Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマブラSP】ゼニガメ(ポケモントレーナー)で勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

スマブラSPのゼニガメの立ち回りやコンボについて解説をして行きます。

スマブラSPのゼニガメの評価は?

身体が小さく機動力が高いので、相手の攻撃をかわしつつゼニガメ側の攻撃を通しやすいのが印象的。メインは接近戦で、特に地上での技の回転率は全ファイターの中でもトップクラス。とにかく近距離で技を出していき、上強攻撃や上or下投げからコンボに繋げて火力を稼いでいきましょう。

各種スマッシュ攻撃の吹っ飛ばしは強力なので、近距離でフェイントをかけながら相手を揺さぶって、重たい一撃を喰らわせて撃墜を狙って行けると良いですね。

ただし、コンボ火力を稼げなければ一発一発のダメージは少ないため、相手と相打ちになる状態が続いてしまうとかなりしんどい展開を強いられてしまいます。

体重も軽いので、相手のスマッシュ攻撃等強力な攻撃で早期撃墜をされてしまう事もしばしば。いかに相手の技を貰わないように、ゼニガメの高火力を通していくかが重要になってきます。ゼニガメでは敵わないと感じたようであれば、下必殺技のポケモンチェンジでフシギソウに変えてみるのも良いかと思います。

素早い機動力で接近戦を挑んでいきたい方にゼニガメは向いています。

★Twitterもやってます!★

スポンサーリンク

弱攻撃~各種強攻撃

弱攻撃(パンチ→キック→しっぽうち)

ゼニガメの中でも特に発生が早く、近距離の暴れとしてはなかなか優秀。相手と重なった時の誤魔化し択などとして使っていくと良いでしょう。

ただし、やはりゼニガメは身体が小さくリーチが短いため、何も考えず連発していると技の範囲外から相手の重たい一撃が飛んでくる場合もあります。過信はせず、相手とゼロ距離の位置で使うぐらいに留めておきましょう。

横強攻撃(しっぽはたき)

回転率がとても高く、一般的なファイターの弱攻撃よりも素早く攻撃が出来ます。ゼニガメの弱攻撃よりもリーチが長いため、こちらは弱攻撃では届かない位置にいる相手に対して振って行くのがおすすめです。

便利な技なので連発したくなってしまいますが、こちらも相手に当たらないと判断出来たら早めに次の行動に切り替えていく事が大切です。

上強攻撃(ジャンプずつき)

真上に飛び跳ねるように頭突きを喰らわせる攻撃。一度ヒットすれば様々なコンボへと繋ぐ事が出来ますので、相手と重なった時にリターンを取りに行くのであれば、上強攻撃で頭突きを狙いに行きましょう。低%であれば連打しているだけでもコンボになりますし、ある程度ダメージが溜まって来たら上空中攻撃などに切り替えて火力を稼いでいきます。

狙う場面としては相手と密着している時。空中攻撃の後隙を誤魔化すように振って行くのも良いですし、相手の着地点を読んでダッシュやステップなどから狙いに行くのもおすすめです。序盤のダメージソースとして優秀なので、当てに行ける場面では弱攻撃よりもこちらを優先して狙いに行くと良いでしょう。

下強攻撃(みずばらい)

横強攻撃や上強攻撃のように回転率が高い訳ではありませんが、下強攻撃はゼニガメの地上で出せる技の中では吹っ飛ばし力が割と高め。

相手を崖際に追い詰めた後、スマッシュ攻撃ではリスクが高いと感じた場合など、とりあえず相手を場外に追い出したい時などに使っていきましょう。

ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃

ダッシュ攻撃(みずスクリュー)

ゼニガメが回転しながら相手へと蹴りを入れる技。根元当て部分と持続当て部分のどちらを当てても、さほど与えられるダメージ量に変わりがないため、置きとして使っていく方がリスクは少なめ。

ヒットした後は相手を斜め上方向へと飛ばせるため、前空中攻撃や上空中攻撃などでコンボを繋げに行きましょう。狙う場面としましては、地上でステップを踏みながら相手が隙を晒したところに差し込んだり、相手の着地に合わせて置いておくイメージで使っていくと当てに行きやすいです。

横スマッシュ攻撃(みずスマッシュ)

口から水を吹きかけるように攻撃をして行く。水部分で相手を吹き飛ばしていくため、身体の小さなゼニガメにしてはスマッシュ攻撃のリーチは長いのが特徴となっています。基本的には横方向への撃墜手段として、崖際に追い詰めた相手に対して狙って行きましょう。

