スマブラ教えます!
VIPを目指している方を対象にスマブラのコーチングを始めました!
  • スマブラを強くなりたい!
  • 出来る限り最短ルートで上達したい!
  • スマブラ上手い人って何を考えてるの?

などなど、スマブラで強くなるために必要な情報を余す事なくお伝えしていきます。現状のあなたにあったコーチングをさせて頂きますので、どんな実力の方でも大丈夫です!
詳しくは下のリンクをご覧ください!
★☆現在残り4名様限定☆★

⇒スマブラSPでVIPに行けないあなたを強くします

早い者勝ちですので迷ってる方はお早めにどうぞ!

このような感じでコーチングを進めていく予定です。

弱~各種強攻撃

弱攻撃(スナップクロー→フォロークロー→ワイルドスクラッチ)

3連続で鋭い爪で相手を引っ掻いて攻撃。近距離で相手と密着している時の暴れとして使っていくのが良いでしょう。発生が早く使い勝手が良い弱攻撃ですが、シールドを貼られている状態で3段目まで出してしまうと、相手に掴まらるなど反撃を取られてしまいます。

当たらないと判断したようであれば、早めに切り替えてジャンプなど次の行動に移って行ったり、少しタイミングをずらして3段目を出してみるなどの臨機応変な判断も大切になります。

横強攻撃(デュアルバースト)

横方向に爪で引っ掻く2段ヒット技。発生も早くリーチもウルフの地上技にしてはそこそこ長めなので、近距離での暴れや少し離れている場合の置きとして打っていくのがおすすめ。

吹っ飛ばし力もそれなりにあるため、早期撃墜をし損ねて撃墜困難に陥ってしまったようであれば、崖際に追い詰めて横強攻撃でリスクを少なく撃墜を狙いに行くのも良いでしょう。

打つ瞬間にスティックを下に倒しておけば斜め下に攻撃判定が移動するため、崖に掴まりっぱなしの相手に刺さったりします。

上強攻撃(キックアップ)

真上に蹴り上げる技ですが、対空性能としては絶妙に使い勝手が悪く、かつ地上の相手に対しては見た目よりも判定が薄いので、ウルフの立ち回りとしてあまり取り入れない方が良いです。

やはり撃墜力はパワーファイターであるウルフですのでそこそこあります。なかなか撃墜出来なくて焦った時などは、浮いている相手にダッシュから上強攻撃をぶっ放しに行くのはありといえばあり。

下強攻撃(ローキック)

低%で当てれば一定の確率で転倒させる事が出来ますが、ウルフは接近戦の暴れとして他に優秀な技が豊富であるため、この下強攻撃もあまり出番が来ることは無いでしょう。

狙える場面としては主に崖際で。ベクトルはほぼ真横なので、崖に掴まろうとして頭が出てしまった相手に当たれば展開的に美味しいです。2段ジャンプが潰れているようであれば後ろ空中攻撃で追い打ちに行っても良いですし、復帰が弱いロイのようなファイターは戻ってこれない事もあります。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(シューティングキック)

ダッシュの勢いを利用して飛び蹴りをして行く。攻撃発生時に若干タメがあるのが気になるところですが、リーチや持続ともに優れているため地上にいる相手に差し込んでいきたい時にはなかなかに便利な技です。

出始め付近で当たれば上方向へ飛んでいき、それ以外の場所であれば前側へと飛んでいきます。ウルフのダッシュ攻撃は密着状態から狙いに行けば、ゼロスーツサムスのように相手の後ろ側に回り込む事が出来るため、基本的には出始めを当てる意識で打っていくのがおすすめです。

崖際での着地を狩りたい時には前方向へと飛ばしたいので、あまり密着したところから打たないようにして行きます。

横スマッシュ攻撃(ウルフクラッシュ)

