Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】こどもリンクで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのこどもリンクの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのこどもリンクの評価は?

圧倒的小回りから繰り出される飛び道具は非常に強力。炎の弓矢、ブーメラン、爆弾の3種類の飛び道具をフルに活用して行き、相手の立ち回りを制限して行きましょう。それでいて、下強攻撃や下投げ、さらには上必殺技を絡めたコンボ火力は高く、位置やダメージによってはコンボからでも撃墜が狙えてしまう特徴もあります。

飛び道具で相手を動かしやすくなる反面、こどもリンクはインファイトが弱く、ウルフクロムのように近距離でガンガン攻めてくるファイターがとても苦手。

飛び道具を撒く間もなく、対策をしておかないとやりたいようにされてしまう事でしょう。これらのファイターに勝つためには、相手の差し込みを的確に捌いていくプレーが必要になってきます。

飛び道具で相手を動かしながら、コンボも稼げるキャラが使いたい、そんな方にこどもリンクはおすすめです。

このページはこどもリンクの全技の解説となっています。より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

VIPマッチでのこどもリンクの対戦動画となります。こどもリンクの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(なぎ払い→返し→突きor幻影突き→幻影フィニッシュ)

弱2の返しの後にAボタンを1回だけ押せば突きに、連打する事で百裂攻撃を出す事が出来ます。主に近距離で相手と密着している状態からの暴れとして。ヒットしているのを確認出来たら、1番ダメージを稼げる百裂攻撃へと繋げていきましょう。弱攻撃をシールドをされてしまったようであれば、突き、百裂攻撃、弱2で止めるなど相手に読まれないように工夫して行く事も大切になってきます。

リターンが高いからと言ってボタンを連打していると反撃を貰いやすくなってしまうので注意。

横強攻撃(からたけ割り)

剣を上から振りかぶるように攻撃する。弱攻撃ほど回転率は高くありませんが、当てた時のダメージはそれなりに大きい。密着状態で当てた時の方が先端よりもダメージが大きいのが特徴です。

狙う場面としては主に崖際で。おもむろに狙いに行くというよりは、空中から攻撃をするように見せかけて何もしないで着地→油断をしてシールドを解除した相手に対して横強攻撃と言った当て方が理想です。相手のダメージが120%近くであれば、この立ち回りで撃墜を狙ってみましょう。

上強攻撃(半月斬り)

こどもリンクを中心にして弧を描くように剣を振る。前後、空中の敵どちらにも対応出来るので、密着時に回避やジャンプで逃げる癖がある相手には、上強攻撃を通してリターンを狙って行きましょう。相手の着地狩りとしてダッシュやステップからや、透かし着地からの暴れとして使っていくと通りやすいです。

主に中%ほどからコンボに繋がり、上強攻撃→通常空中攻撃orジャンプ上必殺技で20%以上稼ぐ事が出来ます。技の終わり際を当てるようにすれば、相手の硬直中に動けるフレームが早くなるため、出来る限り後ろ側を狙って行きたいところ。

下強攻撃(草なぎ)

発生が早く後隙が少ないため、こどもリンクのコンボ起点として非常に優秀な技。低~100%付近でも下強攻撃→空中前攻撃のコンボに繋がるため、序盤の火力稼ぎだけでなく試合終盤のフィニッシュとしても狙って行けます。当てさえすれば火力&吹っ飛ばしともに申し分ないため、近距離の密着状態では下強攻撃を通していく立ち回りをしていきましょう。

シールドを貼られているようであれば、下強攻撃→その場回避→下強攻撃で誤魔化しつつ通していく方法もあり、回避のペナルティが無ければ強い行動なので狙ってみる価値はあります。ある程度連打も効くため、崖際に追い詰めた相手に対して下強攻撃を狙って行きプレッシャーをかけましょう。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(たたき割り)

一瞬間を置いてから相手に斬りつける技。ダメージもそれなりに高めなので、相手の着地狩りやダッシュ読みなどで置いていきます。爆弾、弓矢、ブーメランなどを怖がり、シールドを貼り続けて小さくなってしまった相手にガードが漏れるのを祈って当てに行っても良い。

リンクと比べると踏み込みは結構浅めなので、両方使っているという方は距離を見誤らないようにしましょう。

横スマッシュ攻撃(スマッシュ斬り→二段スマッシュ斬り)