崖に追い込んでいる状況はゼニガメ側はあらゆる行動が出来て有利ですので、ステップや小ジャンプなどを刻み空中から攻め込む意志を見せておくと、相手はとっさの横スマッシュ攻撃に対応しきれないでしょう。

上スマッシュ攻撃(みずばしら)

上スマッシュ攻撃でありながら頭上の敵への吹っ飛ばしは高くなく、ゼニガメの前後の敵を一掃出来るため、実質下スマッシュ攻撃のような技。

地上にいる相手に2段ヒットさせた時の吹っ飛ばしが最も高いので、基本的には地上でべったりと様子見をしているような場合に狙って行くのがおすすめです。ゼニガメの素早い空中での機動を活かして、空中から相手の背後へ着地するような動きを見せ、掴みや弱攻撃などの暴れを読んで上スマッシュ攻撃を狙いに行くのも良いでしょう。

100%もあれば余裕で撃墜してしまいますので、ダメージが高くなってきたら積極的に上スマッシュ攻撃を当てる読み合いを仕掛けに行きましょう。

下スマッシュ攻撃(スプリンクラー)

こちらも横スマッシュ攻撃同様に口から水を出しながら攻撃するため、離れている相手にも意外と届いてしまいます。後ろ側よりも前側で当てた時の方が吹っ飛ばしが強いので、狙いに行くのであれば基本的には相手の方を向いて攻撃を狙って行きましょう。

前を攻撃してから後ろを攻撃するため、仮に相手に後ろ回避で回り込まれたとしても回避先に下スマッシュ攻撃が刺さる場合もあります。ゼニガメの技の中では吹っ飛ばし力が強いため、隙あらば狙って行って相手を撃墜してしまいましょう。

スポンサーリンク

目を酷使していませんか?
スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか?
強くなるためには毎日の練習と同時に、疲れ切った目をケアして上げる事も大切!
テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を!



各種空中攻撃

通常空中攻撃(ゼニガメスピン)

カービィの通常空中攻撃のように、高速で回転しながら相手に突っ込む。リーチは短いため置き技として使っていくのではなく、相手と密着している際の近距離での暴れとして使っていくのが効果的です。シールドを貼っている状態から小ジャンプから相手から遠ざかるように打てば、技を外したとしても反撃は貰いにくいです。

或いは空中から被せるように当てに行くのも良いですね。通常空中攻撃が当たれば相手は低く飛んでいくため、前空中攻撃などで横方向への撃墜を狙えるチャンス。

前空中攻撃(ロケットキック)

ダメージこそ低めに設定されていますが、持続部分を当てた時の方が若干ダメージが高いこと、素早く入力すれば連発して出せる回転率があるため、ゼニガメの立ち回りとして取り込んでいきやすい技。

基本的には小ジャンプや大ジャンプから登りながら出して、相手のダッシュやジャンプを予め潰しておくイメージで使っていきます。相手が守りに徹している場合はこの技を置かれるだけでもしんどい展開になりますので、ガンガン打ってプレッシャーをかけにいくと良いです。

差し込みや差し返しとして非常に優秀であるため、自由自在に前空中攻撃を出せるように練習しておきましょう。

後ろ空中攻撃(しっぽスクリュー)

前空中攻撃と似た様なモーションですが、こちらは多段ヒット技で全段ヒットすれば13%近く与える事が出来ます。基本的な使い方は空中前攻撃と同じで、主に差し込みや相手の動きを読んで置きとして使っていくのが良いでしょう。相手がぴょんぴょん地上で様子見をしている事が多ければ、しっぽスクリューを叩き込んで火力を稼いでいきましょう。

ゼニガメが復帰阻止に行くのであれば、多段ヒットのメリットがあるため後ろ空中攻撃がおすすめです。相手の復帰に対して上から被せに行ったり、下から2段ジャンプを使いながら出すなどして追い出していくように狙って行きます。

空中上攻撃(はんてんしっぽ)

上方向にしっぽではたくように浮かせていく。やはりゼニガメ、回転率が高くサクサク振る事が出来るため、空中で油断している相手に対して追撃として狙って行けます。素早いダッシュ力と空中での機動力を活かし、相手の真下に潜り込んで狙いに行けると当てに行きやすいです。