張り手を喰らわせる攻撃。ウルフの横スマッシュ攻撃は全ファイターの中でもトップクラスに後隙が少ないため、仮にシールドをされても狩られる事はあまりありません。

特に先端を押し付けるような打ち方をすれば、反撃の数も限られてくるため、きちんと間合いを管理しながら先端付近を相手に押し当てる意識を持つと良いでしょう。

狙う場面としては、ダメージが溜まってきた相手に対して空中からの透かし横スマッシュ攻撃であったり、密着状態から後ろにステップを踏んだ後にぶっ放していくなど色々あります。

上スマッシュ攻撃(スピニングレッグシザース)

上方向へのリーチが長いので対空性能に優れているのはもちろんの事、地上の前後の相手を巻き込んでから打ち上げるため、かなり使い勝手が良いスマッシュ攻撃。吹っ飛ばし力は一般的なので早期撃墜には向いていませんが、150%を超えた相手に対する暴れとしての撃墜で考えれば優秀な性能を誇ります。

シールドを貼った状態から暴れとしてぶっ放していくのも良いですし、通常空中攻撃などで後ろに回り込んだ後の誤魔化しとして暴れて行くのも強い行動になります。

下スマッシュ攻撃(ガストスラッシュ)

前後の敵に対して爪で切り裂いて攻撃をする技。この技はウルフの中で最も強力な技で、吹っ飛ばし力が高く崖付近で当てれば場合によっては50%からでも撃墜出来てしまう程の威力を誇ります。発生・リーチが若干心もとないですが、的確な場面で当てられればウルフの勝率はグングン伸びていくはずです。

狙う場面としては小ジャンプ通常空中攻撃で突っ込んで、相手が受け身を取るのを失敗したところに叩き込んだり、崖から上がって来た相手に対して合わせて行く使い方が一般的です。

どんな状況でも巻き返せるとんでもない下スマッシュ攻撃なので、ワンチャンス狙って行きましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ウルフキック)

脚を出している間は判定が残っているため、本当てを狙いに行く他、持続部分を狙いに行く当て方もあります。

狙う場面としては主に小ジャンプから。少しでも反撃を貰うリスクを抑えるために、小ジャンプから相手の背後に回り込むように通常空中攻撃を打っていきましょう。当たってくれればその後の展開もウルフ側が有利になりますし、仮にシールドをされていても最大反撃は貰いにくいです。

大ジャンプから上から被せるように打つのも、ウルフの通常空中攻撃の強い打ち方。シールドをされていたら弱攻撃や横強攻撃で暴れて行きましょう。

前空中攻撃(クイックスラッシュ)

シークの鉈のように上から爪を振り下ろして相手に攻撃をする。ウルフの空中での横移動の性能も相まって、差し込み技としてかなり優秀です。強気にガンガン攻めて行ってダメージを稼ぎ出していきましょう。

ヒットすれば斜め前に浮く事、着地隙がほとんどない事から、前空中攻撃からもう一度前空中攻撃にコンボとして繋げる事が出来ます。ウルフの立ち回りの軸になってくる技ですので、どのように動かせばよいのか分からなくなったらまずは前空中攻撃を振って状況を立て直していきましょう。

後ろ空中攻撃(ビハインドキック)

空中で後ろ方向に対して蹴りを繰り出す。発生が若干遅いのが玉に瑕ですが、威力が高く特に足の先端付近で相手を捉える事が出来たらとんでもない吹っ飛ばし力があるのが特徴です。

まるでスマッシュ攻撃を当てたかのように飛んでいくため、相手が100%近くになった時に崖際に追い詰めたら、後ろ空中攻撃を見せてプレッシャーを与えに行くと良いでしょう。

地上で守りを固めているようであれば小ジャンプから先端を押し付けたり、シールドが削れてきたようであればジャンプ読みで大ジャンプから置きに行ったりなどがおすすめです。

上空中攻撃(エアスライス)

相手を上空へ浮かせた後の追撃として狙いに行ってみましょう。真下に潜り込んでからジャンプすると当てに行きやすいですが、ウルフは空中での慣性が付きやすいため、あえて斜め下あたりから奇襲をかけに行くのもおすすめです。