1段目を当ててもひるむだけで、2段目を当ててようやく相手を強く吹っ飛ばす事が出来ます。自分のタイミングで2段目を出せますので、相手にヒットしれば出し、そうでない場合は2段目を出さずに次の行動へと切り替えていきます。

全部出し切ってしまうとかなり大きな後隙を晒します。そのため、何も考えずに2段目を出してしまうのは好ましくありません。相手のシールドが削れていたり、100%付近で崖際に追い詰めた場合などは、時には強気に2段目を出しに行っても問題はないでしょう。

主に、相手が突っ込んで来る読みで後ろに引きながら1段目を置いておく意識で使っていくのがおすすめです。

上スマッシュ攻撃(三段斬り)

上方向に向けて3連続で剣を振る。基本的にはどれか1段でも当たっていれば、吹っ飛ばしの強い最終段まで繋がります。

使う場面は主に着地狩りとして。3回振るため、タイミングを見誤ったとしても持続のおかげで何とか当たってくれる事も多いです。撃墜にはそれなりの%が必要になりますが、相手としては上スマッシュを見せておけばプレッシャーに感じるはず。

ただし、その分後隙が長いデメリットもありますので、相手が地上に着地してしまったりステップで後ろに引く事が多い相手には狙わないのが無難。

下スマッシュ攻撃(前後足もと斬り)

前方を攻撃してから後ろを攻撃する性質を活かし、こどもリンク相手に対してその場回避や回り込み回避で近づいてくる立ち回りをしてくる相手には、前後足もと斬りを置いておくのも有効。相手を低いベクトルで飛ばす事が出来ますので、ガオガエンのように上必殺技が弱いファイターは上手く崖際で狙いに行きましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(リンクキック)

発生が早く持続が長いため、空中戦で相手と重なりそうな時の暴れとしてなかなかに強い。地上でシールドを貼ったまま相手と見合ってしまった場合の逃げとしての手段、持続を活かして相手の真上から無理やり被せに行く手段として使っていくのがおすすめです。

空中からシールド状態の相手に仕掛ける場合、こどもリンクが着地時に相手の後ろに回り込めるように打つと反撃を貰いづらくなります。その後は弱暴れや回避などを通して、リターンを稼ぎに行きましょう。

空中前攻撃(回転なぎ払い)

空中で2連続で剣を振り回す技で、対空性能としてかなり優秀。相手がジャンプから様子見をしてくる立ち回りが多い場合や、逆にこどもリンク側が大ジャンプから降りながら当てにいく使い方をしていきます。

1段目が当たれば2段目に繋がるため、復帰阻止として狙いに行きやすいのも空中前攻撃の強いところ。場外に追い出したら相手の位置を的確に見極めて剣を振り回していきましょう。

コンボの〆としても優秀で、主に下強攻撃から狙いに行けると火力を稼ぎやすくなります。下強攻撃が斜め上のベクトルで前方向に入力しながら前空中攻撃が出せるため、こどもリンクを使い始めたばかりの初心者の方でも繋げやすいです。

後ろ空中攻撃(二段蹴り)

素早く後ろ方向に蹴りを2連続で繰り出す。非常に回転率が高くある程度連発して出せるため、地上にいる相手に対して二段蹴りをちらつかせておくと良いでしょう。

地上にいる相手に対して1段目のみを当てるようにキャンセルをすると、その後に上強攻撃や上スマッシュ攻撃などが確定で入ります。狙うのは難しいですが、撃墜まで繋げて行けるコンボになりますので、トレーニングモードなどで練習してみるのも良いかもしれません。

上空中攻撃(上突き)

ジャンプ中に上方向に向けて剣を突き刺す。ほぼ1点であるため当てるのは難しいですが、当たってしまえばダメージや吹っ飛ばしには期待が出来ます。

直接当てに行く使い方でも良いですが、ローリスクでリターンを求めるのであれば、相手の空中暴れを見てから差し込むようにしたり、移動や回避先を読んであらかじめ上突きを出しておく使い方もおすすめ出来ますよ。剣を出している間は持続が残っているため、置いておくだけでも当たってくれる事は多いです。

下空中攻撃(下突き)

上突きの反対側バージョン。剣の出始め部分を当てると最も威力が高くなりますが、それ以外の持続当てでも相当なダメージ量を誇ります。地上でシールドを貼っている相手に狙う場合、当たる際に下入力をしてしまうと地面に剣を突き刺し、下入力をしなければフワッと浮くため、この二つの性質を組み合わせて反撃を貰わないようにして行きます。