また、コンボの〆としても優秀。上強攻撃や下投げからはんてんしっぽへと繋いでコンボ火力を稼いでいきます。戦場などの台があるステージでは、台を経由して上空中攻撃がガンガン刺さって行きますので、狙える場面では空中上攻撃を狙って火力を稼いでいきましょう。

下空中攻撃(たつまきスピン)

くるくると回転をしながら相手を巻き込む多段ヒット技。主な使い方としましては、ダッシュで相手の懐に潜り込み小ジャンプからたつまきスピンを打っていくのがおすすめ。

多段ヒット技であるため、相手が少しでもシールドを解除すれば巻き込まれますし、仮にシールドをされていても相手の裏側に回り込むようにダッシュから慣性を付けて攻撃すれば、反撃を取られる可能性も少なくなります。

ただし、小ジャンプから素早く入力を出さないと、着地の際に若干硬直が出てしまいます。何度も練習をして着地隙が出ないように下空中攻撃を打てるようにしておくと良いでしょう。

各種投げ攻撃

前投げ(ジャンプキック)

相手を崖に追い詰めた時に掴んだら、前投げをして場外へと追い出してしまいましょう。投げた後は後ろ空中攻撃などで追撃の用意を。

後ろ投げ(りょうてなげ)

ドクターマリオの後投げとモーションが似ている。吹っ飛ばしも強く撃墜も狙えるため、ゼニガメが崖際に追い詰められたら落ち着いて掴みを狙う隙を伺っていきましょう。

上投げ(ずつきうちあげ)

相手を真上に投げ飛ばす技。投げた後は上空中攻撃などがコンボとして繋がるため、低%では上投げから火力を取って行きましょう。

下投げ(こうらプレス)

投げられた相手は斜め前方向へと飛んでいきます。投げコンボの起点として優秀で、下投げ→前or後ろ空中攻撃などのコンボに繋げていきます。

ゼニガメが掴んだら、基本的には上投げか下投げのどちらかを選択して行くと良いでしょう。

各種必殺技

通常必殺技(みずでっぽう)

ダメージを与える事は出来ませんが、相手にみずでっぽうを当てれば押し出す事が出来ます。溜めれば溜める程水の量が増え、上下にスティックを入力すれば発射角度を変える事も出来ます。

主に場外に追い出した相手への復帰阻止として使っていくのが一般的です。復帰が弱いファイターなどは水で押し出されてそのまま帰ってこれない事もしばしば。クラウドの上必殺技などに合わせて行くと良いでしょう。

地上での立ち回りとして使う場合、ステージ中央付近から相手に向けて水を発射し、無理やりラインを奪うなどがおすすめです。リュウケンのような近距離戦がメインのファイターに対して効果的です。

横必殺技(からにこもる)

ゼニガメが甲羅に籠って相手に体当たりして攻撃。体当たり中はアーマーが付いており、相手の攻撃を貰えばダメージこそ与えられますが吹っ飛ぶことはありません。具体例を挙げれば、ガノンドロフの魔人拳ですら耐えてしまう程。

基本的には困った時の打開策として、お願い行動としてぶっ放していくのがおすすめです。技を置く戦法が中心の相手であれば、アーマーを活かしてからにこもるを当てに行くのもアリですね。ダメージも16%近く入りますので、ストックで有利の時などはかなり美味しいです。

上必殺技(たきのぼり)

斜め上方向にたきのぼりをして攻撃をする。多段ヒット技で全段ヒットすればダメージも美味しいので、立ち回りで狙えるところは美味しくダメージを稼いでいきましょう。

空中上攻撃から繋いでコンボの〆として使ってみたり、斜め上方向から仕掛けてくる事が多い相手に対して、たきのぼりを合わせて行くのも戦法の1つです。戦場など台があるステージであれば割とリスクも少ないです。

下必殺技(ポケモンチェンジ)

下B入力をする事で、ゼニガメを控えに戻してフシギソウを場に出す事が出来ます。もう1回押せばリザードンに。

ゼニガメではどうにでも対抗出来ないと判断出来たようであれば、早めにフシギソウに変えて戦法に変化を加えてみるのも良いかと思います。

⇒ゼニガメのその他の記事・有名プレイヤーの動画はこちらから!

⇒スマブラで勝つテクニック・考え方が知りたい方はこちらから!

スポンサーリンク




最後までお読みいただきありがとうございました!
宜しければ下のシェアボタンをクリックして頂けると励みになります。
是非ともよろしくお願いします!

シェアして頂けると管理人が泣いて喜びます

管理人のTwitter 記事の更新情報などをお届け!