一発14%ちょっとと、ダメージはそれなりに稼げますので、戦場化ステージなどで下を取った時などには強気に狙いに行きましょう。低%であれば上投げからのコンボとしても使えます。

下空中攻撃(メテオクラッシュ)

空中にいる相手に真下付近で爪で捉える事が出来れば、メテオスマッシュとなり下方向へ吹っ飛ばす事が可能です。ただ、ウルフは復帰力が弱いので、リスクを考えるのであればあまり狙いに行かない方が良いでしょう。特に急降下が入ってしまうと、2段ジャンプ+上必殺技でも帰ってこれないため注意。

狙いに行く時は、相手のジャンプor復帰技に対して、2段ジャンプを打ちながら下空中攻撃を打って合わせに行くのがおすすめです。若干難易度は高いですが、この打ち方であれば復帰ミスをする事は少なくなるはずです。

各種投げ攻撃

前投げ(ショートスクラッチ)

掴んで素早く前方へと放り投げる技。相手を崖に追い詰めた時に掴んだら前投げを使っていきましょう。

後ろ投げ(スクラッチアッパー)

逆に相手に崖を背負わされてしまったようであれば、後投げをして不利状況から抜け出していきます。ウルフの後投げはそれなりに威力が高いため、ダメージが溜まっている相手には撃墜も狙って行けます。

上投げ(スルースクラッチ)

低%時にはコンボが入るため、ウルフが相手を掴んだら基本的には上投げか下投げを選択して行きます。上に投げた後は上空中攻撃などで追撃に行きましょう。

下投げ(ボトムダウン)

こちらもコンボの起点となる優秀な投げ攻撃。投げた後は低く飛んでいくため、横強攻撃やダッシュ攻撃などでコンボを繋げていきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(クローブラスター)

フォックスファルコと比べると、かなり大きめなブラスターを打つのがウルフの特徴。ブラスターを飛ばす瞬間には爪で引っ掻く性質があるため、近距離で当たれば一度に一気にダメージが稼げてなかなかに美味しい。

基本的には距離が離れている相手に対してけん制として打っていきます。ブラスターを連打しているだけでも相手はしんどく、上から攻めてきたくなりますので、ジャンプをしたところに前空中攻撃などを合わせて行くのがおすすめです。

暇さえあればブラスターを打っていき、相手の立ち回りを強制させていくと良いでしょう。

横必殺技(ウルフフラッシュ)

一瞬溜めた後、高速で斜め前へ移動して行く。移動の際にスティックを上下に倒す事で若干方向を調整する事が可能です。復帰技ですが、技の終わり際を当てる事が出来れば非常に強力。先端付近にはメテオ判定が付いていますし、先端でない場合も横方向へ強烈に吹っ飛ばしていけます。

復帰阻止に来た相手に対して、斜め下からウルフフラッシュを狙いに行ってメテオになればこれ程美味しい展開はありません。時には早めに復帰をして、相手に復帰阻止に来る事への恐怖を植え付けていくと良いでしょう。

上必殺技(ウルフシュート)

多段ヒットの復帰技です。技を出し終えた後の慣性はあるものの、移動距離が全然伸びないため、復帰をする際には早めに出して崖を掴まる事を最優先に考えて行きたいところ。

距離や方向を間違えてしまうと簡単に自滅をしてしまうので、何度も練習を積んでどこからでも最短ルートで崖を掴めるように練習をしておきましょう。

下必殺技(リフレクター)

全身にリフレクターをまとい、飛んできた飛び道具やアイテムなどを跳ね返していきます。飛び道具を中心に立ち回る事が多いトゥーンリンクや、一発が強力なwii-fitトレーナーなどはウルフのリフレクターを脅威に感じている事でしょう。

飛び道具持ちに対する良いけん制になりますので、隙があればリフレクターを見せて行って飛び道具を跳ね返せる素振りを見せておく事が大切です。

⇒ウルフのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!