地上から出しに行く事は少なく、基本的には浮かされた時の暴れとして狙って行くのが強い行動になります。こどもリンク側がダメージやストックでリードしているのであれば、最悪相打ちになっても構わないため、強気に拒否の姿勢を見せて行くのも大切に。

下から復帰してくる相手に対しても狙って行けますが、持続が長すぎるという特徴から、急降下を入れてしまって自滅をしないようにだけ注意しましょう。

各種投げ攻撃

こどもリンクはワイヤー掴みのため、他の素手で掴むファイターと比べると掴みのリーチは長め。空中で出せばワイヤーで直接攻撃出来るため、飛び道具と合わせて地上でのけん制になります。

前投げ(蹴り飛ばし)

掴んで前に蹴り飛ばす。崖外に追い出したい時などにどうぞ。

後投げ(後方蹴り飛ばし)

こどもリンクが崖を背負っている場合にはこちらの後投げを。トゥーンリンクの後投げとは異なり、高%で投げても撃墜は狙いにくい。

上投げ(投げ捨て斬り)

投げた後は空中上攻撃などのコンボに繋げる事が出来ます。コンボが繋がらない%でも上に飛ばして読み合いをしていけるので、ステージ中央付近で掴んだ時などに。

下投げ(肘打ち)

こちらも上投げ同様に上方向に飛ばす事が出来ます。落下が速いフォックスなどに対しては、0%付近で掴めば下投げ→上強攻撃or上スマッシュ攻撃が入るため、序盤は下投げをする意識を持っておきましょう。

各種必殺技

通常必殺技(炎の弓矢)

炎をまとった弓矢で相手を狙う。溜めれば溜めるほど威力が増し、飛ばせる距離も伸びて行きます。距離が離れている相手に対して地上から溜めてけん制として使っていくのも強いですが、特におすすめなのは大ジャンプから溜めずに一発、さらに降りながら地上付近で一発打つという方法。

こうする事によって、相手のダッシュだけでなく空中からの攻めに対しても嫌がらせが出来ますので、相手の立ち回りを抑制したい時に便利です。特にジャンプを潰す択を何度も見せておくと、ダッシュから仕掛けてきやすくなるため、掴み置きなどが機能するようになります。

横必殺技(ブーメラン)

上下に角度調整、さらにはスマッシュ入力をすれば遠くに投げる事が出来ます。こちらも炎の弓矢同様に、こどもリンクの立ち回りの軸となってくる技。地上やジャンプなどを組み合わせ、相手と距離を置いてブーメランを投げて、ちまちまとダメージを稼いでいきましょう。

ブーメランですので投げれば戻ってきます。相手が油断していると、戻って来たブーメランに気付かず当たる事もあるため、空中攻撃や上スマッシュを置いてリターンを狙う戦法も出来ます。

密着状態で当てれば威力も大きいうえに、前空中攻撃などのコンボに繋がり大ダメージを稼げます。このリターンを狙うブーメランを狙うのであれば、主に後ろステップから投げて行き、相手のダッシュ掴みor攻撃、回り込み回避などに合わせて行くと当たりやすいです。

上必殺技(回転斬り)

復帰技ですが、こどもリンクの地上の立ち回りとしてもなかなか使える技。巻き込んだ後に相手を上へと飛ばせる事が出来、そこから上空中攻撃などのコンボが繋がります。一度に30%近く稼げるため、有利状況などでは相手にさらに精神的にプレッシャーをかけるために狙ってみても良いです。

主に相手と重なった時の誤魔化し択として狙って行きます。後隙もあまりありませんので、相手から重たい一撃を貰う可能性も低いのが特徴。シールドされたのであれば、最大リターンを貰わないためにも後ろ回避、ジャンプなどで逃げて行きましょう。

下必殺技(爆弾)

爆弾を取り出し、アイテムとして使う事が出来ます。相手に当たるか一定時間後に爆発。地上での弱投げや、空中で掴みボタンでゆっくり落とすと地面に接地も可能。爆弾が相手にヒットしたら空中攻撃のコンボが繋がるため、投げた後の相手の様子をしっかりと確認します。

ただし爆弾を取り出している間のこどもリンクは無防備。相手がダッシュで一気に距離を詰めに来ていると、手痛いダッシュ攻撃を貰ってしまう可能性があるため、相手がジャンプや後ろステップを踏んだ瞬間を見て取り出せると反撃を貰いづらくなります。

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!